また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1092653 全員に公開 雪山ハイキング霊仙・伊吹・藤原

再び木和田尾へ:歩みの遅い春の花を求めて

日程 2017年03月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
【気温】巡視路入口:3℃  頭陀ヶ平:7℃  登山口に下山:10℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
関ケ原IC→R365→山口地区の簡易パーキング・ふじわらを利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間32分
休憩
2時間43分
合計
9時間15分
S簡易パーキングふじわら06:4006:53No205巡視路入口07:56子向井山08:0408:30R201鉄塔08:3308:46白瀬峠(白船峠)・藤原岳分岐08:5209:45頭陀ヶ平10:0510:25福寿草の斜面11:1511:36頭陀ヶ平11:59白瀬峠分岐12:3512:45坂本谷13:2513:39R201鉄塔15:35白瀬峠登山口15:55簡易パーキングふじわらG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
_屬鮹気靴討Δ蹐弔い浸間も含みます。
花の観賞エリアは登山道から外れる為、ルート上から
 削除してあります。

【木和田尾】
,發Ε▲ぅ璽鵑皀錺ンも不要な雪質かと思いますが、
 谷側北面は700m辺り、尾根筋は900m辺りから残雪も多くなります。
⊃憩擦盖貽擦皀疋薀い幣態で気持ちよく歩けました。

【福寿草】
頭陀ヶ平:やっと蕾が顔を出し始め、花の数も少ない状態で
     楽しむにはまだ2週間ほどかかりそうです。
坂本谷:気温の上昇と共に、日に日に数が増えると思います。
    楽しみな時期がやってきました。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

藤原岳は今日も賑わうだろうな。
2017年03月25日 06:41撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳は今日も賑わうだろうな。
3
【木和田尾・新道】
小谷を離れ、岩ゴロの斜面をNo.205へトラバース。
2017年03月25日 07:08撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【木和田尾・新道】
小谷を離れ、岩ゴロの斜面をNo.205へトラバース。
1
定番:No.204鉄塔からの伊吹山。今日も天気に恵まれそうだ。
2017年03月25日 07:32撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番:No.204鉄塔からの伊吹山。今日も天気に恵まれそうだ。
11
共存共栄。
2017年03月25日 07:44撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
共存共栄。
2
「子向井山」
展望もなく、地味なピークだけど、なぜか落ち着くんだな〜。
2017年03月25日 08:00撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「子向井山」
展望もなく、地味なピークだけど、なぜか落ち着くんだな〜。
5
馬酔木もまだ、この程度。
2017年03月25日 08:02撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木もまだ、この程度。
5
雪も融け、ヌタ場が現れた。
2017年03月25日 08:20撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪も融け、ヌタ場が現れた。
3
R201鉄塔から望む霊仙山と伊吹山。
2017年03月25日 08:26撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
R201鉄塔から望む霊仙山と伊吹山。
5
【木和田尾】
2017年03月25日 08:32撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【木和田尾】
坂本谷の文字がマスクされた分岐道標。
2017年03月25日 08:49撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂本谷の文字がマスクされた分岐道標。
4
L203鉄塔からの展望。
2017年03月25日 09:02撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
L203鉄塔からの展望。
5
尾根が広がると残雪もたっぷり。
2017年03月25日 09:09撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根が広がると残雪もたっぷり。
3
さあー、県境稜線のL201鉄塔まで直登だ。
2017年03月25日 09:22撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあー、県境稜線のL201鉄塔まで直登だ。
3
大きなツリーホール。
2017年03月25日 09:27撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなツリーホール。
3
【頭陀ヶ平】
能郷白山
2017年03月25日 10:00撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【頭陀ヶ平】
能郷白山
8
両白山地:能郷白山-白山
2017年03月25日 10:01撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両白山地:能郷白山-白山
3
白倉岳-金糞岳-伊吹山、右は伊吹山地・北尾根-国見岳方面かな?
2017年03月25日 10:01撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白倉岳-金糞岳-伊吹山、右は伊吹山地・北尾根-国見岳方面かな?
10
霊仙山、伊吹山の揃い踏み。
2017年03月25日 10:01撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山、伊吹山の揃い踏み。
4
R198鉄塔と三角点。(三角点名:坂本村 )
2017年03月25日 10:02撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
R198鉄塔と三角点。(三角点名:坂本村 )
4
【鉄の平付近】
竜-雨乞-綿向を一望。
2017年03月25日 10:25撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鉄の平付近】
竜-雨乞-綿向を一望。
6
目前に土倉岳、東ボタンブチ方面を望む。
2017年03月25日 10:28撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目前に土倉岳、東ボタンブチ方面を望む。
4
【福寿草の斜面】
大きく開いた花もありました。
2017年03月25日 10:52撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【福寿草の斜面】
大きく開いた花もありました。
8
もう少しかかりそうだね。
2017年03月25日 10:53撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しかかりそうだね。
5
まだ、大半がこんな状況です。
2017年03月25日 10:56撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ、大半がこんな状況です。
4
蕾はいっぱい、今年も群生が期待できそうだ。
2017年03月25日 11:02撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕾はいっぱい、今年も群生が期待できそうだ。
6
2週間ほど先を楽しみにして、斜面を戻ろう。
2017年03月25日 11:04撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2週間ほど先を楽しみにして、斜面を戻ろう。
5
斜面の雪はいつになったら消えるんだろう?
2017年03月25日 11:09撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面の雪はいつになったら消えるんだろう?
3
「枝尾根からの展望」
竜ヶ岳へ延びる県境稜線と、御在所岳-雨乞岳を展望。
2017年03月25日 11:24撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「枝尾根からの展望」
竜ヶ岳へ延びる県境稜線と、御在所岳-雨乞岳を展望。
3
竜ヶ岳、御在所岳方面をズーム。
2017年03月25日 11:25撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳、御在所岳方面をズーム。
8
天狗岩のピーク。
2017年03月25日 11:25撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩のピーク。
3
【頭陀ヶ平】
東ボタンブチから鈴北岳まで一望。
2017年03月25日 11:36撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【頭陀ヶ平】
東ボタンブチから鈴北岳まで一望。
5
【木和田尾】
白瀬峠分岐の倒木ベンチで昼食。
2017年03月25日 11:57撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【木和田尾】
白瀬峠分岐の倒木ベンチで昼食。
3
快適な尾根。
2017年03月25日 12:22撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な尾根。
5
【坂本谷】
ネコノメソウ
2017年03月25日 12:45撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【坂本谷】
ネコノメソウ
4
おお―、鮮やか。
2017年03月25日 12:51撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお―、鮮やか。
7
カルテット。
2017年03月25日 12:52撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カルテット。
7
パラボナアンテナ。
2017年03月25日 12:53撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パラボナアンテナ。
5
登山道だった頃の名残。
2017年03月25日 12:54撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道だった頃の名残。
2
陽射しを受けてピッカピカ。
2017年03月25日 12:54撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽射しを受けてピッカピカ。
7
成長の変化をご覧下さい。
2017年03月25日 12:57撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
成長の変化をご覧下さい。
6
三人兄弟。
2017年03月25日 13:00撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三人兄弟。
7
見頃が待ち遠しいな〜。
2017年03月25日 13:01撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見頃が待ち遠しいな〜。
5
陽射しに向かって。
2017年03月25日 13:03撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽射しに向かって。
3
多くの仲間と。
2017年03月25日 13:06撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多くの仲間と。
3
セツブンソウ
2017年03月25日 13:14撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セツブンソウ
8
マルミノウルシ:1
2017年03月25日 13:17撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルミノウルシ:1
5
マルミノウルシ:2
2017年03月25日 13:25撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルミノウルシ:2
3
【木和田尾・旧道】
群生地は何処だ?
2017年03月25日 14:05撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【木和田尾・旧道】
群生地は何処だ?
6
どんどん崩壊が進んでいるようだ。
2017年03月25日 14:19撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん崩壊が進んでいるようだ。
2
ミスミソウ:1
2017年03月25日 15:26撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミスミソウ:1
11
ミスミソウ:2
2017年03月25日 15:28撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミスミソウ:2
6
薄ピンクの花。ミスミソウ? スハマソウ?
2017年03月25日 15:29撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄ピンクの花。ミスミソウ? スハマソウ?
5
下山終了。
2017年03月25日 14:59撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山終了。
2
【冷川林道】
ミヤマカタバミ
2017年03月25日 15:42撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【冷川林道】
ミヤマカタバミ
3
あちこちで見られます。
2017年03月25日 15:06撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちこちで見られます。
3
【帰路】
上石津町一ノ瀬の河津桜。
2017年03月25日 16:48撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【帰路】
上石津町一ノ瀬の河津桜。
6
桜並木。
2017年03月25日 16:52撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜並木。
6
撮影機材:

感想/記録

今年はなかなか気温が上がらず、春は足踏み状態が続くが、
あれから2週間が過ぎ、雪融けは進んだろうか?
福寿草の開花状況が気になるので、再び木和田尾へ向かおう。

関ヶ原ICからいなべ市に入るとすっかり明るくなった鈴鹿の山並みが
目に入ってくるが、眺める稜線にはまだまだ雪は多そうだ。
これでは福寿草の群落はまだ無理かな?

簡易パーキングから藤原岳の白い鼻先を見ながら巡視路入口へ向かう。
足元に咲き始めたミヤマカタバミを確認して、いつものように巡視路から
木和田尾へ入る。
ドライな道でNo.204鉄塔に上がると、今日も伊吹山〜白山が眺められ
巡視路からの展望を約束してくれた。

谷間の雪はすっかり融け春の到来を感じさせるが、周りの馬酔木には
まだ赤い蕾さえも見られなかった。
風も無く暑さを覚えるような陽気の中、傾斜が緩んだ子向井山で
一息入れる。
展望もなく馬酔木に囲まれた地味なピークだが、落ち着いた雰囲気で
好きな場所の一つだ。

馬酔木の茂みをくぐり、疎林の明るい尾根で徐々に高度を上げると
やがて左にヌタ場が現れ、右から合流する旧道の尾根が近づくと、
まもなくしてR201鉄塔となる。
疎林の間から鉄塔の建つ台地に出て、周囲に広がる好展望を楽しみ
主尾根に入る。

谷の雪はまだまだ多そうだが尾根芯からは雪が消え、凍った霜柱が
地面を硬くしている。
「坂本谷」の文字がテープで隠された分岐道標から直接稜線へ向かう。

広い斜面から明確な尾根に変わり、L203鉄塔に立つと更に展望が広がる。
鞍掛尾根の奥に比良山系、雪が減った霊仙、伊吹、そして一際大きな山は
能郷白山・白山。残念ながら乗鞍〜御岳方面は望めないが
今回も素晴らしい展望だ。

L203鉄塔の尾根を詰めると、右手の尾根に乗り換える(?)ように
コースは右折するがここからは一転して雪山に変わった。
豊富な残雪に覆われた急斜面にステップを切りながら、一気の直登で
頭陀ヶ平に登りつめる。

予定通りの時間で到着できたので、安心して展望を楽しんでいると
藤原方面から登山者が現れた。
挨拶の後、大貝戸の福寿草の状況を確認するとまだまだのようだ。
それで、ここまで足を延したとの事。
彼らと時間を前後して福寿草の斜面へ向かうと、2週間前と変わらず
一面雪に覆われたままだった。
なかば諦めながら斜面を下るとやがて現れた地面から、
目当ての福寿草がチラホラと見つかる。

まだまだ数は少ないが、先日より多くの花や蕾が顔を出し、
時期が来れば(まだ2週間ほど先かな?)群落を期待できるだろう。
そんな状況を確認して、数少ない花を探しながら雪の斜面を戻る。

往路を戻り白瀬峠分岐の倒木ベンチでゆっくりと食事を摂り、
寛いだ後は福寿草を求めて坂本谷へ下る。
石灰岩の集まる陽当りの良い急斜面を慎重に下ると、
咲いてる、咲いてる!
一面に咲き誇る時期にはまだ早そうだが、楽しむには充分な数だ。
蕾を踏まないように注意しながら、鮮やかな黄を求めて斜面を
行ったり来たり。艶やかな花弁を大きく広げたり、
仲間と寄り添って咲いたりと様々な福寿草を楽しんで谷から離れる。

花を求めての山行も次はセツブンソウだ。
目当ての場所を眺めると雪も融け地肌が見えているので
早速寄ってみるが、なかなか見つからない。
枯葉に覆われた茶色の斜面に目を凝らしてやっと数輪を見つけるが
群生には程遠い。場所が違うのか、群生地はまだ雪なのか?
まあ、なんとか見つかったので良しとしよう。

ますます進む崩壊地のヘリを過ぎ、荒れた谷筋を右岸から捲き終え
左岸に戻ると、やがて左下に冷川林道が見えると旧道も終わり
白瀬峠登山口に下山終了だ。

白瀬峠分岐で出逢った長靴の女性と一緒に冷川林道まで
下り、ミヤマカタバミの写真を撮っていると一台の車が止まり、
旧道でミスミソウを見たと言う。図々しくも教えてもらった場所へ
戻り探してみるがなかなか見つからず、諦めて戻りかけたところで
偶然発見できた。

花を探して道草?したおかげで時間も遅くなったが、ずいぶん日も
長くなったおかげで、余裕をもって駐車地へ戻ることができた。

【思ったより雪融けが遅れ、春まだ浅い感じのなか、期待した福寿草の
群生には程遠かったが、春を告げるいろいろな花に出逢え、
時間をかけて探し歩いた甲斐があった一日だった。】
訪問者数:305人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/27
投稿数: 4331
2017/3/26 18:26
 春間近
onetotaniさん、こんにちは。

鈴鹿北部も、いよいよ春の気配が近づいてきたようですね。
雪はまだまだ残っているようですが、春の花たちの出番になったようです

福寿草に節分草、ようやく春が来た!と実感できる花たちです。
私も、花を求めて、いろいろな山を彷徨いたいです
登録日: 2010/12/28
投稿数: 2260
2017/3/26 18:50
 Re: 春間近
totokさん 今晩は。

まだ早いだろうとは思いましたが、我慢できずに福寿草の
開花状況を見に行ってきました。
予想通り一面に咲き乱れる見頃には程遠い状態でしたが、
春の花と雪山を合わせて楽しむ事が出来、ある意味いいタイミングでした。

藤原岳方面は賑わったと思いますが、こちらはほぼ独占状態で、
ゆっくり時間を気にせず、探し回ることが出来ました。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5835
2017/3/27 18:33
 onetotaniさん、こんにちは。
今回、ご一緒できず、申し訳ございませんでした。
土曜日の選択は、間違ってなかったようで
安心しました。

大貝戸からのルートだけでは
味わえない、藤原岳の奥深さですね。
斜面一面が、黄色に染まる様子を
ぜひ、見てみたいものです。
ピークまで、まだ数日かかりそうとの情報
ありがとうございます。

この日は、遠望もバツグンですね。
大きな白山、とてもきれいです。
登録日: 2010/12/28
投稿数: 2260
2017/3/27 20:00
 Re: onetotaniさん、こんにちは。
komakiさん 今晩は。

信州方面の展望は残念でしたが、北陸・近畿方面の展望は良く
期待通りの眺望が得られました。

早春を彩るいろいろな花を見ることができましたが、福寿草の見頃は
まだまだ先になりそうで、4月中旬辺りまでチャンスがありそうです。

それでも木和田尾の花、頭陀ヶ平の雪山の両方を楽しめた一日でした。
登録日: 2012/6/23
投稿数: 2473
2017/3/28 12:41
 春が近くまで
onetotaniさん
こんにちは
遅コメにて失礼いたします
ようやく鈴鹿にも春が近くまでやってきた感じですね。
黄色に白に色々なお花たちが待ってましたと咲き誇ってますね。
ピークはまだとのことなので一度お邪魔しようかと思いますが、この間のウォークで右足痛め間に合うか?(泣)
登録日: 2010/12/28
投稿数: 2260
2017/3/28 21:50
 Re: 春が近くまで
kazu97さん 今晩は。
先日はガイドのお役目、ご苦労様でした。

記録的な大雪、なかなか気温が上がらない3月。
それでもゆっくりゆっくり季節は進んでいますね。
おかげでもうしばらく、春山と雪山を合わせて楽しめそうです。

春が足踏み状態の今年は、4月の中旬を過ぎても福寿草が楽しめそうです。
足の回復を待ってお出かけ下さい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ