また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1074052 全員に公開 雪山ハイキング比良山系

2017年2月例会山行(蛇谷ヶ峰)

日程 2017年02月19日(日) [日帰り]
メンバー
 yamarocky(CL)
, その他メンバー5人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
朽木学校前バス停より朽木温泉てんくうまでの往復はシャトルバスを利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間27分
休憩
45分
合計
6時間12分
Sスタート地点10:2110:47釜の谷登山口10:4811:21釜の谷11:2211:54釜の谷分岐12:0712:28670m点ベンチ12:52カツラの谷分岐13:0013:09866m分岐13:14蛇谷ヶ峰13:2213:29866m分岐13:4013:48カツラの谷分岐14:07670m点ベンチ14:26釜の谷分岐14:2715:10釜の谷15:1115:54釜の谷登山口15:5516:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン スノーシュー 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック

写真

日帰りに何で80Lのザックを持ってくるか?
2017年02月19日 11:15撮影 by TG-2, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日帰りに何で80Lのザックを持ってくるか?
しばらく登り坂ばかり
2017年02月19日 11:15撮影 by TG-2, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく登り坂ばかり
スノーシューで渉る
2017年02月19日 11:23撮影 by TG-2, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシューで渉る
久しぶりにスノーシューを履きしんどそうな御大
2017年02月19日 11:55撮影 by TG-2, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりにスノーシューを履きしんどそうな御大
見えてきた頂上
2017年02月19日 12:52撮影 by TG-2, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えてきた頂上
やっと冬山らしくなってきた
2017年02月19日 12:52撮影 by TG-2, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと冬山らしくなってきた
スキーの人もいた
2017年02月19日 13:25撮影 by TG-2, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーの人もいた
スマホの首
2017年02月19日 13:49撮影 by TG-2, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スマホの首
フードをとってポーズを作る御大
2017年02月19日 13:51撮影 by TG-2, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フードをとってポーズを作る御大
たそがれるY女史(いつものこと)
2017年02月19日 13:52撮影 by TG-2, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たそがれるY女史(いつものこと)

感想/記録

2月の例会山行は、当初の伊吹山計画が頓挫したため急きょ蛇谷ヶ峰に変更、そのコースも最初は畑から朽木へ抜ける計画であったが、折からの豪雪で腰までのラッセルで撤退が危ぶまれるため、人の多く入る朽木温泉からのピストンへと変更され当日を迎える。ベテラン会員3名と経験豊富な一般参加者1名、担当2名の6人パーティで催行する事に。1週前の豪雪はほどよく締まり、スノーシュー、ワカンでの歩行には最適なコンディションとなっていた。出だしの緩いコースは本来の尾根上の登山道へは入らないまま進んでいたため途中で急登のだだ登りに。難儀しながらもそこを抜け、沢に下りた後はひたすら急登の連続で大御所奈良Kさんはややバテ気味!?雪道のためコースタイムの1.3倍で計画した歩行時間をめいっぱい使ってゆっくり登った。カツラ谷との出合付近からは霧氷も付き始め、美しい冬景色の中気持ちのよいスノーハイクだったが、出だし晴れていた空は段々曇天に変わり、山頂到達時にはすっかりガスに包まれて真っ白な世界となった。山頂からの白蛇を楽しみにしていたが残念ながら今回はお預け。次回はいつになるかわからないが黒蛇でお目にかかる日が来るかもしれない。朽木スキー場からの合流地点に奈良Kさんを残してきたので早々に下山。下りの急斜面ではスノーシューを外したりアイゼンに履きえたりしたが、少しでも力をかけると膝まで入ってしまうほど柔らかく巨体の奈良Kさんはやはり難儀していた。シリセードで下りるもカーブで曲がり損ねて危うく滑落しそうになったりと苦難は続く。時間はあるのでゆっくり下りましょう、と皆で荷物を分け分けして16時過ぎに朽木温泉まで下山する事ができた。参加して下さった皆様、大変お疲れ様でした。丁寧な計画と当日のきめ細やかな段取りをしてくれたYさん、本当にありがとうございます。次は伊吹山リベンジで!(A.F.)
訪問者数:514人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ