また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1076271 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

三城牧場-美ヶ原-茶臼山-周回、下りの陣ヶ坂で大苦戦

日程 2017年03月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三城牧場付近ダテ河原登山口下の道路
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間26分
休憩
45分
合計
5時間11分
Sスタート地点08:1008:12ダテ河原登山口09:31美ヶ原09:3610:07塩くれ場10:50茶臼山11:0011:11陣ヶ坂分岐12:23広小場12:5313:13三城いこいの広場13:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ダテ河原コースは危険箇所はありません、チェーンスパイクで十分でした。
山頂から茶臼山もハイキングコース、茶臼山最後だけ深雪で数回踏み抜きがありました。

茶臼山から陣ヶ坂コースを下りました、茶臼山山頂部は積雪は膝程ですが、このコースは下った1850m付近から深いところで腰上、8割方は膝上まです、スノーシュー等なければやめた方がいいのではと思います。トレースも無く目印のリボンや標識がわかりませんでした。

コースがわからないので見当をつけて沢沿いを下っただけですが、腰から上での積雪や沢が出てきたところから有刺鉄線の鹿よけ柵?があって下に進めません、本当にコースは不明でした。途中から見つけたトレースもここから直ぐに消えてしまいGPS頼りで下って来ました。沢沿いはひどいところで胸まで踏み抜きました。ただ沢沿いを下れば間違いなく広小場にでますので、深雪と格闘したい方はにはおすすめですが・・・。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

駐車場付近から山頂を望みます。
2017年03月04日 08:06撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場付近から山頂を望みます。
1
車はこの先の登山口下に駐めました。
2017年03月04日 08:06撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車はこの先の登山口下に駐めました。
この日は自分が一番スタートでした。
2017年03月04日 08:11撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は自分が一番スタートでした。
登山道を登って道路にぶつかった所を右に道路を進みます。
2017年03月04日 08:40撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を登って道路にぶつかった所を右に道路を進みます。
横に移動してから登り始めます。
2017年03月04日 08:45撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横に移動してから登り始めます。
10分ほどで小屋です、上から左にトラバースしてジグザク道を一気に登っていきます。
2017年03月04日 08:56撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ほどで小屋です、上から左にトラバースしてジグザク道を一気に登っていきます。
牧場の上に出て眺望が良くなりました。
2017年03月04日 09:17撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧場の上に出て眺望が良くなりました。
王ヶ鼻への分岐
2017年03月04日 09:19撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
王ヶ鼻への分岐
烏帽子岩かな
2017年03月04日 09:23撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩かな
山頂のアンテナ群が見えてきました。もうすぐです。
2017年03月04日 09:28撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のアンテナ群が見えてきました。もうすぐです。
登山口から1時間半弱で山頂到着。
2017年03月04日 09:35撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から1時間半弱で山頂到着。
1
北アルプスは霞んでいます。
2017年03月04日 09:36撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスは霞んでいます。
乗鞍や御嶽も遠く霞んでいます。
2017年03月04日 09:36撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍や御嶽も遠く霞んでいます。
浅間から四阿山方面
2017年03月04日 09:46撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間から四阿山方面
今回のメインは茶臼山です。
2017年03月04日 09:46撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のメインは茶臼山です。
1
広い雪原を南に進みます。
2017年03月04日 09:51撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い雪原を南に進みます。
雪上車が走っていました。
2017年03月04日 10:00撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪上車が走っていました。
1
まっすぐ進んでいきます。
2017年03月04日 10:00撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まっすぐ進んでいきます。
たくさんの人がスノーシューで歩いていました。
2017年03月04日 10:00撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさんの人がスノーシューで歩いていました。
あの山が茶臼山です。
2017年03月04日 10:10撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの山が茶臼山です。
1
だいぶ歩いてきました。こちらにはほとんど来ないようですね。
静かな山行を楽しみながら進みます。
2017年03月04日 10:27撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ歩いてきました。こちらにはほとんど来ないようですね。
静かな山行を楽しみながら進みます。
茶臼山にはいったん下って登ります。
2017年03月04日 10:33撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山にはいったん下って登ります。
王ヶ頭から1時間ほど、あと少しです!
2017年03月04日 10:44撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
王ヶ頭から1時間ほど、あと少しです!
茶臼山到着、誰もいませんでした。
正面に諏訪湖が見えました。
2017年03月04日 10:49撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山到着、誰もいませんでした。
正面に諏訪湖が見えました。
2
先は動物のトレースだけ。
2017年03月04日 10:52撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先は動物のトレースだけ。
中央アルプスズーム
2017年03月04日 10:57撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスズーム
諏訪湖をズーム
2017年03月04日 10:55撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪湖をズーム
南アルプスは霞んで厳しい
2017年03月04日 10:56撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスは霞んで厳しい
1
北アルプスと松本平
2017年03月04日 11:08撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスと松本平
1
陣ヶ坂を無理矢理下って来ました。あまりの積雪に戻ろうかと思いましたが時間が十分ありますので今日は雪と格闘することにしました。
2017年03月04日 11:33撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣ヶ坂を無理矢理下って来ました。あまりの積雪に戻ろうかと思いましたが時間が十分ありますので今日は雪と格闘することにしました。
1
この辺は腰上までの積雪、面倒なので歩かないで雪の上を背中セードで下ります。
2017年03月04日 11:33撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は腰上までの積雪、面倒なので歩かないで雪の上を背中セードで下ります。
1
沢が出てきました。
2017年03月04日 11:46撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢が出てきました。
ここからトレースがあってほっとしたのですが・・・
2017年03月04日 11:46撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからトレースがあってほっとしたのですが・・・
トレースを追いかけましたが迷っているようです、面倒なので沢沿いを下ることにしました。
2017年03月04日 12:10撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースを追いかけましたが迷っているようです、面倒なので沢沿いを下ることにしました。
ところが沢沿いは日陰になっていて深みが多く、何度も胸まで落ちました。リボンも何もありません、あってもノートレースですので意味がないか・・、結局GPSとにらめっこしながら下りました。何度百曲がりコースにトラバースしようと思ったことか・
・・、
2017年03月04日 12:13撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところが沢沿いは日陰になっていて深みが多く、何度も胸まで落ちました。リボンも何もありません、あってもノートレースですので意味がないか・・、結局GPSとにらめっこしながら下りました。何度百曲がりコースにトラバースしようと思ったことか・
・・、
茶臼山から1時間20分、ようやく百曲がりコースとの合流に出ました! いつもの広小場です。
2017年03月04日 12:22撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山から1時間20分、ようやく百曲がりコースとの合流に出ました! いつもの広小場です。
ほっとして昼食です。シジュウカラが隣で一緒に遊んでくれました。
2017年03月04日 12:23撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほっとして昼食です。シジュウカラが隣で一緒に遊んでくれました。
2
もうここまで下れば安心です、のんびり下りました。
ここから下はトレースがばっちりでした。
2017年03月04日 12:23撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうここまで下れば安心です、のんびり下りました。
ここから下はトレースがばっちりでした。
1

感想/記録

毎年冬に登っている美ヶ原、今回も三城からのスタート、先ず最短のダテ河原コースで王ヶ頭まで登りそこから雪原歩きで茶臼山まで、下りは初めての陣ヶ坂コースで広小場までと思っていた。

出発は8時過ぎ、他に車は無く薄雪の積もった登山道を上っていった。
1昨年、新雪時にルートミスして無理矢理王ヶ鼻まで登ったこともあったが、今回はしっかりルート通り王ヶ頭まで登ることができた。
山頂の眺望は霞んだものとなって3年連続の残念眺望となった。

今回は茶臼山ヵら陣ヶ坂コースを下ることがメインなので、そのまま茶臼山に向かって進んだ。途中までは踏み抜きも無く快調だったが、茶臼山への下りから積雪が増え、踏み抜きながらの登山になった。
茶臼山の山頂は、諏訪湖も見えて遠く富士山望め、空気が澄んでいたなら結構素晴らしい眺望だったと思った。
ここまではひとも少なく、雪も多く美ヶ原の王ヶ頭とは全然違う山のようだ。

ところが予定していた陣ヶ坂コースはトレースも無く分岐も不明だった。
深雪でリスキーかと思ったが時間も十分あることだし距離も短いので陣ヶ坂コースと思われる所を下ることにした。
今回スノーシューは車に積んできたものの、山頂が岩肌が見えて登山口にも雪が無かった事から、持ってこなかった。これが大失敗だった。
最初の稜線上は雪も堅く、埋まらなかったが50mほど下ると、やっぱり膝上までの深雪になった。急だったので全身で滑り落ちるようにして下ったが、斜面が緩くなるとダメ、埋まって這い出してから少しでも雪面が堅そうな日当たりの良い所へと移動しながら下った。いつも大丈夫な深めのスパッツも、膝上までのラッセルでマジックテープが剥がれて雪が中に入って取れそうになり、何度も付け直した。はたして進めるのか心配で何度も戻ろうと思いながら、それでもGPSとにらめっこをしながら下った。

そのうちに沢らしき場所まで下ると古いトレースを発見、ほっとしてそれに沿って下るも鹿よけの有刺鉄線がある所からトラバース、しばらく追っていったが見失う。
雪の浅いヤブを下ったりするも邪魔で進めず、仕方ないので沢沿いないしは沢の中を下ることになった。しかしここは日陰で雪も深くひどいところで胸元まで沈む、百曲のコースまでトラバースすることも何度も考えたが、それより下れば雪も少なくなろう考えた、それにGPSを持っていたおかげで苦戦しても距離は短いだろうと思い下った。

なんだかんだと悪戦苦闘しながらようやく広小場に下りたときはほっとした。
今回は実にスリリングな山行だった。
まさかあんなに深雪とは思わなかった、本当に反省しきりだ。
訪問者数:464人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ