また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1093276 全員に公開 雪山ハイキング 槍・穂高・乗鞍

ぎふ百山・積雪期限定・飛騨の「埋蔵金伝説の桑崎山」(夕顔の駅〜)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2017年03月25日(土) [日帰り]
メンバー
 1945my(SL)
, その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
天蓋山登山口近くの夕顔の駅(冬季により無人)の駐車場を利用、

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間51分
休憩
26分
合計
8時間17分
Sスタート地点07:4509:25尾根取付き(登山口)09:2613:05桑崎山13:3014:50尾根取付き(登山口)16:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
13:05桑崎山
コース状況/
危険箇所等
通常は登山口(尾根取付き)から登り始めですが、今回は積雪が例年に比べて多く登山口の林道まで除雪されてなく、片道3.1kmの積雪の林道を登山口まで踏み抜きが有り、ワカンで登山口まで約1時間40分の歩き。
登山口からは樹林帯の尾根に取付き、途中から樹林帯を抜け急登の尾根に出合い、積雪は多くまだ締っていなく、頂上までは急登で踏み跡の無い、膝上のラッセルが始まりました、帰りは気温の上昇も有り大半が踏み抜き状態で最悪でした。踏み抜きで疲れた後は長い雪の林道歩きが有り、体力勝負の雪山でした。
※駐車場から登山口までの林道には無数の雪崩要注意箇所(崩落亀裂)が有り近づかない様に避けて通過の事。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

冬季無人の夕顔の駅に駐車させて頂きました
2017年03月25日 07:47撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季無人の夕顔の駅に駐車させて頂きました
4
此処から林道歩きの始まり、約1時間30分
2017年03月25日 07:47撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処から林道歩きの始まり、約1時間30分
1
今回のメンバー
2017年03月25日 07:48撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のメンバー
1
天蓋山の登山口駐車場は深い積雪で入れません
2017年03月25日 07:48撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天蓋山の登山口駐車場は深い積雪で入れません
2
雪崩の危険がある林道
2017年03月25日 07:51撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪崩の危険がある林道
3
林道の上部には落ちそうな雪塊
2017年03月25日 07:59撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の上部には落ちそうな雪塊
3
長い積雪の林道、踏み抜きによりワカン装着で歩きます
2017年03月25日 08:00撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い積雪の林道、踏み抜きによりワカン装着で歩きます
1
林道の周りの様子
2017年03月25日 08:16撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の周りの様子
3
広い雪原
2017年03月25日 08:27撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い雪原
2
最近の踏み跡、我々と違う方向に
2017年03月25日 08:38撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近の踏み跡、我々と違う方向に
4
途中から踏み跡もなくなります
2017年03月25日 08:42撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から踏み跡もなくなります
2
雪崩に注意の林道上部、速やかに通過します
2017年03月25日 09:10撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪崩に注意の林道上部、速やかに通過します
3
樹林帯の尾根の様子
2017年03月25日 09:53撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の尾根の様子
1
登り途中に御嶽山が微かに
2017年03月25日 10:34撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り途中に御嶽山が微かに
1
先頭がラッセルの後も踏み抜きます
2017年03月25日 11:08撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先頭がラッセルの後も踏み抜きます
2
ラッセル途中後方に白山
2017年03月25日 11:18撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセル途中後方に白山
2
アップで白山
2017年03月25日 11:18撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで白山
4
深いラッセルが延々と続きます
2017年03月25日 11:55撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深いラッセルが延々と続きます
2
ラッセル途中に笠ヶ岳
2017年03月25日 11:58撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセル途中に笠ヶ岳
4
アップで乗鞍岳
2017年03月25日 11:58撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで乗鞍岳
3
頂上まで踏み跡が無くまだ激ラッセルが続きます、立休憩中
2017年03月25日 12:08撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上まで踏み跡が無くまだ激ラッセルが続きます、立休憩中
3
頂上には枯れ木に、頂上の標識がなくなっておりGPSにて確認
2017年03月25日 13:10撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上には枯れ木に、頂上の標識がなくなっておりGPSにて確認
2
頂上から黒部五郎岳、双六岳方面
2017年03月25日 13:35撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から黒部五郎岳、双六岳方面
1
アップで
2017年03月25日 13:35撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで
3
黒部五郎岳
2017年03月25日 13:35撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳
4
帰りは自分たちの踏み跡を辿り下山
2017年03月25日 13:38撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは自分たちの踏み跡を辿り下山
1
下山も踏み抜きが数えきれないほどです
2017年03月25日 13:50撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山も踏み抜きが数えきれないほどです
1
やっと林道(登山口)に下山到着、
2017年03月25日 14:55撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと林道(登山口)に下山到着、
1
次回の為に赤リボン
2017年03月25日 14:55撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次回の為に赤リボン
1
林道も積雪が深く踏み抜きの為ワカンで帰ります
2017年03月25日 15:16撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道も積雪が深く踏み抜きの為ワカンで帰ります
1
帰りは長い1時間の林道歩きが続きます
2017年03月25日 15:21撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは長い1時間の林道歩きが続きます
3
広くて何処が林道か分かりません
2017年03月25日 15:29撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広くて何処が林道か分かりません
5

感想/記録
by 1945my

今回はクラブ山行の下見に飛騨の桑崎山へ山行。
今シーズンはレコ情報が無く、積雪が多くまだ登られた方が無いと思い、
急登のラッセルと積雪の林道歩きを覚悟し、冬季無人の夕顔の駅に到着。
予定通り林道はこの先、山吹峠方面へは除雪されて無く、登山口(尾根の取付き)まで深い積雪の林道をワカンを装着し進みました。
尾根の取付きである登山口からは樹林帯の尾根を登り、途中から急登の尾根からはアイゼンを装着、此処から頂上までは急登で雪も一段と深くなり、まだ締っておらず膝上のラッセルを交代で頂上まで続けやっと頂上に13時05分到着でした。
頂上では昼食と北アルプスの展望を眺め、下山はアップダウンもなく自分達の踏み跡を辿るのみと思いきゃ、気温の上昇で踏み抜き地獄の始まりと長い積雪の林道歩きで、久し振りに疲労困憊の桑崎山でした。
過去に数回楽して登って山でも、雪の状態でこんなにもハードな桑崎山は初めてでした。今回参加の方一番厳しい時期の桑崎山登山ご苦労様でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:667人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/13
投稿数: 115
2017/3/26 19:34
 埋蔵金伝説の桑崎山
はじめまして、「埋蔵金伝説の桑崎山」が目に入り、岐阜県にも埋蔵金伝説があるのかと見入った次第です。富山の埋蔵金伝説の山は、読みは同じですが漢字が「鍬崎山」ですが。
私は、岐阜県内では天蓋山や寺地山、北ノ俣岳を登らしていただいております。
今回の山行の桑崎山、大変苦労して登られている様子がありありとして書かれてあり、写真もそうですが、本当にお疲れ様でした。
私は、殆んど冬山は登りませんが、この山は冬の山で登山道がない山なんでしょうか。
でも本当にお疲れ様でしたが、クラブの下見と言うことで、再度登られるのでしょうか、重ね重ね大変です。
登録日: 2011/12/8
投稿数: 234
2017/3/26 19:51
 Re: 埋蔵金伝説の桑崎山
ja9eogさん、はじめまして。
埋蔵金伝説はある書物に、越中富山の城主、佐々成政が豊臣秀吉によって攻め滅ばされる前に百万両の軍資金を有峰、又は桑崎山に隠したと紹介されており、
越中の鍬崎山にもこの伝説は語り引き継がれていると記されています。
飛騨の桑崎山は無雪期にも登りましたが、頂上近くは藪漕ぎで、頂上からの展望は有りません。
今回は積雪の条件が悪く、もう少し条件の良い時期でないと厳しい積雪の登山となり、クラブの山行は別の山に転進予定です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ