また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1068578 全員に公開 雪山ハイキング金剛山・岩湧山

雪の金剛山(カトラ谷-金剛山-松の木尾根)

日程 2017年02月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
(11:07カトラ谷水場 -3℃、11:50山頂 -1℃、15:16山頂 2℃)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
金剛登山口BS前の有料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち37%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間38分
休憩
2時間31分
合計
7時間9分
S駐車場09:4410:33(休憩)10:4011:04水場11:1311:29(休憩)11:3211:46山頂広場12:1512:29金剛山12:3012:46一の鳥居12:49(休憩)13:0213:21ちはや園地ピクニック広場13:2513:25香楠荘/ちはや星と自然のミュージアム14:3515:17山頂広場15:2015:36(休憩)15:4615:51釜道・松の木尾根分岐16:01(休憩)16:0316:10釜尾根・松の木尾根分岐16:53駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
カトラ谷の梯子場付近は転落・滑落に注意。松の木尾根から沢に降りる道は、かなりの急坂。

雪の状況は、場所により圧雪、凍結、シャーベット状、新雪、融けたなど色々。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ストック(1) ヘッドライト(1) コンパス(1) 地図(1) デジカメ(1) GPSロガー(1) ペットボトル(1L)(2) 単三充電池(1) 非常食(カロリーメイト)(2) 折りたたみ傘(1) 単四乾電池(3) ザック(1) サングラス(1) 食事(1) ファーストエイドキット(1) ホイッスル(1) スパッツ(1) SDカード(予備)(2) タオル(1) 手袋(2) 帽子(1) レスキューシート(1) ミニ三脚(1) 健康保険証(1) 雨具(1) レジャーマット(1) 防寒着(1) 6本爪アイゼン(1) 予備の4本爪アイゼン(1)
備考 6本爪アイゼン破損につき、予備の4本爪アイゼンを利用。予備を持っとくもんだ。

写真

この辺からほぼ雪あり。
2017年02月19日 10:24撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺からほぼ雪あり。
1
この梯子を登ってきました。
2017年02月19日 10:58撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この梯子を登ってきました。
2
ここは春はニリンソウ群生地ですが、今は雪だけ。
2017年02月19日 11:26撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは春はニリンソウ群生地ですが、今は雪だけ。
1
急階段ですが、雪で段差が小さくなってました。ちょっと楽かも。
2017年02月19日 11:33撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急階段ですが、雪で段差が小さくなってました。ちょっと楽かも。
1
山頂広場よりの眺望
2017年02月19日 11:54撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂広場よりの眺望
同じく。大阪中心部のオフィスビル群です。
2017年02月19日 12:14撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく。大阪中心部のオフィスビル群です。
山伏。足元は登山靴。草鞋じゃないよ。
2017年02月19日 12:21撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山伏。足元は登山靴。草鞋じゃないよ。
4
大和葛城山。ほぼ雪なし。
2017年02月19日 12:31撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大和葛城山。ほぼ雪なし。
2
霧氷。ちょっと融けかけ。
2017年02月19日 12:34撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷。ちょっと融けかけ。
1
6本爪アイゼン破損。金具が折れました。
2017年02月19日 12:49撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6本爪アイゼン破損。金具が折れました。
慌てず予備の4本爪アイゼンを装着。実はベルトの締め方を忘れてしまい、試行錯誤してしまいました。結局、この締め方では緩んでしまい、別の締め方をしました。
2017年02月19日 13:02撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慌てず予備の4本爪アイゼンを装着。実はベルトの締め方を忘れてしまい、試行錯誤してしまいました。結局、この締め方では緩んでしまい、別の締め方をしました。
1
大峰山系のどこなんだろう。さっぱりわかりません。
2017年02月19日 14:14撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峰山系のどこなんだろう。さっぱりわかりません。
1
雪無くなったと思ったら……
2017年02月19日 14:44撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪無くなったと思ったら……
すぐ雪復活。ちょっとした日当たりとかの関係なんでしょうね。
2017年02月19日 14:46撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ雪復活。ちょっとした日当たりとかの関係なんでしょうね。
ミニ雪だるま
2017年02月19日 15:20撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミニ雪だるま
1
落とし物のアイゼン。アイゼンが外れた瞬間に気づかないかな?
それとも使ってないときに落とした?
2017年02月19日 16:07撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落とし物のアイゼン。アイゼンが外れた瞬間に気づかないかな?
それとも使ってないときに落とした?
松の木尾根は、名前の通り松の木があり、松葉が落ちてます。
2017年02月19日 16:16撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松の木尾根は、名前の通り松の木があり、松葉が落ちてます。
1

感想/記録
by KENPEI

暖かい日が続き、そろそろ金剛山の雪もお終いかと思っていたのですが、また寒くなってきたので金剛山へ。積雪していることはライブカメラで確認済みです。

登りはカトラ谷から。水場より上はかなり雪があり、雪山気分を楽しめました。

やがて山頂へ。大気の状態が良く、普段より遠くまで見通せました。ここで昼食の菓子パンなどを食べたのですが、食べたりないので香楠荘でも食事することに。

香楠荘へ向かっていると、6本爪アイゼンが外れました。見ると緩んだとかじゃなく、金具破損のためです。これで破損は3回目。使いすぎで金属疲労?、爪も丸くなってるし……。ともあれ、すでに2回の破損経験(ちなみに1回は店で無料修理、2回目は自分で堅い針金を入れました)があるので、慌てず予備の4本爪アイゼンを取り出します。

ところが「ん?、どうベルト締めるんだっけ?、滅多に使わないから忘れた。」でした。試行錯誤して、それっぽく締めるもすぐ外れてしまいました。ちょっと締め方を変えると、大丈夫でしたが、後でちゃんと調べて練習しないといけませんね。

やがて香楠荘へ。結構、混んでましたので相席に。相席の方と楽しく山の話をさせていただきました。満腹な状態で歩くとしんどくなるので、香楠荘を出た後はちはや星と自然のミュージアムに入ったり、大峰山系を眺めたりしました。

下山は久しぶりに松の木尾根からです。時間が遅いのとややマイナーコースのため、1人の方とすれ違っただけです。
訪問者数:214人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 水場 滑落 霧氷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ