また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1070189 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

金剛山 もみじ谷〜サネ尾(福寿草が開花しました)

日程 2017年02月22日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ〜曇り +3℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水越峠公共駐車場、バス停横の駐車場(いずれも無料)があります。
バス停横の駐車場(10台)に停めました。平日なので半分空いていました。駐車場まで積雪なし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間45分
休憩
53分
合計
5時間38分
S水越峠バス停09:1109:15水越峠09:57もみじ谷入り口10:49第6堰堤11:04本流ルート分岐11:33山頂広場12:0812:23一の鳥居12:34展望台12:4312:52ロープウェイ駅12:53しゃくなげの路13:0213:25一の鳥居13:31サネ尾下山口14:09サネ尾登山口14:42水越峠14:49水越峠バス停14:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・もみじ谷
もみじ谷は途中の分岐が多いので、初めての方はテープの多い「もみじ谷本流」を歩かれるのが無難です。
第5堰堤上部で谷が大きく二つに分かれます。左が昭文社の登山地図に登山道として記載されているルート。右のV字谷が「もみじ谷本流」ルート。その後、第6堰堤上部で再び分岐が来ますが、右が本流ルートです。
道は沢を何度か渡渉しますが、いずれも水量わずかで石伝いに渡れます。ただ、滑り易いので注意は必要です。崖状の細い道もあり通行時は注意して下さい。

山頂周辺は薄い積雪あり。下は氷結しているので、アイゼンある方が安心です。

・サネ尾
サネ尾は一般登山道ではありません。
(昭文社の登山地図、国土地理院地図には登山道として記載なし)
道は細い尾根を辿るので判り難い所はありません。
最近歩かれる方が増え、踏み跡もしっかりしています。
特に危険な場所もありません。細い尾根の通行時は注意して下さい。
急坂ですので、雨の後などは滑ります。
その他周辺情報水越峠にはトイレ、登山ポストはありません。
水場は歩いて30分ほどの所に「金剛の水」があります。
トイレは水越トンネル傍の「さわんど」にあります。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

水越峠からスタート。雪は無し。
2017年02月22日 09:15撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠からスタート。雪は無し。
大阪方面は良く晴れて遠くまで見えています。無風。
2017年02月22日 09:19撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪方面は良く晴れて遠くまで見えています。無風。
2
金剛山方面も晴れ。
2017年02月22日 09:19撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山方面も晴れ。
1
金剛の水場。左側が荒れています。
2017年02月22日 09:40撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛の水場。左側が荒れています。
イノシシに掘り返されたようで、水場も危機一髪。水はちゃんと出ています。
2017年02月22日 09:41撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イノシシに掘り返されたようで、水場も危機一髪。水はちゃんと出ています。
ミルクちゃんに遭遇。元気に登っています。
2017年02月22日 09:50撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミルクちゃんに遭遇。元気に登っています。
4
もみじ谷に入ります。
2017年02月22日 09:57撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もみじ谷に入ります。
第3堰堤過ぎた所でアイゼン装着しました。雪の下はところどころ凍結しています。
2017年02月22日 10:11撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第3堰堤過ぎた所でアイゼン装着しました。雪の下はところどころ凍結しています。
1
狼谷、狼尾根との分岐。もみじ谷は左に行きます。
2017年02月22日 10:19撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狼谷、狼尾根との分岐。もみじ谷は左に行きます。
輪になった霜柱発見。今朝はよく冷えていました。
2017年02月22日 10:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
輪になった霜柱発見。今朝はよく冷えていました。
3
第6堰堤到着。
2017年02月22日 10:50撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第6堰堤到着。
1
中央の氷柱も溶けて落下。手前に積み上がっています。
2017年02月22日 10:52撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央の氷柱も溶けて落下。手前に積み上がっています。
3
残るはツララのみ。氷瀑ではありませんね。
2017年02月22日 10:52撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残るはツララのみ。氷瀑ではありませんね。
4
上部に行くと雪が増えてきました。
2017年02月22日 11:00撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部に行くと雪が増えてきました。
小枝の先に、まん丸な氷が出来ていました。
2017年02月22日 11:03撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小枝の先に、まん丸な氷が出来ていました。
6
第6堰堤から進んだ先にある分岐点。右に行きます。
2017年02月22日 11:04撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第6堰堤から進んだ先にある分岐点。右に行きます。
ドングリ尾根にも所どころ雪が残っています。
2017年02月22日 11:20撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドングリ尾根にも所どころ雪が残っています。
そして金剛山の標識。あと少しで山頂。
2017年02月22日 11:27撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして金剛山の標識。あと少しで山頂。
1
シモバシラ(氷華)発見。
2017年02月22日 11:30撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シモバシラ(氷華)発見。
6
2月下旬なので、さすがに小さいですが、良く残っていました。
2017年02月22日 11:31撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2月下旬なので、さすがに小さいですが、良く残っていました。
10
転法輪寺の境内も少し雪あり。
2017年02月22日 11:34撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転法輪寺の境内も少し雪あり。
カマクラはちょっと小さくなったような。
2017年02月22日 11:35撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カマクラはちょっと小さくなったような。
山頂広場。気温は+3℃。無風で暖かい。
2017年02月22日 11:36撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂広場。気温は+3℃。無風で暖かい。
2
視界も良く、六甲山もクッキリ。
2017年02月22日 11:37撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界も良く、六甲山もクッキリ。
1
右手奥には京都の愛宕山が見える。
2017年02月22日 11:37撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手奥には京都の愛宕山が見える。
1
愛宕山アップ。
2017年02月22日 11:44撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕山アップ。
1
12時のライブカメラ。定位置とられたので、看板右前でストック振ってます。
2017年02月22日 12:00撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時のライブカメラ。定位置とられたので、看板右前でストック振ってます。
7
転法輪寺へお参り。
2017年02月22日 12:08撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転法輪寺へお参り。
次は葛木神社へお参り。
2017年02月22日 12:14撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は葛木神社へお参り。
ブナ林から葛城山。左奥は生駒山。
2017年02月22日 12:18撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林から葛城山。左奥は生駒山。
2
生駒山のはるか後ろに、薄っすらと愛宕山。
2017年02月22日 12:19撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生駒山のはるか後ろに、薄っすらと愛宕山。
1
葛城さんの後ろには雪をかぶった伊吹山。
2017年02月22日 12:18撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛城さんの後ろには雪をかぶった伊吹山。
3
伊吹山アップ。
2017年02月22日 12:19撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山アップ。
5
一の鳥居。視界が良さそうなので展望台に向かいます。
2017年02月22日 12:23撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の鳥居。視界が良さそうなので展望台に向かいます。
太いタイヤを付けた自転車が3台登って来ました。
2017年02月22日 12:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太いタイヤを付けた自転車が3台登って来ました。
1
展望台到着。
2017年02月22日 12:34撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台到着。
大峰山。弥山、八経方面。
2017年02月22日 12:36撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峰山。弥山、八経方面。
3
稲村岳、大普賢岳、山上ヶ岳。
2017年02月22日 12:36撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲村岳、大普賢岳、山上ヶ岳。
2
左が三峰山、右が高見山。
2017年02月22日 12:37撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が三峰山、右が高見山。
2
中央奥が和歌山の龍門山。
2017年02月22日 12:39撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央奥が和歌山の龍門山。
1
展望台から金剛山頂方面。もちろん霧氷はない。
2017年02月22日 12:39撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から金剛山頂方面。もちろん霧氷はない。
ロープウェイ駅。
2017年02月22日 12:52撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ駅。
ロープウェイ駅のすぐ傍に、福寿草の群落地がある。
2017年02月22日 12:57撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ駅のすぐ傍に、福寿草の群落地がある。
2
気温が上がってきたので、何株か咲いていました。
2017年02月22日 12:55撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温が上がってきたので、何株か咲いていました。
13
開き始めの蕾もいっぱい。
2017年02月22日 12:58撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開き始めの蕾もいっぱい。
3
薄黄色の花も。
2017年02月22日 12:59撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄黄色の花も。
4
こちらは開花中。
2017年02月22日 12:59撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは開花中。
4
道沿いに沢山あります。
2017年02月22日 13:00撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道沿いに沢山あります。
3
開花は数株でしたが、これからが本番。
2017年02月22日 13:01撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開花は数株でしたが、これからが本番。
7
一の鳥居へ戻って。
2017年02月22日 13:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の鳥居へ戻って。
1
ダイトレ道の、「これより急な坂道」のところがサネ尾入口。左に入ります。入口から少し先まで雪が残っていました。
2017年02月22日 13:31撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイトレ道の、「これより急な坂道」のところがサネ尾入口。左に入ります。入口から少し先まで雪が残っていました。
急坂の始まり。このあたりの雪は、すっかり融けていました。
2017年02月22日 13:49撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂の始まり。このあたりの雪は、すっかり融けていました。
サネ尾の入口まで戻って来ました。
2017年02月22日 14:09撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サネ尾の入口まで戻って来ました。
大阪方面は雲がかかっています。これから天気は下り坂。
2017年02月22日 14:39撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪方面は雲がかかっています。これから天気は下り坂。
水越峠に無事下山。
2017年02月22日 14:42撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠に無事下山。
2

感想/記録
by abek3

 いつもの金剛山もみじ谷へ。「金剛山積雪情報」では霧氷無しとなっており、氷瀑も雪も霧氷も期待できない。その代り、今回は福寿草がお目当て。
 第6堰堤の氷瀑は最後の大物も落下して、小さなツララの群生となっていた。このまま融けてしまうのか、もう一度寒波が来るのか・・・。

 本日は視界良好であちこちの山が見える。ブナ林展望所からは葛城山の後方に雪をかぶった伊吹山(たぶん)も望む事ができた。
 せっかくなので大阪側の展望台に上る。大峰、大台、和歌山方面の視界が良く、周囲の山岳展望を充分楽しめた。

 お目当ての福寿草は、しゃくなげの路に数株が咲いていた。蕾はたくさんあるので、これから気温が上がれば見頃を迎えると思われる。楽しみがまた一つ増えた。
訪問者数:288人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ