また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1095919 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

ヒキノって山なの? ノタノ坂から

日程 2017年03月30日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候雨のち→曇り時々晴れ(下山後晴れ…)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
君ヶ畑集落奥 御池林道・長瀬橋付近に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間13分
休憩
1時間3分
合計
5時間16分
S君ヶ畑登山者用駐車場06:1507:18ノタノ坂07:3909:38ヒキノ10:2011:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・小又谷林道〜ノタノ坂: 腐った雪に倒木多数で疲れました…
・ノタノ坂〜ヒキノ: 快適な尾根道。所々残雪でツボ足だと踏み抜きあり。
・稜線から長瀬橋へのショートカット下降: 植林地の急な支尾根を下りました。道や案内表示は一切なし、ルートファインディング要。間伐材が倒れていて歩きにくい。

よろしければこちらのブログ記事もご覧ください↓
http://teppan.blog.so-net.ne.jp/2017-04-03
その他周辺情報道の駅・奥永源寺渓流の里:滋賀県東近江市蓼畑町510番地
・食事(永源寺ダムカレー、岩魚天丼、近江牛バーガー)
・お土産(政所の平番茶、地酒、お麩を使ったお菓子などが秀逸)
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

君ヶ畑集落を過ぎて御池林道を進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
君ヶ畑集落を過ぎて御池林道を進む
4
小又谷出合の200m手前から除雪なし
試しに突っ込むも、さすがにスタッドレスでは無理。チェーン装着なら行けるけど、面倒なので引き返す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小又谷出合の200m手前から除雪なし
試しに突っ込むも、さすがにスタッドレスでは無理。チェーン装着なら行けるけど、面倒なので引き返す
5
戻って長瀬橋手前に駐車してスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って長瀬橋手前に駐車してスタート
5
小又谷出合の駐車スペースは雪に埋もれていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小又谷出合の駐車スペースは雪に埋もれていました
3
ここからノタノ坂へ 左に見える御池林道の先は雪が無いのになあ…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからノタノ坂へ 左に見える御池林道の先は雪が無いのになあ…
3
小又谷沿いを進む 残雪ズボズボ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小又谷沿いを進む 残雪ズボズボ
5
いつも目立つこの木、とうとう倒れてしまったんだ…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも目立つこの木、とうとう倒れてしまったんだ…
4
堰堤前の鉄橋を渡る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤前の鉄橋を渡る
3
太い倒木がルートを塞ぐ 今年は雪が多かったからねえ… この先も倒木と腐った雪に阻まれてペースが上がらない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太い倒木がルートを塞ぐ 今年は雪が多かったからねえ… この先も倒木と腐った雪に阻まれてペースが上がらない
6
雪が溜まって道がわからない 春の谷道は落石に要注意!拳大の石でも食らえば致命傷だ、ヘルメット被った方が安心かも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が溜まって道がわからない 春の谷道は落石に要注意!拳大の石でも食らえば致命傷だ、ヘルメット被った方が安心かも
3
ノタノ坂まであと少し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノタノ坂まであと少し
2
ノタノ坂到着 ここまで随分時間がかかりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノタノ坂到着 ここまで随分時間がかかりました
4
ここから尾根を南下します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから尾根を南下します
5
最初の762m独標鉄塔ピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の762m独標鉄塔ピーク
3
360度素晴らしい眺めです 写真は銚子岳と静ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
360度素晴らしい眺めです 写真は銚子岳と静ヶ岳
8
あれが天狗堂だ カッコイイ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが天狗堂だ カッコイイ!
12
これから向かう山々 真ん中近くの一番高いのがヒキノです 反対方向には藤原や御池もバッチリ見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう山々 真ん中近くの一番高いのがヒキノです 反対方向には藤原や御池もバッチリ見えました
3
ツリーホールはどうして出来るのか謎だそう 枯木の周りにも同じように出来ていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリーホールはどうして出来るのか謎だそう 枯木の周りにも同じように出来ていた
2
次の鉄塔展望地からは、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の鉄塔展望地からは、
3
凜々しい天狗堂の姿
右方向にはT字尾根の先に御池岳のボタンブチも見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凜々しい天狗堂の姿
右方向にはT字尾根の先に御池岳のボタンブチも見えました
8
鹿も踏み抜いてるよ、足の表面積小さいからな〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿も踏み抜いてるよ、足の表面積小さいからな〜
5
な〜んて言ってたら、自分もこの有様^^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
な〜んて言ってたら、自分もこの有様^^;
9
3番目の鉄塔展望地
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3番目の鉄塔展望地
2
これから向かう稜線を眺める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう稜線を眺める
4
急斜面の登り 残雪は締まっていますが、所々膝上まで踏み抜きあり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面の登り 残雪は締まっていますが、所々膝上まで踏み抜きあり
5
目指すヒキノが見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指すヒキノが見えてきた
5
尾根東側はこんなに雪が残っています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根東側はこんなに雪が残っています
2
「山」標柱のある小ピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「山」標柱のある小ピーク
4
ようやくヒキノ到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくヒキノ到着
5
低山で陽当たりの良い山頂なのにしっかり雪が残っていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低山で陽当たりの良い山頂なのにしっかり雪が残っていました
5
山頂表示と重石になっただけのピッケル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂表示と重石になっただけのピッケル
11
三角点は雪の中(三等三角点・君ヶ畑 843.84m)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は雪の中(三等三角点・君ヶ畑 843.84m)
6
今日の足元はこれ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の足元はこれ
6
山頂でしばらく休憩して引き返します 根っこだらけの稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でしばらく休憩して引き返します 根っこだらけの稜線
2
ヤセ尾根の残雪は面白い形
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤセ尾根の残雪は面白い形
5
銚子岳と静ヶ岳(違う角度から)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銚子岳と静ヶ岳(違う角度から)
2
転落しない様慎重に下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転落しない様慎重に下る
4
天狗堂が見えます 低山とは思えない風格が漂ってますね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗堂が見えます 低山とは思えない風格が漂ってますね
8
ノタノ坂まで戻らず支尾根をショートカット下降 間伐材がそのまま残されていて真っ直ぐ進めない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノタノ坂まで戻らず支尾根をショートカット下降 間伐材がそのまま残されていて真っ直ぐ進めない
1
急傾斜で間伐材や腐った雪など、結構しんどい尾根だった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急傾斜で間伐材や腐った雪など、結構しんどい尾根だった
4
作業道を歩いて御池林道に出合う所 長瀬橋は左へ直ぐです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道を歩いて御池林道に出合う所 長瀬橋は左へ直ぐです
4
御池川から見上げた長瀬橋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池川から見上げた長瀬橋
4
長靴洗いを兼ねて水遊び 淵がグリーンで綺麗な御池川です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長靴洗いを兼ねて水遊び 淵がグリーンで綺麗な御池川です
8
戻ったら結構な車 今月釣りが解禁になったんですね 釣り人の男性に聞きましたが、福井から山歩きに来た人に会ったそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ったら結構な車 今月釣りが解禁になったんですね 釣り人の男性に聞きましたが、福井から山歩きに来た人に会ったそうです
7
背後の尾根を下ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背後の尾根を下ってきました
3
ちょうどお昼頃なので、今日は道の駅で昼食
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうどお昼頃なので、今日は道の駅で昼食
5
永源寺ダムカレーと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
永源寺ダムカレーと
13
「紅花アセビ」なんてあるんですね、どこかに自生してるのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「紅花アセビ」なんてあるんですね、どこかに自生してるのかな?
5
いつもの「ひろせや」さんで滋賀の新酒(生)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの「ひろせや」さんで滋賀の新酒(生)
8

感想/記録

 3週間ぶりのハイキングとなったこの日、当初はミノガ峠まで車で入って鈴ヶ岳付近を周回する計画でしたが、まだ林道に雪が残っていてミノガ峠はおろか小又谷出合にすら入れませんでした。そこでサブ案のヒキノ偵察に変更です。

ヒキノって山なの?
 滋賀県と三重県の境に連なる鈴鹿山脈の最高峰・御池岳の南東端から黄和田の”岳(だけ)”まで続く稜線上にあるピークの名前です。ノタノ坂から南側では一番高いピークです。変わった名前ですが、”引き野”あるいは”木を挽く”などに由来するのではないか?と参考書には書いてありました。
 この稜線は送電線鉄塔の巡視路になっており、鉄塔からの展望は素晴らしく、東には鈴鹿主稜線の山々が、西には目の前に天狗堂の整った三角形を眺めることができ、二次林の爽快な尾根歩きが楽しめます。新緑や紅葉の季節もきっと素晴らしいと思います。

 鈴鹿主稜線から外れて静かで雰囲気の良いヒキノ、奥が深い近江鈴鹿の隠れた名山と呼んでも差し支えないと思います。5月に”岳”から”ノタノ坂”までの縦走を計画中。この日は事前調査ということになりましたが、十分楽しむことができました。
訪問者数:582人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/12/25
投稿数: 5824
2017/3/31 15:34
 ヒキノ
teppanさん、こんにちは

いつものダブル三角点囲みフォトがないと思ったら、雪の下に埋もれている
のですね。
ヒキノお疲れ様です。ミノガ峠はまだまだ雪深かったようですね。
岳からの縦走も楽しみですね。近江鈴鹿いいところですね。
ここら辺は何かと因縁を感じているところなので私も新緑の季節に
お訪れたいと思っておりますよ。
登録日: 2013/11/11
投稿数: 2399
2017/3/31 15:49
 Re: ヒキノ
higurasiさんコメントありがとうございます。

三角点フォトなんですが、積雪は30センチくらいだったので杭の周囲を掘れば見つかるかも!と、せっせと掘ってみましたがダメでした。事前に他の人のレポート写真でだいたいの位置を学習しておくべきでした。谷道で要るかと思って持ってきたピッケルは、この時掘るのに使っただけです

鈴ヶ岳は大君ヶ畑から歩いても良かったのですが、もしかしたら?と思って行ってみました。やっぱりミノガ峠にはたどり着けませんでしたね。岳はhigurasiさんのレコを参考に歩いてみようと思ってます。このあたりの鈴鹿は人が少なくて静かでいいですね。
登録日: 2013/5/27
投稿数: 4505
2017/3/31 15:55
 カタカナスズカ
てっぱん家のみなさん、こんにちは。

近江鈴鹿も、まだまだ雪が多いですね。
3月も末なのに、駐車地までジムニーをもってしても到達できないんだ
今年は寒い日が多く、春はまだ遠い感じです。
こりゃ、ニューピッケル必要ですね

鈴鹿にはカタカナの山名や地名が多くて、なぜか名前に魅かれてしまいます
ヒキノにミノガ峠、日本コバにサンヤリ、キトラ・・・
どの山も気になってしまいます。
ヒキノも行ってみたいな〜
踏み抜き、バリルート、お疲れさまでした
登録日: 2013/11/11
投稿数: 2399
2017/3/31 18:22
 Re: カタカナスズカ
こんにちはtotokさん
未除雪の道をジムニーで5メートル程突入してみましたが、新雪でもなく硬くもない中途半端な雪質で結構埋まりました。軽はパワーを食われて大変そうだったのですぐ引き返しました。
ピッケルは急斜面の登りで使いたい場面があったのですが、結局出さずじまい。三角点捜索で雪を掘るのに使っただけでした

”ノタノ坂からヒキノ” なんて、ご存じない方は聞いただけではサッパリでしょうね
でもこの稜線歩きはなかなか良かったですよ。歩いてみて損じゃない山です。
今回はツボ足でしたが、踏み抜きのある雪は疲れました〜 totokさんのパワーがうらやましいです。
登録日: 2010/12/28
投稿数: 2325
2017/3/31 18:45
 御池林道はまだ雪ですか・・・。
teppan2013さん、今晩は。

長瀬橋というと、愛知川の案内図がある所ですね?
やはり小又谷林道までは無理でしたか、福寿草の咲く頃に
藤原岳西尾根を上がりたいと思っていますが、いま少し様子を見たほうが
良さそうですね。
情報をありがとうございました。
登録日: 2013/11/11
投稿数: 2399
2017/3/31 20:19
 Re: 御池林道はまだ雪ですか・・・。
onetotaniさんこんばんは!
長瀬橋はおっしゃるとおり案内図と祠がある場所です。
ここから小又谷林道入口は250mくらいですので、ノタノ坂経由で西尾根でしたらここに駐車してもほとんど支障ないと思います。ただ、ノタノ坂までの谷道が残雪で不明瞭、倒木を避けながらの登りが少々難儀です。
茨川までの山腹道も様子が判りませんので、土倉岳方面の鉄塔まで上がって尾根伝いに下った方が安全かもしれません。
西尾根でしたら静かな山旅が満喫できて良さそうですね!
登録日: 2014/7/8
投稿数: 2140
2017/3/31 21:04
 凜々しい天狗堂
teppanさんこんばんは。

結構未だに雪深いんですね。ノタノからヒキノへかけての稜線歩きは気になってたので興味深く読ませていただきました。天狗堂の計画を立てられてて、その前哨戦も兼ねられてるのでしょうか? わたしもGW前後頃のヒトリシズカの花期に訪れてみたいと思ってます

わたしは雪山といえばスパイク長靴だったので馴染み深いです
登録日: 2013/11/11
投稿数: 2399
2017/3/31 21:31
 Re: 凜々しい天狗堂
こんばんはkaruさん
天狗堂カッコイイですよね!ず〜っと憧れているのですが、未だに未登頂なんですよ。
ヒキノのある尾根から見た天狗堂は、これまで見た中で一番でした。
鉄塔と植林がちょっと無粋ですが、とても良い雰囲気の尾根でしたよ。

天狗堂からミノガ峠まで歩く構想があり、その下調べに今回ミノガ峠まで車で入りたかったのですがまだ早過ぎた様です。今回もし行けたら鈴ヶ岳、茶野、大見晴を周回するつもりでした。岳からノタノ坂はヒルの出ない内に5月に実行予定です。

スパイク長靴「岩礁」は山仕事人の定番ですよね。やはりkaruさんも使っていましたか。
泥汚れや水たまりもへっちゃらだし、ヤマビル防御にも最適ですね。
登録日: 2011/1/29
投稿数: 1830
2017/4/1 10:25
 すみません全くわからない山域です
teppanさん、おはようございます。

藤原岳は登ったことがありますが、他は無知の領域です。
御池岳、T字尾根、ボタンブチ・・・・
一時の話題で世間を飛び交った固有名詞には記憶にありますが。

「永源寺ダムカレー」ですか
カレー(水位)が満タンで「う〜んマンダム!」(意味不明)
「岩魚天丼 」
え〜っ、イワナの塩焼きは何度も食べていますが、天丼?
驚きです
「滋賀の純米吟醸 "権座” 」heart04
こだわりの酒のようですね。
すみません滋賀の酒は馴染みがなくて・・・
残雪に新酒 やはりこれですね

すみません、後付けで質問です。
長靴?ですか。靴底はビブラムなのでしょうか。
ステップ切るのはどうしたか?と思いまして。
登録日: 2013/11/11
投稿数: 2399
2017/4/1 10:52
 Re: すみません全くわからない山域です
redsさん、いらっしゃいませ!
”わからない山域” そんな事言えば、redsさんが歩く北関東の山々は私にとって全部無知の領域ですよ。 変な名前の山があるもんだな〜 程度で記憶の片隅にても置いといて下さい

道の駅の食事ですが、カレーも天丼も20センチくらいの岩魚を3枚に下ろして揚げたものが身も頭も骨も尻尾も丸々一匹付いてるんですが、近くにある岩魚を養殖している業者さんから仕入れているみたいです。お値段はカレー800円、天丼1000円。写真を見て頂ければ解ると思いますが、この内容でこのお値段でしかも美味い!こんなんで採算合うのかな?
滋賀県は意外に酒処なんですよ
登録日: 2013/11/11
投稿数: 2399
2017/4/1 11:09
 s4redsさんへ追伸の返信
このゴム長(岩礁55)は林業関係者や猟師さん御用達のやつで、底はビブラムではありませんが、そこそこ硬くスパイクピンが埋め込まれています。(リンク画像参照)↓
https://blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_91e/teppan/gansyo-.JPG
今回は腐り気味の雪だったので簡単にステップを切れましたが、硬いと無理でしょうね。
登録日: 2011/1/29
投稿数: 1830
2017/4/1 14:15
 Re: s4redsさんへ追伸の返信
teppanさん、情報ありがとうございます。

凄い!失礼ながらこんな靴底とは驚きです。
雪質に合わせ、チェーンスパイクとの相性も良さそう
な感じですね。
近場で探してみましょう。
強いて言えば、防寒性のみでしょうか?

勉強になりました
登録日: 2011/10/24
投稿数: 2361
2017/4/3 19:00
 凄いです
鈴鹿のマニアックな山
 好きですね。私は単独なので別世界の感じを受けます。相変わらずの雪。その中をルーファイしながら進む貴方の雄姿が素晴らしい。そこに花などがあればもっと凄い。いろんなルートを楽しまれている貴方に乾杯です。
登録日: 2013/11/11
投稿数: 2399
2017/4/3 20:40
 Re: 凄いです
こんばんはsireotokoさん
今回は雪で埋もれて踏み跡が見えない所もありましたが、帰りのショートカット尾根以外は尾根芯を歩けばいいので難しくないんですよ。静かで雰囲気の良い尾根を二人占めできました。これだからマイナー山歩きは止められませんね。
何か咲いてないかな?と探したのですが、残念ながら何も見つかりませんでした。5月になれば何か咲くかもしれませんね。
登録日: 2014/7/17
投稿数: 2403
2017/4/4 10:47
 スパイク長靴いいな〜
teppanさん こんにちは〜  亀レスすいません

カタカナの山名のお名前は私も興味あります
”引き野”あるいは”木を挽く”などに由来するのではないか”
なるほど〜 こうやって憶測でも由来を知るとおもしろいですね
カクレグラって名前も何か意味深。。。
行ってみたいお山がまだまだあります

やっぱりスパイク長靴いいなぁ 何と言っても渡渉のときの安心度が格段に違いますネ  私は長靴履いたらとたんに足をくじきそうでなかなか勇気が出ないんですが、長靴で登られる方はスゴイなぁといつも憧れます

長瀬橋へのショートカットもできそうですね〜
しかしまだ鈴鹿奥地は雪が結構あってビックリです
登録日: 2013/11/11
投稿数: 2399
2017/4/4 18:18
 Re: スパイク長靴いいな〜
こんにちは、いつも元気なblackさん!
別に知らなくても歩けるけど、名前の由来を知ったり想像したりするのは、歩いた山がより身近になって理解が深まりますよね。ではblackさんの為に特別にちょっとだけ調べてみましょう。参考書は「鈴鹿の山と谷」です。

ヒキノ:引き野・ゆったり長く尾を引く野  山の姿を例えたものでは? 三角点名「君ヶ畑」
サンヤリ:由来不明 別名「仏供さん山:ふくさん(ぶくさん)やま」 三角点名「萱原村:かやはらむら」
カクレグラ:佐目地区の呼び名 隠れた堯粉篳匹里海函砲由来ではないか? 別名「水谷岳」 三角点名「佐目村」

この本は今から30年くらい前に出版されたものです。著者が地域の人々に聞いて調べた内容が書いてありますが、ほとんどは由来が判らず、名前も本当に正しいかどうか判らないようです。でもこの本に書いてある名前が今、鈴鹿の山々の標準名になっているようですね。

スパイクゴム長は沢の渡渉や春先の泥んこ道、ヤマビル防御には威力を発揮すると思います。柔らかくて足を挫きやすいと思うかもしれませんが、それは足の置き方次第だと思いますよ。アルプスの小屋番さんの中にも長靴でボッカする方も居らっしゃるみたいですね。
長くなっちゃってゴメンなさい

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ