また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1076217 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 日高山脈

東尾根 〜 ペテガリ岳 〜 中ノ岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2017年02月24日(金) ~ 2017年03月03日(金)
メンバー
天候概ね晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間35分
休憩
0分
合計
2時間35分
S除雪終点16:5019:25林道上=C1
2日目
山行
8時間20分
休憩
10分
合計
8時間30分
C106:2009:25ペテガリ東尾根登山口09:3514:50Co890ポコ=C2
3日目
山行
10時間0分
休憩
0分
合計
10時間0分
C207:1009:20・112117:10ポンヤオロマップ岳=C3
4日目
山行
7時間20分
休憩
0分
合計
7時間20分
C307:1013:00・141714:30・1518=C4
5日目
山行
7時間50分
休憩
20分
合計
8時間10分
C406:1012:10・157212:3013:10ペテガリ岳14:20・1573の南主稜上Co1500=C5
6日目
山行
6時間50分
休憩
0分
合計
6時間50分
C506:1012:40中ノ岳13:00中ノ岳南西の肩=Ω6
7日目
山行
8時間20分
休憩
40分
合計
9時間0分
Ω607:1008:30・144509:0012:50神威山荘13:0016:10林道上=C7
8日目
山行
3時間20分
休憩
0分
合計
3時間20分
C707:1010:30神威橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2017.2.24 ~ 3.3 (8-0)
東尾根 〜 ペテガリ岳 〜 中ノ岳 〜 神威橋


札幌から帯広まで高速バスに乗ろうとしたが満席で乗れず、急遽帯広行き特急列車に乗る。帯広→大樹町はバス。その後、入山地点最寄りのバス停、「仲澤宅前」までコミュニティバスに乗せてもらう。1kmほど歩いてトラックのヒッチに成功、除雪終点の牧場まで乗せていただく。

2/24 晴れ、夜は快晴
牧場(16:50)林道上=C1(19:25)
除雪終点から入山。しばらくモービルのトレースがあったが、林道崩壊地点で無くなった。膝下ラッセルとなる。林道崩壊地点(土砂崩れのよう)ではすでに真っ暗となっていたため林道探しに難儀した。辺天橋手前の林道上でC1。

2/25 朝は晴れ、後曇り時々雪。夜は吹雪。低温。
C1(6:20)東尾根登山口(9:25-9:35)Co890ポコ上=C2(14:50)
林道のラッセルは膝くらい。・329付近の林道上にて、鹿が木に挟まってもがいていた。木の高い所を食べようとして滑ってV字型になっている部分に前足が挟まったようだ。骨が折れ皮1枚でつながっていたが取れないようだ。恐る恐る近づいてナイフで切断して救助。東尾根登山口で尾根にとりつく。急登にあえぐ。・843を越え、次のCo890ポコ上でC2。

2/26 朝、風強し。後晴れ。低温。
C2(7:10)・1121(9:20-9:30)ポンヤオロマップ岳=C3(17:10)
朝、風が強いため出発を少し遅らせる。・1121まで概ね膝ラッセル。稜上は樹林内雪庇、細い所が多々ある。雪の状態が不安定で歩いていると時折鈍いワッフ音が聞こえる。ポンヤオロへの登りへと差し掛かると急になる。樹林内の急登を登っていると、亀裂が入り小雪崩が起きた。幸い巻き込まれなかった。ポンヤオロ直下はかなり急。1か所、下層がザラメ状に氷化した壁のようなところがあり、スノシュー・ストックで緊張した。その後も、不安定な雪と急登、ブッシュを全力でつかんで登っていくところなど、緊張する所多々あり。ポンヤオロ直下の登りにかなり時間を要し、ピークに着くころには夕暮れ時。ピークでC3。気温低く凍える。

2/27 快晴
C3(7:10)・1417(13:00)・1518=C4(14:30)
・1417まで細い稜線。樹林内雪庇が発達している。ポンヤオロ降りてすぐのところで雪庇が崩壊してヒヤリとする。その後もまた1回雪庇が崩壊した。急なポコが続き中々進まない。ひたすら除雪を繰り返して登る所や、岩が出ている急登(残置が出ている所、数か所)など有り。・1417手前から所々クラストしているところが出てくる。・1417から・1518は概ねクラストした太めの尾根で歩きやすくなる。・1518でC4。

2/28 快晴無風。ピーク周辺は風有り。
C4(6:10)・1572(12:10-12:30)ペテガリ岳(13:10)・1573の南=C5(14:20)
C4〜・1572まで細い所や急な登り、下りが多数。やや緊張する所も多い。ナイフリッジ状の下りを横歩きで慎重に降りる所や、バックステップするところ多数。・1572でEPに替えてほぼ空身でペテガリアタック。快晴で北日高から南日高まで見渡せる。・1572までから南に少しおろした主稜上Co1500付近で冬テン、C5。吹き溜まり西側を削り、ブロック積んだ。

3/1 朝:ガスかかり始める。後ガスガス、風やや強し。
C5(6:10)中ノ岳(12:40)中ノ岳南西の肩=Ω6(13:00)
C5からコルまで雪庇が大きく発達している。1度、ストック一突きで大きな雪庇が崩壊し、雪崩となって谷底に落ちていった。稜上はずぼずぼで膝ラッセル。・1469のあたりはガスに覆われ視界なし、雪庇が怖いため西側の急斜をトラバース気味に行く所などあり。Co1170コル〜中ノ岳まで、始め視界100程度、のち視界50以下となる。風もやや強い。・1314〜中ノ岳直下の登りに差し掛かる手前はスノーシューで行く。中ノ岳直下は急な登り。中ノ岳ピークから南西の肩に降りたところでいよいよ視界がなくなり、ほとんど何も見えない。この先広く、Rfが難しいため吹き溜まりに全イグルーを作ってΩ6。

3/2 曇り後晴れ
Ω6(7:10)・1445(8:30-9:00)神威山荘(12:50-13:00)林道上=C7(16:10)
朝、イグルーのブロックを破ると視界があった。テンバからスノーシューで行動。・1445へ向かう。雪庇が所々発達しており、雪庇がまた落ちた。この辺はどこでも掘れそう。・1445で電話する。が、迎えは来ない。・1445から下り始めると徐々に晴れとなり、気温上がり雪がダンゴになる。下降した尾根の下部は笹が出ている。神威山荘まで降りて林道を歩く。林道上でC7。

3/3 晴れ
C7(7:10)神威橋(10:30)
林道を歩く。下部は雪が少なくほとんどラッセルなし。下のゲートは閉まっている。ここからツボで歩く。神威橋まで歩き、たまたまパトロールに来ていた方に乗せていただいた。とても助かりました。三石昆布温泉まで送って頂き下山。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

1日目。トラックに乗せてもらい入山地点まで。
2017年02月24日 16:36撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日目。トラックに乗せてもらい入山地点まで。
2日目。木に挟まった鹿。
2017年02月25日 07:34撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目。木に挟まった鹿。
4
東尾根取り付き。急登にあえぐ。
2017年02月25日 09:57撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東尾根取り付き。急登にあえぐ。
1
3日目。ポンヤオロマップ岳が見える。
2017年02月26日 09:53撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目。ポンヤオロマップ岳が見える。
2
ポンヤオロへの急な登りにさしかかる所で雪崩。
2017年02月26日 14:06撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポンヤオロへの急な登りにさしかかる所で雪崩。
ポンヤオロ直下のかなり急な登り。やや氷化しており緊張する登り。
2017年02月26日 15:42撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポンヤオロ直下のかなり急な登り。やや氷化しており緊張する登り。
2
ポンヤオロのピーク。すでに夕暮れ。
2017年02月26日 17:08撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポンヤオロのピーク。すでに夕暮れ。
1
4日目。朝。ポンヤオロから降りた所。樹林内雪庇が落ちる。
2017年02月27日 07:27撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4日目。朝。ポンヤオロから降りた所。樹林内雪庇が落ちる。
1
ポンヤオロの次のポコ。急登、全身ラッセル。こんなのばかりが続く。
2017年02月27日 07:53撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポンヤオロの次のポコ。急登、全身ラッセル。こんなのばかりが続く。
2
ナイフリッジを馬乗りになって進む。
2017年02月27日 09:47撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジを馬乗りになって進む。
5
・1231コルへ下り始める。
2017年02月27日 10:06撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・1231コルへ下り始める。
2
・1417への登り。尾根が太くなる。
2017年02月27日 12:42撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・1417への登り。尾根が太くなる。
・1518。奥に主稜線、ペテガリ。
2017年02月27日 14:31撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・1518。奥に主稜線、ペテガリ。
3
早大尾根と留取岳。
2017年02月27日 14:56撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早大尾根と留取岳。
2
5日目。朝。テンバ出てすぐ。右に留取岳。
2017年02月28日 06:06撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5日目。朝。テンバ出てすぐ。右に留取岳。
2
朝焼け燃ゆるペテガリ
2017年02月28日 06:18撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼け燃ゆるペテガリ
9
来た道。正面にポンヤオロマップ岳。
2017年02月28日 06:18撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道。正面にポンヤオロマップ岳。
2
急な下り。こんなのばかり。
2017年02月28日 09:09撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な下り。こんなのばかり。
2
進む稜線。ペテガリAカール、ペテガリ岳。
2017年02月28日 10:48撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進む稜線。ペテガリAカール、ペテガリ岳。
8
・1525からコルに降りるところ。かなり急。
2017年02月28日 11:35撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・1525からコルに降りるところ。かなり急。
2
東から見るペテガリはピラミダル。ピークへ。
2017年02月28日 12:41撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東から見るペテガリはピラミダル。ピークへ。
10
ピークへ登っていく。J.P.は・1573。
2017年02月28日 13:25撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークへ登っていく。J.P.は・1573。
5
ペテガリピーク。
2017年02月28日 13:38撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペテガリピーク。
13
6日目、朝。天気が崩れ始める。
2017年03月01日 05:56撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6日目、朝。天気が崩れ始める。
1
C5から・1469への稜線。大きな雪庇が崩壊し雪崩となって谷底に落ちていく。
2017年03月01日 07:00撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
C5から・1469への稜線。大きな雪庇が崩壊し雪崩となって谷底に落ちていく。
2
・1469への稜線。雪庇が発達している。
2017年03月01日 07:08撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・1469への稜線。雪庇が発達している。
4
・1469の辺り。ガスガスで視界がないため雪庇の判断が難しい。西側の急斜をトラバース気味に行く。
2017年03月01日 08:15撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・1469の辺り。ガスガスで視界がないため雪庇の判断が難しい。西側の急斜をトラバース気味に行く。
7
中ノ岳ピークへの登りは急。
2017年03月01日 12:40撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳ピークへの登りは急。
1
中ノ岳ピーク
2017年03月01日 12:34撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳ピーク
2
イグルーの中は快適。
2017年03月01日 18:27撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イグルーの中は快適。
7
7日目、朝。ブロックを破ると晴れている。
2017年03月02日 06:35撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7日目、朝。ブロックを破ると晴れている。
3
イグルーとニシュオマナイ、神威岳への主稜線。
2017年03月02日 06:41撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イグルーとニシュオマナイ、神威岳への主稜線。
3
・1445への稜線。大きな雪庇がまた落ちる。
2017年03月02日 07:43撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・1445への稜線。大きな雪庇がまた落ちる。
1
・1445への稜線。後ろに中ノ岳。
2017年03月02日 08:26撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・1445への稜線。後ろに中ノ岳。
1
・1445から南の尾根を降りていく。下山晴れでのんびりと行く。
2017年03月02日 09:53撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・1445から南の尾根を降りていく。下山晴れでのんびりと行く。
2
ニシュオマナイ岳(左)、神威岳(右)
2017年03月02日 10:28撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニシュオマナイ岳(左)、神威岳(右)
5
下部はブッシュが出ている。作業道のようなものがあったが崩壊していた。
2017年03月02日 12:06撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部はブッシュが出ている。作業道のようなものがあったが崩壊していた。
8日目、林道を歩いて行く。
2017年03月03日 09:26撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8日目、林道を歩いて行く。
1
撮影機材:

感想/記録

卒論を終えてしばしの自由になり、久々の山行。夏にペテガリを東から見たとき、冬に来てみたいと思い、ペテガリ東尾根へ。東尾根は延々と繰り返されるブッシュ、急登、深いラッセル、ナイフリッジと想像以上にハードだった。

前半は膝痛、中盤から後半はひどい靴ずれに悩まされた。羽さんに色々と助けられた。

停滞多めに5日間、全12日間の日程で入山したが概ね天気に恵まれ8日間動き続けた。装備もあちこちが壊れ、体もボロボロ、満身創痍となって充実の山行となりました。

感想/記録

4日間、ラッセル藪雪庇急登に耐えた。5日目快晴で迎えてくれたペテガリは特に美しかった。
靴擦れに悩んだFと対照的に、ボクは新しく買い替えたコフラックのプラグツが快調だった。前回のコフラックが壊れてしまい、次に何を買おうか悩んだが、北海道で長期をやるならやはりプラグツが正解なのかもしれない。

今年に入って二回も日高を横断してしまった。なんと幸せな。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2844人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/6/14
投稿数: 16
2017/3/7 20:22
 いいなあ
三回目、全山やりなよ
登録日: 2014/2/23
投稿数: 22
2017/3/9 13:41
 Re: いいなあ
それもいいですねえ。
やっぱり長いのは楽しいです。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ