また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1065344 全員に公開 雪山ハイキング中央アルプス

恵那山  広河原ルート最強寒波で敗退

日程 2017年02月11日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候雪時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 飛行機

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間0分
休憩
0分
合計
8時間0分
Sスタート地点06:3008:40登山道入口(橋)12:401770M付近14:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
積雪のため登山口の林道は入り口までしか入れませんでした。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

ここまで車が入れればよかったのですが
2017年02月11日 06:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで車が入れればよかったのですが
3
トイレは当然閉鎖中
2017年02月11日 06:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレは当然閉鎖中
1
このトンネルを過ぎるとすぐだ
2017年02月11日 07:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このトンネルを過ぎるとすぐだ
3
結構積もっています
2017年02月11日 07:24撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構積もっています
2
ようやく本当の登山口です
2017年02月11日 07:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく本当の登山口です
2
橋も雪に覆われていました
2017年02月11日 07:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋も雪に覆われていました
3
最初の急登をすぎ、
2017年02月11日 08:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の急登をすぎ、
2
ここまではまだ天気もそんなに悪くなく、元気もあったのですが、
2017年02月11日 09:21撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまではまだ天気もそんなに悪くなく、元気もあったのですが、
4
この先しばらく行くと先行者さんのトレースもなくなり、ラッセルしての登行は時間切れと判断し、あえなく撤退。
2017年02月11日 10:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先しばらく行くと先行者さんのトレースもなくなり、ラッセルしての登行は時間切れと判断し、あえなく撤退。
4

感想/記録

しばらく天気に恵まれていないので、今回は2日の余裕をもって冬の恵那山を目指すことにしました。

2日間のうちのいずれか天気のよさそうな日を選ぶ予定でしたが、天気予報はどちらの日も冬型が続き山間部は雪との予報です。冬型が崩れれば高気圧の勢力内に入り好天が約束されそうな天気図だったので2日目にしようかと思い始めましたが、「天気と暮らし」では、初日の方が風もなく天気は安定しているようで・・・悩みに悩んで初日に決行です。

実際、朝の6時の時点ですでに雪は降り続き、他の登山者は先行者1名、他に会ったのが1名と寂しい状況です。(帰りには2パーティと1名に会いましたが)

初めての山なので安全を期し、連休を目指して登っているであろう他の人たちのトレースを当てにしていたのですが、甘い考えでした。引き返してこられた先行者さんに1合目で会い、(時間がなくて戻るとのこと)4合目手前では同じころ入山した先行者さんが、引き返すとのことでついには我々だけとなりました。不安増大!しかし、先に進んでいたその方が、踏み跡はなくなるが前日以前と思われるトレースがあるから大丈夫ですよと言われ、進みます。

展望の少し開けた標高1750Mあたりに来るとこの辺りは風が強いのでしょう。
あるはずのトレースも消え、ラッセルまでしなければならなくなりました。この調子で行くと普段の3倍の時間がかかりそうで、ピークに着くころに日が暮れるかもしれず、気温は低いままで、雪もやみそうにないので、今回は断念です。

打ちひしがれた体には帰りの林道がとても長く感じられました。
まさか明日晴れるということはないだろうな。
訪問者数:417人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 撤退 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ