また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1081932 全員に公開 雪山ハイキング関東

大菩薩嶺

日程 2017年03月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
丸川峠分岐駐車場。7時半頃到着。ほぼ満車状態でした。車道に雪はありません。
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間15分
休憩
1時間0分
合計
7時間15分
S丸川峠分岐駐車場08:0009:20丸川峠09:2510:50大菩薩嶺頂上10:5511:00雷岩11:1012:10賽の河原12:5013:15大菩薩峠13:50福ちゃん荘15:15丸川峠分岐駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
丸川峠から大菩薩嶺までは雪道。よく締まっていて歩き易かったです。アイゼンは無くても大丈夫だと思いますが、数か所ツルツルに凍結した場所がありました。
その他周辺情報大菩薩の湯。市外からの利用者は3時間610円。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

8時出発。駐車場は満車です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時出発。駐車場は満車です。
丸川荘。9時20分到着。この時間では道はまだ溶け出していませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸川荘。9時20分到着。この時間では道はまだ溶け出していませんでした。
天気が良く風もありません。気持ちの良い雪道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気が良く風もありません。気持ちの良い雪道が続きます。
あれっ?標識が1本増えたかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれっ?標識が1本増えたかな?
雷岩から。この山に登ってこんなに良く富士山が見えるのは初めてです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷岩から。この山に登ってこんなに良く富士山が見えるのは初めてです。
1
南アルプスも良く見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスも良く見えます。
1
賽の河原への稜線。気温は+1度前後。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原への稜線。気温は+1度前後。
富士山を眺めながら歩けるのでいつも雷岩から大菩薩峠方向に歩きます。逆回りだと富士山に背中を向けることになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山を眺めながら歩けるのでいつも雷岩から大菩薩峠方向に歩きます。逆回りだと富士山に背中を向けることになります。
賽の河原の避難小屋。小屋の中で食事をとりました。寒くて外で食事をする気にはなりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原の避難小屋。小屋の中で食事をとりました。寒くて外で食事をする気にはなりません。
1
避難小屋から妙見ノ頭への上り。歩きやすい雪です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋から妙見ノ頭への上り。歩きやすい雪です。
介山荘前。妙見ノ頭からここまではドロドロです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
介山荘前。妙見ノ頭からここまではドロドロです。
福ちゃん荘。介山荘からここまでの道も雪道ですが歩きやすいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福ちゃん荘。介山荘からここまでの道も雪道ですが歩きやすいです。
駐車場到着。上日川峠からの下りはほぼ雪はありませんが、ところどころ凍結した所があります。登山道の道幅が狭く凍結した場所の上を歩かなければならない時は注意が必要です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場到着。上日川峠からの下りはほぼ雪はありませんが、ところどころ凍結した所があります。登山道の道幅が狭く凍結した場所の上を歩かなければならない時は注意が必要です。

感想/記録
by kobo50

丸川峠から大菩薩嶺までの雪道を歩くのが目的で行ってきました。天気が良く風も無かったため楽しく歩くことができました。
雪はまだ腐っていません。程よく締まっていて静かな山の中で"ギュッツ、ギュッツ"と雪を踏みしめる音だけを聴きながら歩く事ができました。所どころ凍結した場所もあったためモンベルのスノースパイク位を装備した方が安心だと思いました。
アイゼンを持って行きましたが結局は使いませんでした。アイゼンを持っていくかスノースパイクを持っていくか、それとも2つ持って行って現場でどっちを使うか決めるか?重量を考えたら2つ持って行くという選択はないよな。
稜線上の気温は+1度前後。風があったら厳しい状況になると思われます。山小屋は営業していないため食事は避難小屋でとることになると思います。
訪問者数:226人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

アイゼン 避難小屋 ノ頭
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ