また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1081955 全員に公開 雪山ハイキング霊仙・伊吹・藤原

藤原岳〈春山のような…〉

日程 2017年03月11日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー20人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
・駐車場-藤原岳大貝戸登山口駐車場
・藤原休憩所-トイレ、洗い場あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間5分
休憩
30分
合計
4時間35分
S藤原岳大貝戸休憩所10:0511:00藤原岳表登山道五合目11:0111:51藤原岳八合目11:5312:08藤原岳九合目12:34藤原山荘12:4913:06藤原岳13:1713:37藤原山荘13:50藤原岳九合目13:55藤原岳八合目13:5614:17藤原岳表登山道五合目14:40藤原岳大貝戸休憩所14:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・登山ポスト-登山口
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

表道大貝戸登山口を出発します。
2017年03月11日 10:06撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表道大貝戸登山口を出発します。
2
7合目付近登山道、ここでアイゼンを装着。
2017年03月11日 11:24撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7合目付近登山道、ここでアイゼンを装着。
8合目表・裏道合流点、。
2017年03月11日 11:51撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目表・裏道合流点、。
8.5合目付近。真っ白な伊吹山と左に御池山。
2017年03月11日 11:58撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8.5合目付近。真っ白な伊吹山と左に御池山。
2
9合目に到着。
2017年03月11日 12:04撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9合目に到着。
1
9合目からの視界。
2017年03月11日 12:05撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9合目からの視界。
1
9合目からの視界。
2017年03月11日 12:05撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9合目からの視界。
2
藤原山荘はもう直ぐ。
2017年03月11日 12:30撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原山荘はもう直ぐ。
藤原山荘直前にて。
2017年03月11日 12:30撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原山荘直前にて。
1
藤原山荘直前にて。
2017年03月11日 12:30撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原山荘直前にて。
2
藤原山荘に到着。
山荘の中で昼食と休憩。
2017年03月11日 12:33撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原山荘に到着。
山荘の中で昼食と休憩。
藤原山荘から見る藤原岳山頂。
2017年03月11日 12:33撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原山荘から見る藤原岳山頂。
1
藤原岳山頂にて。
御在所ヶ岳まで続く鈴鹿の山脈。
2017年03月11日 13:07撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳山頂にて。
御在所ヶ岳まで続く鈴鹿の山脈。
5
藤原岳山頂にて。
御池岳。
2017年03月11日 13:07撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳山頂にて。
御池岳。
5
藤原岳山頂にて。
藤原山荘。
2017年03月11日 13:08撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳山頂にて。
藤原山荘。
1
藤原岳山頂にて。
先着隊の記念撮影。
2017年03月11日 13:13撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳山頂にて。
先着隊の記念撮影。
12
藤原岳山頂にて。
藤原岳から北に伸びる稜線、天狗岩と御池岳。
2017年03月11日 13:16撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳山頂にて。
藤原岳から北に伸びる稜線、天狗岩と御池岳。
藤原岳山頂にて。
白銀に輝く伊吹山。
2017年03月11日 13:16撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳山頂にて。
白銀に輝く伊吹山。
1
藤原岳山頂にて。
鈴鹿の山脈をUP。
2017年03月11日 13:17撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳山頂にて。
鈴鹿の山脈をUP。
2
藤原岳山頂から下山する。
2017年03月11日 13:25撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳山頂から下山する。
2
藤原岳山頂から下山。
2017年03月11日 13:26撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳山頂から下山。
藤原岳山頂から下山。
2017年03月11日 13:26撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳山頂から下山。
2
撮影機材:

感想/記録

藤原岳は鈴鹿国定公園の三重県いなべ市と滋賀県東近江市との境界にある標高1,144mの山。鈴鹿山脈の北部に位置し日本三百名山、また周辺はフクジュソウやセツブンソウなどの群生地で花の百名山に選定されている。
三重県側のいなべ市には、表道と裏道の登山道があり、両道は八合目で合流する。今回の藤原岳山行コースは3/8の下見の結果、表道・大貝戸登山口からのピストンとなった。

大阪を7:30に出発し約2時間で登山口に到着する。今回の藤原岳雪山ハイクは総勢21名の団体登山となり足の強い人、弱い人といるので2グループに分けて、それぞれの歩測で歩くことにした。
登山口から藤原岳山頂方面は見上げるとそそり立って見えるが、九十九折のジグザグ道はきれいに整備され、八合目合流点までは比較的に登り易い。ただ、六合目を過ぎると山道の雪が踏み固められ凍っているので滑り易くアイゼンを早めに装着する。

八合目から山頂までは新雪もあり雪が多く、急坂が連続するのでゆっくりと登ることになる。
九合目付近の尾根は見晴らしが良く、眼下に藤原の集落が拡がり、南側の尾根斜面には太平洋セメント藤原鉱山の一部が垣間見られる。
登山口から約2時間半、12:30頃藤原山荘に到着する。山頂近くのこの山荘は現在、避難小屋となっているが山頂周辺は昔日の藤原スキー場の面影が今も残っている。

山荘で昼食と休憩を取り、目の前にある藤原岳山頂を目指す。山荘から山頂までは20分ほどで登ることができる。
山頂は比較的平坦であり、山頂及びその北西にある標高1,171mの天狗岩は展望地となっている。
山頂からは南に竜ヶ岳、釈迦ヶ岳、御在所ヶ岳が連なる雪の鈴鹿山脈の山々を望むことができる。
北側に御池岳や銀色に輝く冠雪の伊吹山を遠望でき感動する。

それでも春の訪れとともに着実に雪は減少し、雪を載せた山脈が白色から鈍色に刻々と変化するのを感じる。
3日前は冬山だったが今日は春山のように感じだ。
上空では冷気と暖気が激しく鬩ぎ遭う移ろいの季節でもある。

それでも雲が空を覆い陽射しが消えると冷たい風が頬を打つ。
身体も冷えて自然と歩速が早まり下山の山道を急ぐ。
帰り道の九合目付近でフクジュソウを探すが今回も、見ることができず残念だ。

14:40無事、大貝戸登山口に到着する。
ただ先発隊のみがこの時間に下山したが、後続部隊は16:00計画通りの時間に到着することになる。例年は雪解け水でドロドロの登山道になってしまうことで有名な藤原岳ですが、今年は雪が多く踏み固められて靴も汚れませんが、登山口の休憩所にある靴洗い場には助かりました。
登山帰りの車中はビールやお酒で盛り上がり賑やかで楽しい道中になりました。
次回の4月の雨乞岳縦走バスハイクが楽しみですね。
訪問者数:478人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ