また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1098757 全員に公開 雪山ハイキング中国山地東部

花知ヶ仙(遠藤集落より周回)

日程 2017年04月03日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
弱風
駐車地気温−4℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
遠藤集落最奥民家を過ぎた橋の袂に駐車。
1台分は駐車可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間49分
休憩
11分
合計
6時間0分
S駐車地出発06:0210:14花知ヶ仙10:2512:02駐車地帰着G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
合計時間: 6時間0分
合計距離: 11.57km
累積標高(上り): 689m
累積標高(下り): 673m
コース状況/
危険箇所等
積雪期の登山です。
要事前準備、地図、コンパス必携。
装備適宜。

分岐の多いルートであり道迷いに注意。
悪天の際には非常に分り辛い。
特に花知ヶ仙の尾根は分岐多く幅広で、
数年前には遭難騒ぎがあったと聞く。

また時期的に雪割れが多く見られた。
踏み抜きにも注意。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

遠藤集落を出発。
よく冷え込んでいる。
途中の電光掲示板は−4℃だった。
2017年04月03日 06:02撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠藤集落を出発。
よく冷え込んでいる。
途中の電光掲示板は−4℃だった。
最終除雪地点に到着。
2017年04月03日 06:14撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終除雪地点に到着。
1
雪は締まっている。
ツボでも沈む事は無かった。
2017年04月03日 06:16撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は締まっている。
ツボでも沈む事は無かった。
尾根に取り付く。
滑り止めを兼ねてスノーシューを履く。
2017年04月03日 06:30撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に取り付く。
滑り止めを兼ねてスノーシューを履く。
日が差してくる。
樹林帯の中は雪割れが目立った。
2017年04月03日 06:49撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が差してくる。
樹林帯の中は雪割れが目立った。
1
四等三角点「白川(シラカワ)997.2m」にて。
2017年04月03日 07:06撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四等三角点「白川(シラカワ)997.2m」にて。
1
途中の尾根から花知ヶ仙を望む。
結構遠いなあ。
2017年04月03日 07:14撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の尾根から花知ヶ仙を望む。
結構遠いなあ。
1
ネマガリダケが立ち上がっている。
もうそろそろこの辺りの雪歩きは終りかも知れない。
2017年04月03日 07:16撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネマガリダケが立ち上がっている。
もうそろそろこの辺りの雪歩きは終りかも知れない。
1
稜線に出る。
1152JPへ向かう。
2017年04月03日 07:45撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出る。
1152JPへ向かう。
1152mのJP。
ここからコルへ降りていく。
2017年04月03日 07:53撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1152mのJP。
ここからコルへ降りていく。
傾斜はそれほど強くない。
向こうには角ヶ仙が観える。
2017年04月03日 07:57撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜はそれほど強くない。
向こうには角ヶ仙が観える。
1
1152JPを振り返る。
しまった、「立石」に寄るのを忘れていた。
2017年04月03日 08:20撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1152JPを振り返る。
しまった、「立石」に寄るのを忘れていた。
1
仕方ないので四等三角点「立岩(タテイワ)1096.2m」をアップで。
2017年04月03日 08:23撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕方ないので四等三角点「立岩(タテイワ)1096.2m」をアップで。
1126mのJPにて。
展望は無い。
2017年04月03日 08:41撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1126mのJPにて。
展望は無い。
花知ヶ仙へ向かう。
2017年04月03日 08:43撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花知ヶ仙へ向かう。
稜線の途中、泉山を望む。
画面左のピークは「丑寅権現」。
2017年04月03日 09:06撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の途中、泉山を望む。
画面左のピークは「丑寅権現」。
2
四等三角点「本谷(ホンダニ)1072.1m」にて。
かつてはこの少し先が越畑集落と遠藤集落を結ぶ峠だったようだ。
2017年04月03日 09:25撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四等三角点「本谷(ホンダニ)1072.1m」にて。
かつてはこの少し先が越畑集落と遠藤集落を結ぶ峠だったようだ。
1
花知ヶ仙への真っ白な稜線。
この景色を観たかった。
2017年04月03日 09:28撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花知ヶ仙への真っ白な稜線。
この景色を観たかった。
3
空は真っ青で雲一つない。
辺りでは鳥の囀りが聞こえる。
来て良かった。
2017年04月03日 09:36撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空は真っ青で雲一つない。
辺りでは鳥の囀りが聞こえる。
来て良かった。
7
気温が上がって雪が腐って来る。
とは言えそれほどは沈まなかった。
2017年04月03日 09:52撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温が上がって雪が腐って来る。
とは言えそれほどは沈まなかった。
1
歩いて来た稜線を振り返る。
2017年04月03日 10:03撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いて来た稜線を振り返る。
3
花知ヶ仙が近付く。
下っていくスノーシューの跡があった。
同一のものか分からないが、1152までは続いていた。
2017年04月03日 10:05撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花知ヶ仙が近付く。
下っていくスノーシューの跡があった。
同一のものか分からないが、1152までは続いていた。
2
花知ヶ仙山頂、二等三角点「花知山(ハナチヤマ)1247.3m」にて。
ヤブはすっかり埋まり、360°のパノラマが広がる。
素晴らしい眺めだ。
2017年04月03日 10:14撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花知ヶ仙山頂、二等三角点「花知山(ハナチヤマ)1247.3m」にて。
ヤブはすっかり埋まり、360°のパノラマが広がる。
素晴らしい眺めだ。
2
大山方面を望む。
肉眼ではもっとはっきり観えていた。
手前は三ヶ上。南側斜面は雪崩れている。
2017年04月03日 10:15撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山方面を望む。
肉眼ではもっとはっきり観えていた。
手前は三ヶ上。南側斜面は雪崩れている。
2
花知ヶ仙の東尾根方面。
湯岳、乗幸山、不溜山が観える。
2017年04月03日 10:18撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花知ヶ仙の東尾根方面。
湯岳、乗幸山、不溜山が観える。
1
暫く景色を堪能してから下山にかかる。
夏道では無く北北東へ伸びる尾根を下って行く。
恩原三国山が観える。
2017年04月03日 10:27撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く景色を堪能してから下山にかかる。
夏道では無く北北東へ伸びる尾根を下って行く。
恩原三国山が観える。
1
途中急斜面があり、そこだけスノーシューを脱いだ。
雪は緩く、何度も踏み抜いた。
2017年04月03日 10:33撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中急斜面があり、そこだけスノーシューを脱いだ。
雪は緩く、何度も踏み抜いた。
林道へ下りた。
法面からは落雪と落石が散見された。
2017年04月03日 11:09撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道へ下りた。
法面からは落雪と落石が散見された。
橋を渡る。
ショートカットはしたがそれでもこの林道歩きは長い。
2017年04月03日 11:27撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡る。
ショートカットはしたがそれでもこの林道歩きは長い。
朝の踏跡に合流。もうすぐ。
2017年04月03日 11:39撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の踏跡に合流。もうすぐ。
最終除雪地点まで戻った。
日差しはすっかり春。
2017年04月03日 11:45撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終除雪地点まで戻った。
日差しはすっかり春。
1
駐車地に無事戻った。
2017年04月03日 12:00撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地に無事戻った。

感想/記録

ずっと歩いてみたかった花知ヶ仙の東の稜線。
好天を待って出掛けた。

少し霞んではいたが遠望は効き、
下山するまで空には雲一つ無かった。

標高の低い所は雪割れが目立ち、ヤブも顔を出し始めていた。
もうそろそろこの辺りの雪遊びは終りかも知れない。
訪問者数:315人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ