また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1087113 全員に公開 トレイルラン京都・北摂

京都一周トレイル二ノ瀬~桂

日程 2017年03月18日(土) [日帰り]
メンバー
 d015295(写真)
天候晴れのち曇り 天気予報は快晴だったのに。 魑魅魍魎な天候でした。
アクセス
利用交通機関
電車
叡電二ノ瀬駅

JR桂駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
清滝〜のコースタイムポイントが全然分かりません。
山の家はせがわのタイムはあとで更新します。
コース状況/
危険箇所等
全く問題なし。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス
備考 レイヤリング:上ファイントラックスキンメッシュT
マムートの夏用速乾性シャツ
モンベルクリマプラス100 防寒、朝用
モンベルULストレッチウインドシェル 防風、防寒
下モンベルリッジラインパンツ

写真

しゅっぱ〜〜つ! 今日もいい天気♫(長丁場が予想されていたためこんなに気分は爽やかではありません。
2017年03月18日 07:22撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しゅっぱ〜〜つ! 今日もいい天気♫(長丁場が予想されていたためこんなに気分は爽やかではありません。
叡山電車で一路二ノ瀬へ。
2017年03月18日 07:55撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
叡山電車で一路二ノ瀬へ。
さ〜〜さ〜行くぞ。
2017年03月18日 08:33撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さ〜〜さ〜行くぞ。
あれが夜泣峠かな?
2017年03月18日 08:36撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが夜泣峠かな?
いきなり階段。辛い( ; ; )
2017年03月18日 08:39撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり階段。辛い( ; ; )
でも一気に夜泣峠まで上がりました。
2017年03月18日 08:55撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも一気に夜泣峠まで上がりました。
勿論向山ルートで。
2017年03月18日 08:55撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勿論向山ルートで。
ナントカ橋。
2017年03月18日 09:26撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナントカ橋。
綺麗な沢!夏なら泳ぎたーい。w
2017年03月18日 09:27撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な沢!夏なら泳ぎたーい。w
ここが旧ルートとの合流点。
2017年03月18日 09:29撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが旧ルートとの合流点。
小峠までは辛ーーーーーーーい登り。
整然と並ぶ北山杉
2017年03月18日 09:53撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小峠までは辛ーーーーーーーい登り。
整然と並ぶ北山杉
小峠。今回の行程で一番大きな登りかな。
2017年03月18日 10:02撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小峠。今回の行程で一番大きな登りかな。
小峠を過ぎて平坦な杉道を行くと…
2017年03月18日 10:03撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小峠を過ぎて平坦な杉道を行くと…
集落に出た!氷室です。
2017年03月18日 10:04撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
集落に出た!氷室です。
何という綺麗に並んだ杉でありましょうか。
2017年03月18日 10:06撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何という綺麗に並んだ杉でありましょうか。
集落を過ぎると車道歩き。
2017年03月18日 10:22撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
集落を過ぎると車道歩き。
ここで分岐があります。標識はありません。迷った末車道を選択。それが正しいです。
2017年03月18日 10:26撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで分岐があります。標識はありません。迷った末車道を選択。それが正しいです。
67-1ここで二手に分かれます。山の家はせがわ方面へ。
2017年03月18日 10:30撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
67-1ここで二手に分かれます。山の家はせがわ方面へ。
お地蔵さん。
2017年03月18日 11:07撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵さん。
長い車道歩きを経て沢の池に出ました。
2017年03月18日 11:22撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い車道歩きを経て沢の池に出ました。
良いとこです。
2017年03月18日 11:23撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良いとこです。
世界一小さい島w
2017年03月18日 11:37撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
世界一小さい島w
なかなか良い、お気に入りの一枚。
2017年03月18日 11:37撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか良い、お気に入りの一枚。
分岐が多いですが、標識があるので大丈夫です。
2017年03月18日 11:45撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐が多いですが、標識があるので大丈夫です。
超絶快適な山道w
2017年03月18日 11:46撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
超絶快適な山道w
((((;゜Д゜)))))))((((;゜Д゜)))))))林業関係者の苦労が伺えます。
2017年03月18日 12:01撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
((((;゜Д゜)))))))((((;゜Д゜)))))))林業関係者の苦労が伺えます。
沢の池から下ると車道になって…
2017年03月18日 12:10撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の池から下ると車道になって…
高尾に出た!
2017年03月18日 12:14撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾に出た!
でもすぐ林道歩きになって…
2017年03月18日 12:35撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもすぐ林道歩きになって…
川沿いの道に。ここから清滝まで結構ありますが、慢性的に疲れて写真ナシ。
2017年03月18日 12:50撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川沿いの道に。ここから清滝まで結構ありますが、慢性的に疲れて写真ナシ。
やっと清滝。
2017年03月18日 13:08撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと清滝。
寂しい…ここで叡山電車で同じ車両に乗っていて、同じく二ノ瀬で降りられた方と再会。
2017年03月18日 13:09撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寂しい…ここで叡山電車で同じ車両に乗っていて、同じく二ノ瀬で降りられた方と再会。
あ〜一番撮り忘れました〜泣
2017年03月18日 13:26撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ〜一番撮り忘れました〜泣
展望良の方には行かず。
2017年03月18日 13:45撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望良の方には行かず。
車道歩きが続いて、
2017年03月18日 13:51撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道歩きが続いて、
ウゲーーーーーーーー下り。車道の下りが一番辛い( ; ; )
2017年03月18日 13:58撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウゲーーーーーーーー下り。車道の下りが一番辛い( ; ; )
きたー〜♪───O(≧∇≦)O────♪
2017年03月18日 14:13撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きたー〜♪───O(≧∇≦)O────♪
この辺ルートが複雑です。
2017年03月18日 14:25撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺ルートが複雑です。
渡月橋の上。
2017年03月18日 14:38撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡月橋の上。
よく見る光景でしょ?
2017年03月18日 14:40撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見る光景でしょ?
こんなとこから入ります。
2017年03月18日 14:52撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなとこから入ります。
きついーー最後の急登。
2017年03月18日 14:54撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きついーー最後の急登。
「ちょっとピンボケ。」ロバート・d015295
2017年03月18日 15:00撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ちょっとピンボケ。」ロバート・d015295
松尾山には行かず。
2017年03月18日 15:07撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松尾山には行かず。
疲れて発狂しそうになりながら最後の道のり。
2017年03月18日 15:27撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れて発狂しそうになりながら最後の道のり。
降りてきたーーーーー!!!!(☝ ՞ਊ ՞)☝
2017年03月18日 15:36撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきたーーーーー!!!!(☝ ՞ਊ ՞)☝
でもここからお金節約にためにJRまで歩きました。これが一番辛かった。写真ナシ。
2017年03月18日 15:51撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもここからお金節約にためにJRまで歩きました。これが一番辛かった。写真ナシ。
お疲れ〜( ̄+ー ̄)
2017年03月18日 17:30撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ〜( ̄+ー ̄)
撮影機材:

感想/記録

グレートトラバースの田中陽希さんに魅せられてVol.2で〜〜す(☝ ՞ਊ ՞)☝
さ〜〜さ〜今回は歩きましたよ〜。発狂しそうなほど疲れました(←大袈裟w)

まあ京都一周トレイルの北山西部は歩いたことなかったし、ファストスタイルで
思っているより歩ける(走れる)ことが分かって来ましたので、ノリに乗って
今まででは考えもしなかったアホみたいな長丁場を計画しました〜(*´ー`*)

ルート説明からしますと、自分は普通の登山は毎週末割と登っている方かなと
思いますし、平日時々何かトチ狂って走ったりもしてますw
無雪の一般登山に関して言うと、自分で言うのもアレですが、
まあまあ登れるんじゃないかなと自負しています。まあ、年齢的にも
まだ体力無いと困りますんでね^^
でもトレランとかそういう類のものに関してはまっっったくの初心者です。
トレーニングで山を走ることはありましたのである程度はって感じだと思いますが

ではパートごとの説明をしておきます。
二ノ瀬ー夜泣峠間
九十九折のちょっと急登です。最初に階段が現れますが、長くは続きません。
道としては、お世辞にも良い道とは言い難いですがルートミスはまず
しないだろうと思いますし、危険箇所はありません。
夜泣峠ー向山間
新ルートです。基本的に穏やかな登りです。急登があっても続きません。
向山ー国道38号間
最初は穏やかな下りです。ここで時間を稼がないと桂までは行けないでしょう。
僕たちも結構走りました。まあトレランの方は頼まれたって歩かないでしょうがw
その後少し傾斜が急になります。僕たちは先が長いので慎重に歩きました。
国道38号ー小峠間
下界を少し歩くと林に入り、程なく急登が始まります。僕たちは
じっくり登りました。結構きついですが短いです。小峠は下から見ると、
綺麗なアーチを描いていて均整がとれています。
小峠を過ぎると程なく氷室という集落へ。アップダウンナシ。
氷室ー72-1間
最初は集落の合間をぬった車道を歩きます。そこから林に入り(車道)登りに、
ナントカ峠を過ぎて下ると72-1です。
・ここで注意。ナントカ峠から下る途中左手に入って行く山道があります。
標識はありません。車道が正解です。
72-1からは山の家はせがわ方面を選択。
山の家はせがわに着くと、そこから車道を直進するのではなく曲がって
はせがわの横を突っ切って奥の林に入ります。僕らはここでルートミス。
その奥は暗い谷道です。
〜沢の池
快適な歩きが続きます。なかなか飛ばせるでしょう。特に言うことなしです。
その後車道に出ます。ある程度の距離を歩くと沢の池。
沢の池ー高尾間
最初ちょっと進んでそれから下りになります。
若干きつめの下りを僕の体感では少し長い距離を下ったらまたまた車道に出ます。
それを下ると高尾です。
高尾ー清滝間
林道をだらだらダラダラズーーーっと歩きます。正直慢性的に疲れて辛かったです。
清滝ー嵐山間
きつい車道の登りからの下りで下ると嵐山の外れに出ます。標識に従って
しっかり進むと着きます。
嵐山
人の多い市街地を歩きます。僕は慣れているのでフラフラしましたので
最後の登り口が分かりにくかったです。標識通りに進めばすんなり行けるのかな?
最後の登り
かなり急です。長丁場をこなした後の足に答えます。竹林の間の広い砂利道です。
32〜最後
普通の尾根道&UPdownが少しあります。ちょっと疲れますが程なく竹林に入り
すぐ道に出ます。
その後
阪急上桂駅をお勧めします。JR遠過ぎ。

感想
記録をあげるのが遅れました。この時は精一杯歩く&走りました。
初めての長丁場できつかったけど達成感はありました。
荷物と足回りが軽いとこんなに動けるんだと思いました。
新たな領域に足を踏み入れて行く感じです。(そんな大袈裟な…)
訪問者数:168人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 林道 サル 地蔵 下界
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ