ヤマレコ

記録ID: 1098605 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走東海

御嶽・摩利支天山

日程 2017年04月02日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間42分
休憩
2時間54分
合計
9時間36分
S御嶽小坂登山口07:0913:20摩利支天山13:3714:08ゴール地点16:4516:45御嶽小坂登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
寒気によるGPS機器の不調により、帰路のシーデポ地にて電源を落とした。
ファイル 摩利支天山.pdf (更新時刻:2017/04/08 16:48)
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

樹林帯を
2017年04月02日 08:33撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を
1
登行し
2017年04月02日 08:25撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登行し
森林限界を抜け
2017年04月02日 10:32撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を抜け
3
雪面をトラバースして
2017年04月02日 11:26撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪面をトラバースして
2
スキーで
2017年04月02日 11:53撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーで
1
稜線を
2017年04月02日 12:14撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を
2
目指す
2017年04月02日 12:24撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す
3
14年前に立った継母のトンガリ(シーデポ地より)
2017年04月02日 12:57撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14年前に立った継母のトンガリ(シーデポ地より)
3
シーデポ
2017年04月02日 12:57撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シーデポ
2
おおこちらもトンガリ山、西面から見る摩利支天山
2017年04月02日 13:03撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおこちらもトンガリ山、西面から見る摩利支天山
8
絶頂2959.2m
2017年04月02日 13:34撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶頂2959.2m
4
下山開始
2017年04月02日 14:16撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始
2
滑降
2017年04月02日 14:27撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑降
4
下山
2017年04月02日 16:42撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山
2
大平御嶽展望台より
2017年04月02日 17:44撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平御嶽展望台より
登頂ルート
2017年04月02日 17:50撮影 by Canon IXY DIGITAL 50, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂ルート
4
撮影機材:

感想/記録

 昨年果たせなかった宿願を手中にした。
 このルートの為に大切に取り置いた摩利支天山への登頂を。

 このラインは、沢だけでなく積雪期の登路にも関心を向け出した、折しも山には行けず悶々としていた5年程前に立案したものと記憶する。
 温泉口から稜線へ無理なくシュッと伸びるこの尾根の先には摩利支天山2959.5mがある。
 昨年、遂に実践する段になって調べてみたところ何と、ヤマレコ中に一件の記録があった。abeyと名乗る方が、2013年4月に単独で登っておられた。
 昨年のその際には寡雪もあって取付くこと能わず、夏道でお茶を濁した経緯がある。

 さてその夏道、濁河温泉からの登山道は現在「小坂口」から飛騨頂上に採られているが、御嶽剣ヶ峰へは今回辿ったラインの方が余程理に適っている。
 それが証拠に、かつてはここに山頂へのルートがあったいう。古の道が。
 こんな自然発生的な山行を単独で行うabey氏の存在に、山の世界もまだまだ捨てたものではないと思える。

 天候にも恵まれまた、力量ある同行者に牽引されて自身余裕無い中で到達した山頂で、何かが弾けた気もしたけれど単に気のせいだったかも知れない。
訪問者数:511人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2007/5/31
投稿数: 103
2017/4/22 0:49
 ナイス!
なかなか、良さげな斜面だね。見てると、行きたくなるなぁ。しかし、macchanが沢以外の山登りをしていたとは、意外。
登録日: 2008/6/30
投稿数: 610
2017/4/22 6:52
 Re: ナイス!
シェイク様
同行氏が何処かの雑誌に投稿するとかしないとか、それ位に良い斜面だったようです。
私もやる時きゃやるんです。スキー技が全く向上していないところが自慢です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

森林限界 山行 デポ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ