また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1076567 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走関東

綱之上御前山-斧窪御前山

日程 2017年03月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車自転車
04:33 自宅
04:50 町田 04:56 JR東日本、840円
05:21 八王子 05:35
06:04 四方津

14:45 四方津 15:02 JR東日本、840円
15:23 高尾 15:28
15:34 八王子 15:40
16:06 町田 、駐輪場100円
16:20 自宅

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間18分
休憩
1時間7分
合計
8時間25分
S四方津駅06:1007:30510付近08:0508:50綱之上御前山08:5110:17斧窪御前山10:1910:42P49410:5411:21ヨソ木山11:2712:35大田峠13:22南米沢峠13:2313:35御春山13:4514:10大野ダム14:35四方津駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
綱之上御前山の西側には、踏み跡がハッキリしているが、東側はやや、不明瞭で、ヤセ尾根の通過、岩混じり尾根で、注意を要す。

斧窪御前山は、東側の尾根に踏み跡、北西尾根は、藪が少々うるさい。北西尾根には、赤テープ多数あり

ヨソ木山〜大田峠は、笹藪うるさい、赤テープ要所にあり

大田峠〜南米沢峠は赤テープ少ないが、尾根を外さらいように行けば問題ない

南米沢峠〜大野貯水池は、登山道が整備されているのが、ロープの設置されている、急斜面が滑りやすい
その他周辺情報前回の登山、御屋敷入口-翁窪沢ノ頭-刈寄山-恩方山-盆前山-恩方車庫
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1073018.html

次回の登山、八重山-能岳-要害山-雨降山-高指山-瀬淵山
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1081364.html
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

四方津駅の定番?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四方津駅の定番?
3
四方津駅からスタートするが、車道が怖い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四方津駅からスタートするが、車道が怖い
2
目指す尾根が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す尾根が見える
2
橋を渡った所から、藪を登ったら、道があったけど、やっぱり、尾根は笹藪だった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡った所から、藪を登ったら、道があったけど、やっぱり、尾根は笹藪だった
1
これから周回する尾根、ゴルフ場の手前部分
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから周回する尾根、ゴルフ場の手前部分
2
登って来た尾根が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って来た尾根が見える
2
綱之上御前山。東側の景色良い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綱之上御前山。東側の景色良い。
1
綱之上御前山の下り途中、分岐で梁川方面へ下る道があるが、尾根を忠実に下ると、中央線の上り線路の方へ降りる。この住宅の所に出て来る。この家はすでに空家の模様
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綱之上御前山の下り途中、分岐で梁川方面へ下る道があるが、尾根を忠実に下ると、中央線の上り線路の方へ降りる。この住宅の所に出て来る。この家はすでに空家の模様
2
中央線の上りと下りが分かれる辺り、斧窪御前山が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央線の上りと下りが分かれる辺り、斧窪御前山が見える
2
これは、中央線の下り線路のトンネル。レンガ作り?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは、中央線の下り線路のトンネル。レンガ作り?
2
斧窪御前山の登り口が、わからなかったので、前のトンネルを少し進んだ所の空家の裏から、強引に笹藪を登る。40m?くらい藪漕ぎしたら、藪は無くなった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斧窪御前山の登り口が、わからなかったので、前のトンネルを少し進んだ所の空家の裏から、強引に笹藪を登る。40m?くらい藪漕ぎしたら、藪は無くなった
1
綱之上御前山が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綱之上御前山が見える
2
斧窪御前山、三等三角点には、ICチップ?は付いてない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斧窪御前山、三等三角点には、ICチップ?は付いてない
2
ここを下れば、中央道を跨いで、北にヨソ木山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを下れば、中央道を跨いで、北にヨソ木山
1
P494に寄り道したら、武田牛乳の瓶が落ちていたので、発掘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P494に寄り道したら、武田牛乳の瓶が落ちていたので、発掘
1
サントリーオレンジエード
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サントリーオレンジエード
1
ヨソ木山から見た扇山方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨソ木山から見た扇山方面
2
ここで、東に行かなければならないところ、南に少し行ってしまう。日差しが暑いので気づいたのだが、曇っていたらもう少し下ってしまったかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで、東に行かなければならないところ、南に少し行ってしまう。日差しが暑いので気づいたのだが、曇っていたらもう少し下ってしまったかも
1
古い電柱があったので、ここが大田峠かなと思ったのだが、先にあった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い電柱があったので、ここが大田峠かなと思ったのだが、先にあった
1
サンキスト、カリフォルニアレモン(ジュース?か?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンキスト、カリフォルニアレモン(ジュース?か?)
1
南米沢峠か?ここから、大野貯水池周辺登山道がある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南米沢峠か?ここから、大野貯水池周辺登山道がある
1
良く見ると、龍の彫り物
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く見ると、龍の彫り物
1
御春山(おはんなやま)と読むらしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御春山(おはんなやま)と読むらしい
2
御春山から、大野貯水池、不老山とか雨降山とか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御春山から、大野貯水池、不老山とか雨降山とか
3
貯水池の真上あたりの東屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貯水池の真上あたりの東屋
1
貯水池から車道を四方津駅まで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貯水池から車道を四方津駅まで
2

感想/記録

後日

四方津駅から車道を西に少し進むと、目指す綱の上御前山の東端の尾根が見えている。橋を渡った先の斜面の藪を登ると、細い道に出る。これを右に行くと、鉄道のトンネルの上辺りから、尾根を目指して再び、藪を登っていく。笹が背丈を越えるくらいで、歩きづらい。少し登ると藪は薄くなって、林の間を歩けるようになるが、踏み跡無く、痩せた尾根の両側は急な斜面で緊張する。いくつかの小ピークを乗り越し、500mくらいのピークで一休み。太陽が出ているが、薄曇りで、日差しが弱く、まだ気温が上がらない。少し先のピークを過ぎると、大きく下り、弧を描くように西の方に見えるピークが綱之上御前山で、その直前の鞍部の南側は大きくがけになっている。登り返しも急で少し緊張。ゆっくりゆるく登ると、東側の展望が良い、山頂。綱之上御前山に着いた。先ほど、ゆっくり休んだので、ここは写真を撮って、素通り。と思って下り始めたのだが、ちょうど9時ごろになったので、南側の景色の良い、下り傾向の尾根の所で、紅茶を飲む。あまりに見通しが良く下から見えるのではないかと思い、ちょっと林の後ろに下がる。尾根の西側は少し、踏み跡が濃くなっている。ゆるやかな下りをどんどん下る。植林帯の林の所で、尾根を外れるように、道は下っていて、赤テープもそちらへ向かっているが、この道は梁川駅方面へくだる道だろうと思い、右の尾根上を歩く。これもゆっくり下って行くと、段差のある広場に出た。何かな?と思いながら、先へ行くとどうやら、林道のなれの果ての、林道終点部分だったようだ。いま歩いている部分が林道だが、草ぼうぼうで、一瞬気が付かなかった。一度広いところに出て、前に谷を隔てて車道が見える。方向を変えて南に向かうと、住宅の前に出た。一番上の家は、空家らしく扉の前には物が置いてある。その下の家からは、人が住んでいるようで、車が停まってる。車道は線路沿いの道に当たって、西に向かうと斧窪御前山が線路の向こうに見える。線路をくぐって西に分岐した道を登ると、山の南斜面に家が並んでいる。家の間を登って行くわけにもいかず、線路沿いの道を歩いて行くと、中央線の下り路線はトンネルの中に入って行くところで、道はトンネルの上を通ってさらに西へ向かう。最初に出てきた、細い道は一軒の家に繋がっていたのだが、ここも空き家のようで、この家の裏の藪から尾根を目指して登りはじめる。結構密な笹薮で、一歩一歩がなかなか進まない数十メートルほど登ると、藪は薄くなって、尾根に出た。息を整えて、もう少し登ると、どこからか踏み跡が出てきたので、これを登る。数十分で、山頂の共同アンテナのようなものが見えた。アンテナのある東側に展望がある。先ほど歩いた、綱之上御前山が見える。北に向かう踏み跡を行くと、笹が少しうるさいものの、踏み跡は繋がっている。鞍部に下って登り返すと植林帯になり、分岐のところに、小さな標識板に、寺山→と書いてある。寺山がどこを指すのかわからないのだが、道はそっちのようだ。予定では、真っ直ぐ行った小ピークP494へ寄り道するつもりでいたが、まいいかと思い下り始めたが、やっぱり思い直して、その小ピークに行ってみることにする。ただでさえ短い今回のコースなのだし、時間もたっぷりあるのだからと。ほんの少し登り返し、西の小ピークへ行ってみる。すぐに送電鉄塔が見えてくるし、巡視路だから、道幅も広く安心だ。2つ目の鉄塔の手前が、そのピークらしく、ここにも共同アンテナのようなものがあった。
送電線鉄塔の方へ行ってみると、途中の草の所に、武田牛乳の空き瓶が2本落ちていた!一度ここへ来るのをやめようと思って、から引き返しただけに、牛乳瓶に引き寄せられた感があった(笑)。ここでは、鳥沢の南側の地区が良く見える。少し休んで、先ほどの分岐までもどり、中央道を跨いで登り返すと、ヨソ木山でここにも送電線鉄塔がある。立ち木に巻いてあるテープに山名が書かれていた。日差しが暖かく、気持ちいいのでお茶を飲む。ここを下って登り返すと、送電線が交差した場所に出る。さらに先へ行くと、目の前の山を行く道と、巻き道に分かれる。右に登って尾根の上に出る。送電線鉄塔のところまで来ると、北東側にゴルフ場が広がっている。休んだばかりだが、12時近かったので、ここでパンを食べる。尾根は東と南にあるように感じたが、東側に小さく赤テープがあった。途中、南に向かう尾根を少し下ってしまい、日差しが暑く、あれ?おかしいなと思い、引き返すと、尾根の東側に赤テープが沢山付いているところがあり、見過ごしてしまったようだ。鞍部のところに古い木製電柱が、わざわざ3等分にして、廃棄されていた。ここが大田峠なのかなと思ったのだが、もう少し先に標識と峠道のある場所があった。さらに少し進んだところで、山火事のあとのように、立ち木に燃えた跡があちこちに付いている場所があった。南米沢峠と思われる場所には、赤い大きな祠があって、大野貯水池周辺登山道という標識もあり、登山道として整備されたようだ。ここから、大野貯水池まで、普通の登山道を歩くが、多少急な斜面の上り下りがあり、ロープや階段が設置されているが、山慣れていない人が来そうなコースでは、ちょっと不安を感じるかもしれない。

つづく
訪問者数:243人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ