また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1070940 全員に公開 雪山ハイキング札幌近郊

冬の藻岩山(旭山記念公園ルート)

日程 2017年02月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候当初晴天で無風でしたが、9:00頃には降雪有り、風4m/s位になりました。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間50分
休憩
51分
合計
3時間41分
S慈啓会病院登山口06:4006:54旭山記念公園口06:5807:59T6分岐点08:13馬の背08:1609:02藻岩山09:1009:30時間つぶしのココア休憩10:0510:12日本初のスキーリフト跡地10:20慈啓会病院登山口10:2110:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
旭山記念公園ルートですが、慈啓会病院側の駐車場スタートです。旭山記念公園まで歩きます。帰りは慈啓会病院ルートで下山しました。馬の背を超えてからは、ラッセル上等の直登気味ルートです。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ズボン 靴下 アウター手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー ザック アイゼン 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) ヘッドランプ GPS 常備薬 保険証 携帯 ストック カメラ

写真

朝日が美しい。もっと早くに旭山記念公園にいれば、ちょっと霧がかって朱色に染まるのを撮影できたのに(TーT)
2017年02月25日 06:42撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が美しい。もっと早くに旭山記念公園にいれば、ちょっと霧がかって朱色に染まるのを撮影できたのに(TーT)
2
歩いて旭山記念公園の入口に到着
2017年02月25日 06:53撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いて旭山記念公園の入口に到着
入口から更に上がると駐車場があります。
2017年02月25日 06:54撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口から更に上がると駐車場があります。
冬は下の駐車場は使えないようです。
2017年02月25日 06:54撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬は下の駐車場は使えないようです。
朝日と青空が美しくて最高です。
2017年02月25日 06:54撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日と青空が美しくて最高です。
2
トイレも閉鎖されていました。
2017年02月25日 06:56撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレも閉鎖されていました。
入口に看板あり。
2017年02月25日 06:57撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口に看板あり。
多くの人が登るのでトレースがしっかりあります。ただ、朝このルートは人が少ないのか、雪が3cmさらっと乗ったような感じでした。
2017年02月25日 06:57撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多くの人が登るのでトレースがしっかりあります。ただ、朝このルートは人が少ないのか、雪が3cmさらっと乗ったような感じでした。
馬の背の分岐点まで、まさに馬の背中のような道が続きます。
2017年02月25日 07:20撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背の分岐点まで、まさに馬の背中のような道が続きます。
1
馬の背の分岐点まで、横を見るとずっと札幌の町並みが見えています。
2017年02月25日 07:31撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背の分岐点まで、横を見るとずっと札幌の町並みが見えています。
一段階登ると見えてくる藻岩山。
2017年02月25日 07:48撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一段階登ると見えてくる藻岩山。
1
木が開けたところでは最高の景観です。
2017年02月25日 07:52撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木が開けたところでは最高の景観です。
1
慈啓会病院ルートとの合流前、一旦下降します。
2017年02月25日 08:03撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慈啓会病院ルートとの合流前、一旦下降します。
慈啓会病院ルートとの合流前、ここからスノーシュースタート。ラッセル上等の直登です。
2017年02月25日 08:07撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慈啓会病院ルートとの合流前、ここからスノーシュースタート。ラッセル上等の直登です。
2
動物の足跡がいくつも見られます。
2017年02月25日 08:11撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
動物の足跡がいくつも見られます。
馬の背の合流ポイント
2017年02月25日 08:12撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背の合流ポイント
いくぞ、直登!つまりいつもの尻滑りショートカットを逆に登るという事です。
2017年02月25日 08:34撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくぞ、直登!つまりいつもの尻滑りショートカットを逆に登るという事です。
展望台が見えてきた!
2017年02月25日 08:57撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台が見えてきた!
展望台の下からの展望。
2017年02月25日 09:01撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台の下からの展望。
降りて半分の所で20分程、ココア休憩。
2017年02月25日 09:36撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りて半分の所で20分程、ココア休憩。
1

感想/記録
by grane

またもやEOS 5D4、6D、スマホ2台の同時GPSロガーテスト。久々にF2.8標準ズームレンズも装着して計3kg以上となりますが、今回はスノーシュー練習の一環として重量負担とします。

慈啓会病院から、旭山記念公園までは1.2kmで、道路は非常にツルツルで滑ります。何度も転びそうになったので、ここはアイゼンが無いと登山道より転んでケガをする危険性が高いと思いました。

次に、馬の背付近まではアイゼン無しだとどうなのか、装着しないで登山靴だけでトレースを歩きました。結果、トレッキングポールさえあればなんとかなると思いました。足が滑っても、ポールで堪える!

そして、馬の背直前からスノーシュー練習スタートです(^-^)。雪の上を自由に歩いて、直登気味で山頂まで行きます。やはり雪にハマるとスゴく疲れますね。あとは斜面では滑ってグリップが全然効きません。しかし、トレッキングポールパワーで登ります。

登頂後、時間が無いのですぐ下山開始。と思いきや、人との待ち合わせで時間つぶしのココア休憩を取りました。あとは滑って、走って下山です。旭山記念公園ルートの方が登りは好きかもしれません(^o^)
訪問者数:229人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ