また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1081396 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走石鎚山

新雪直後、3月の石鎚山(2017)

日程 2017年03月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
1時間30分
合計
7時間40分
S山頂成就駅08:3009:10成就社09:2009:30八丁のコル10:50前社が森11:0011:10夜明峠12:10二の鎖下12:2012:50石鎚山・弥山13:4013:40二の鎖下14:20夜明峠14:40前社が森14:5015:20八丁のコル15:50成就社16:10山頂成就駅16:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
2の鎖、3の鎖は、まだ氷結していて使用不可。巻き道も積雪が多くて鉄の桟橋はほとんど雪の下なので、慎重に歩く必要がある。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

定番の、成就社 遥拝殿からの石鎚山。3月にしては、山頂部はかなり白くなっている。うきうき!
2017年03月11日 09:16撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番の、成就社 遥拝殿からの石鎚山。3月にしては、山頂部はかなり白くなっている。うきうき!
1
成就社の様子。新雪が今週半ばに降ったため、成就社も積雪は20cmほど
2017年03月11日 09:17撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
成就社の様子。新雪が今週半ばに降ったため、成就社も積雪は20cmほど
1
新雪のなかに一筋のトレース。若い3人のパーティがやってきた。
2017年03月11日 10:29撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新雪のなかに一筋のトレース。若い3人のパーティがやってきた。
1
夜明峠に到着。これも定番だが、石鎚山の全景が、バーンと見える。
2017年03月11日 11:21撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明峠に到着。これも定番だが、石鎚山の全景が、バーンと見える。
1
夜明峠からの石鎚山
2017年03月11日 11:21撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明峠からの石鎚山
1
夜明峠から、西の冠山を望む。こちらも新雪をまとって、いい感じ。
2017年03月11日 11:24撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明峠から、西の冠山を望む。こちらも新雪をまとって、いい感じ。
2
石鎚山の全景
2017年03月11日 11:24撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石鎚山の全景
2
夜明峠付近で、けものの足跡。ウサギか?イタチか?
2017年03月11日 11:30撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明峠付近で、けものの足跡。ウサギか?イタチか?
1
新雪に映る木々の影
2017年03月11日 11:30撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新雪に映る木々の影
2
夜明峠から雪道はさらに続く
2017年03月11日 11:32撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明峠から雪道はさらに続く
1
雪の上の、木々の影。不思議な模様を見せていた
2017年03月11日 11:40撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の上の、木々の影。不思議な模様を見せていた
1
瓶が森を遠望する。山頂部の笹原のみ、新雪で白い。
2017年03月11日 11:43撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瓶が森を遠望する。山頂部の笹原のみ、新雪で白い。
2
新雪は夜明峠を過ぎるとさらに深くなったが、トレースがあるので安心。
2017年03月11日 11:43撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新雪は夜明峠を過ぎるとさらに深くなったが、トレースがあるので安心。
2
トレースは深い轍となっている。
2017年03月11日 11:48撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースは深い轍となっている。
1
雪の斜面から、遠く、筒上山、手箱山を望む。
2017年03月11日 11:53撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の斜面から、遠く、筒上山、手箱山を望む。
1
ふかふかした新雪の中、トレースが続いている。積雪量は八丁付近で、50-80cm
2017年03月11日 11:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふかふかした新雪の中、トレースが続いている。積雪量は八丁付近で、50-80cm
1
瓶が森を望む。
2017年03月11日 11:54撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瓶が森を望む。
1
二の鎖下の小屋が近づいてきた。その上は石鎚山山頂(弥山)がそびえている。
2017年03月11日 11:56撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の鎖下の小屋が近づいてきた。その上は石鎚山山頂(弥山)がそびえている。
1
二の鎖下からの巻き道を進む登山者が小さく見えた。
2017年03月11日 11:57撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の鎖下からの巻き道を進む登山者が小さく見えた。
1
二の鎖下の鳥居。2月に来たときより、さらに雪の量は増えている。鳥居の埋もれぐわいからみると、積雪量は1.5mくらいか?
2017年03月11日 12:06撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の鎖下の鳥居。2月に来たときより、さらに雪の量は増えている。鳥居の埋もれぐわいからみると、積雪量は1.5mくらいか?
1
2の鎖下で見つけた、シュカブラ
2017年03月11日 12:06撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2の鎖下で見つけた、シュカブラ
1
二の鎖下にて、下山する登山者
2017年03月11日 12:08撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の鎖下にて、下山する登山者
2
二の鎖下の鳥居は、この写真のように、かなり雪で埋もれていた。
2017年03月11日 12:09撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の鎖下の鳥居は、この写真のように、かなり雪で埋もれていた。
1
巻き道をゆく。夏道は雪の下で、深い雪の中についているトレースを頼りに進む
2017年03月11日 12:30撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道をゆく。夏道は雪の下で、深い雪の中についているトレースを頼りに進む
1
裸木には、今週半ばの雪がぱらぱらと残っており、霧氷と間違えそうだ。
2017年03月11日 12:32撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裸木には、今週半ばの雪がぱらぱらと残っており、霧氷と間違えそうだ。
1
3の鎖手前の巻き道をゆく登山者。この付近は積雪も多く、慎重に進む必要がある。
2017年03月11日 12:42撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3の鎖手前の巻き道をゆく登山者。この付近は積雪も多く、慎重に進む必要がある。
1
クリスマスツリーのような、雪をかぶったモミの木
2017年03月11日 12:45撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリスマスツリーのような、雪をかぶったモミの木
1
頂上直下の巻き道より下界を望む。山肌は雪で白く、まだ冬の様相だが、下界は雪もなく、穏やかな瀬戸内の風景が広がっている。
2017年03月11日 12:45撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下の巻き道より下界を望む。山肌は雪で白く、まだ冬の様相だが、下界は雪もなく、穏やかな瀬戸内の風景が広がっている。
1
石鎚山頂で見られた、岩氷。
2017年03月11日 12:54撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石鎚山頂で見られた、岩氷。
1
定番の、弥山からみた天狗岳
2017年03月11日 12:55撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番の、弥山からみた天狗岳
5
雪化粧した岩肌を前景にして、天狗岳を写してみた。
2017年03月11日 12:55撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪化粧した岩肌を前景にして、天狗岳を写してみた。
1
山頂から望む、瓶が森。瓶が森も山頂部の笹原のみ、雪で白くなっていた。
2017年03月11日 12:55撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から望む、瓶が森。瓶が森も山頂部の笹原のみ、雪で白くなっていた。
1
山頂の石鎚神社のお宮。冬場は、扉も閉まっている。
2017年03月11日 12:58撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の石鎚神社のお宮。冬場は、扉も閉まっている。
1
山頂部の岩についた、岩氷
2017年03月11日 13:02撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部の岩についた、岩氷
1
ズームで写した、瓶が森(中央)と、笹ヶ峰(瓶が森の左奥)
2017年03月11日 12:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズームで写した、瓶が森(中央)と、笹ヶ峰(瓶が森の左奥)
1
山頂から二の森を望む
2017年03月11日 13:01撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から二の森を望む
1
石鎚山の頂上から見る、二の森、鞍瀬の頭、奥に堂が森。真白い姿は2000m以上の山のようにも見える。
2017年03月11日 13:00撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石鎚山の頂上から見る、二の森、鞍瀬の頭、奥に堂が森。真白い姿は2000m以上の山のようにも見える。
1
写真ではわかりにくいが、遠く、大川峰(旧;美川スキー場)も見えた。
2017年03月11日 13:00撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真ではわかりにくいが、遠く、大川峰(旧;美川スキー場)も見えた。
1
これも写真ではほとんどわからないが、目視では、高知県境の「中津明神山」も山頂部の白い姿が見えた。
2017年03月11日 13:01撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも写真ではほとんどわからないが、目視では、高知県境の「中津明神山」も山頂部の白い姿が見えた。
1
山頂部にたむろする登山者。遠く、横浜からきたという人もいた。
2017年03月11日 13:01撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部にたむろする登山者。遠く、横浜からきたという人もいた。
2
巻き道を下る。登った時よりも緊張した。
2017年03月11日 13:42撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道を下る。登った時よりも緊張した。
1
巻き道は、ところどころ、鉄の桟橋も出ていたが、アイゼンの爪が引っ掛かるので、むしろすべて雪に覆われていたほうが、ありがたい。
2017年03月11日 13:45撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道は、ところどころ、鉄の桟橋も出ていたが、アイゼンの爪が引っ掛かるので、むしろすべて雪に覆われていたほうが、ありがたい。
1
夜明峠付近の雪面。
2017年03月11日 13:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明峠付近の雪面。
1
夜明峠付近の感じ
2017年03月11日 14:20撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明峠付近の感じ
1

感想/記録

【山行No 602】

*3月は通常、スギ花粉が飛ぶ季節なので、山歩きは避けているが、
今日は天気も良好。かつ、数日前には寒波がきたので、山には新雪が 
積っていると思い、先月に続き、石鎚山へと向かった。

*予想通り、石鎚山は新雪に覆われて、3月というより2月の厳冬期の様相だった。雪は数日前に降ったばかりなので、ふかふかしていた。
2の鎖からの巻き道は、当日朝にはトレースがついていなかったらしく、
あきらめて下山する人もいたが、自分が登るときには先行の若者がラッセルしてトレースをつけてくれていたので、ラッセルに必要もなく、助かった。

*今日は意外と登山者は少なく、先行者が10人程度、自分より後に5-6人といったところ。山頂でもゆったりできた。

*今回も、登りで4時間以上かかった。さすがに年のせいか?、アイゼンをつけるとスピードが落ちてしまうのが反省点。
訪問者数:1209人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ