また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1072704 全員に公開 山滑走八幡平・岩手山・秋田駒

秋田駒が岳 〜男女岳下部で山スキー〜

日程 2017年02月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴のち曇時々地吹雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
アルパこまくさの駐車場を利用させていただきました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間39分
休憩
4時間16分
合計
6時間55分
Sアルパこまくさ 駒ヶ岳情報センター07:1508:05旧ゲレンデトップ08:30県道から樹林内へ09:34C126009:4809:48スキー13:5013:51県道へ14:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 毛帽子 ブーツ ザック 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ガムテープ 携帯 時計 サングラス ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール ガス ガスボンベ 手鍋 ヘルメット ゴーグル ライター シュラフカバー レスキューシート マット 水筒 スコップ
共同装備 シュリンゲ カラビナ ドライバー

写真

岩手側の46号から朝日に染まる秋田駒。期待が膨らみます。
2017年02月26日 06:27撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩手側の46号から朝日に染まる秋田駒。期待が膨らみます。
アルパこまくさからゲレンデ跡を登ります。
雲がかっているけど、男女岳が見えます。
2017年02月26日 07:18撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルパこまくさからゲレンデ跡を登ります。
雲がかっているけど、男女岳が見えます。
背後には田沢湖。
2017年02月26日 07:24撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背後には田沢湖。
すぐにキャットに抜かれ、圧雪を楽して登ります。
2017年02月26日 07:58撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにキャットに抜かれ、圧雪を楽して登ります。
ゲレンデ跡トップ。ここは樹林内をショートカットして…
2017年02月26日 08:09撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデ跡トップ。ここは樹林内をショートカットして…
しばらく県道を歩きますが…
2017年02月26日 08:23撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく県道を歩きますが…
沢を渡る手前から、樹林内へ突入です。雪は軽く樹林も濃くないです。
2017年02月26日 08:32撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡る手前から、樹林内へ突入です。雪は軽く樹林も濃くないです。
樹林外へ出ます。この辺の雪もパウダー。
2017年02月26日 08:59撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林外へ出ます。この辺の雪もパウダー。
斜面は広く、気持ちいいです。
2017年02月26日 09:08撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面は広く、気持ちいいです。
どこ滑っても楽しそう。このまま上までいけるかなと思っていたら…
2017年02月26日 09:10撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこ滑っても楽しそう。このまま上までいけるかなと思っていたら…
一気に視界が悪くなり、風も強まります。C1300より上部の雪はシュカブラと吹き溜まりのMIXです。
2017年02月26日 09:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に視界が悪くなり、風も強まります。C1300より上部の雪はシュカブラと吹き溜まりのMIXです。
2
ということで、この辺でスキーをすることに。
スキーヤーはPalomon。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということで、この辺でスキーをすることに。
スキーヤーはPalomon。
1
軽いパウダーです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽いパウダーです。
2
軽い沢形地形が特に深いパウダーです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽い沢形地形が特に深いパウダーです。
1
登り返します。
2017年02月26日 10:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返します。
飽きないので何度でも登り下りを繰り返します。
2017年02月26日 11:58撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飽きないので何度でも登り下りを繰り返します。
1
同様のノントラックの沢型地形を求めて横に移動します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同様のノントラックの沢型地形を求めて横に移動します。
このような地形がたくさんあります。
2017年02月26日 12:25撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような地形がたくさんあります。
時々雲が晴れますが、決定的には視界が開けず、今日はスキーの日としました
2017年02月26日 13:26撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々雲が晴れますが、決定的には視界が開けず、今日はスキーの日としました
もう少し視界がよければなあ。
2017年02月26日 12:07撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し視界がよければなあ。
とにかく雪が軽く、深くてもスピードに乗れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく雪が軽く、深くてもスピードに乗れます。
1
北側斜面なので、昼をすぎても雪が腐ってきませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側斜面なので、昼をすぎても雪が腐ってきませんでした。
最後は沢沿いを下ります。
2017年02月26日 13:50撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は沢沿いを下ります。
県道へドロップ
2017年02月26日 13:51撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道へドロップ
ゲレンデ跡はスイッチパウダーの練習で。
2017年02月26日 13:47撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデ跡はスイッチパウダーの練習で。
下山しましたが、山はすっかり雲で覆われていました。
2017年02月26日 14:11撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山しましたが、山はすっかり雲で覆われていました。

感想/記録

感想/記録

 秋田駒の未体験のスロープを目指し、当初は男女岳からダイレクトで旧ゲレンデ上部に降りるルートを計画していましたが、あいにく、樹林外は地吹雪と視界ゼロ。八合目小屋の県道の往復ではスキーは楽しめないし、そもそもピークハントにはこだわらない嗜好なので、雪のよさそうな北斜面でパウダースキーを楽しむこととしました。
 C1300以上は視界もなく雪も硬いため、それ以下の斜面を滑りましたが、非常に良いコンディションで、北斜面のためか午後になっても軽いパウダーをキープしていました。雪崩のプレッシャーのない沢型地形のため、中のパウダーを攻めたり、壁に当て込んだり、スキーが楽しめます。欲を言えば、もう少し視界があればよかったなと(段差が見極め辛かったです)。少しずつ横に移動しながら標高差約100mを7回ほど上り返して滑りました。
 何度か、ツアーと思われる団体の方々が横切っていきましたが、より西側の斜面を下るようでした。
 ロングランとはいきませんでしたが、満足な山スキーとなりました。
 
訪問者数:304人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

山スキー 雪崩 ロング 吹雪
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ