また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1103463 全員に公開 ハイキング東海

鈴鹿のヤマビル冬眠明け

日程 2017年04月09日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー7人
天候小雨〜曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

山口の貯水場から500mほど林道を進むと、右手に階段のある堰堤が見え
2017年04月09日 07:40撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山口の貯水場から500mほど林道を進むと、右手に階段のある堰堤が見え
その堰堤を左岸に渡り
2017年04月09日 07:40撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その堰堤を左岸に渡り
1
沢筋を200m程登ると、後は尾根となります。
2017年04月09日 07:42撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢筋を200m程登ると、後は尾根となります。
2
天気予報通り小雨はですが
2017年04月09日 08:47撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気予報通り小雨はですが
1
寒山で5分休憩します。
2017年04月09日 08:48撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒山で5分休憩します。
4
標高900m辺りまで来て残雪が現れるが登山道には雪は在りません。
2017年04月09日 09:57撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高900m辺りまで来て残雪が現れるが登山道には雪は在りません。
1
鞍掛方向も天気回復の兆候、明るく成って来ました。
2017年04月09日 09:57撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍掛方向も天気回復の兆候、明るく成って来ました。
1
県境尾根(冷川岳)につきました。
小雨は止みましたが、西風がまだ強く、防寒対策をしてないと寒いです。
2017年04月09日 10:22撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県境尾根(冷川岳)につきました。
小雨は止みましたが、西風がまだ強く、防寒対策をしてないと寒いです。
5
尾根を南下すると間もなく白瀬峠。東向き斜面には腐った残雪があります。
ここから県境尾根を100m程登りますと
2017年04月09日 10:32撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を南下すると間もなく白瀬峠。東向き斜面には腐った残雪があります。
ここから県境尾根を100m程登りますと
1
頭蛇ヶ平。風を避けた窪地で昼食としました。
2017年04月09日 10:58撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭蛇ヶ平。風を避けた窪地で昼食としました。
2
食後、最高点に立つと霧が濃く成り出したので、復路の、木和田尾ルートのサテライトに目印に下ります。
2017年04月09日 11:47撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食後、最高点に立つと霧が濃く成り出したので、復路の、木和田尾ルートのサテライトに目印に下ります。
4
鈴鹿の4月ですが、霧も発生し、冬をも体感出来ました。
2017年04月09日 11:47撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴鹿の4月ですが、霧も発生し、冬をも体感出来ました。
3
高度を下げると、下界は晴れ間も。
この薄日に期待し、鉄塔から坂本谷へ、福寿草探しに下りました。
2017年04月09日 12:02撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度を下げると、下界は晴れ間も。
この薄日に期待し、鉄塔から坂本谷へ、福寿草探しに下りました。
1
蕾は半開きだが
2017年04月09日 12:37撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕾は半開きだが
7
群生も確認出来たので、ルートに戻ります。
2017年04月09日 12:39撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群生も確認出来たので、ルートに戻ります。
2
小向山まで下って来ました。
2017年04月09日 13:18撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小向山まで下って来ました。
最後の鉄塔を通過後は、白瀬登山口に向け、尾根を真北に下り杉林に入るともう、ヤマビルが、潜望鏡を上げ、冠を振ってました。
足早に通過した積もりでも、駐車場に着いてチェックしたら、全員の靴に登って来てました。無防備での入山だったので、献血者1名の発生でした。
2017年04月09日 13:18撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の鉄塔を通過後は、白瀬登山口に向け、尾根を真北に下り杉林に入るともう、ヤマビルが、潜望鏡を上げ、冠を振ってました。
足早に通過した積もりでも、駐車場に着いてチェックしたら、全員の靴に登って来てました。無防備での入山だったので、献血者1名の発生でした。
7

感想/記録

週末に天気が崩れる悪いサイクルから抜け切れず、今回も小雨の中を歩き出す。雨脚は強くないので樹林に入って雨具を脱いだりするが、午前中は雨は止んで呉れず、風も強いので、結局、風除けも兼ねて、往路では雨具を着っぱなしとなった。

今回のメンバーには花好きは居ないので、尾根で咲く山野草に足を止める事なく、丸尾尾根から木和田尾を、ただ周回する登山となった。

唯一、この時期、福寿草だけはパス出来ず、坂本谷まで急斜面を下って写真には納めて来たのが、お慰めである。

私の里山の楽しみは、足下の草花を眺め、小鳥の声を聞き、樹林での木漏れ日から得られる安らぎでなので、登山には陽射しは重要だ。今回も、午後は天気も回復して来たので、まあ、好しとしようとして居たが、最後にヤマビルの襲撃を受け、登山印象は下がる。

今年は雪解けが遅かったので予期すらして居なかったが、木和田尾登山口の、あの杉林ではもう、ヤマビルが活動し始めて居た。しかも元気がよく、潜望鏡を立て、左右に振っている。

今回、無対策での入山だったので、背筋がゾクゾクした。1名の献血者を出して仕舞ったが、ヤマビル生息地を通過する方は、既にヤマビルは冬眠明けであることをご認識下さい。
訪問者数:804人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/12/28
投稿数: 2395
2017/4/13 20:00
 もう出るんですか?
dedeppo5さん 今晩は。

木和田尾上部はまだ一面の残雪なんですね。
坂本谷の福寿草も茎が高くなり、終盤に投入でしょうか?
今年も鈴ヶ岳の福寿草が楽しみですが、R306のゲート解除の情報が
無く、気になる毎日です。

追伸:日曜日にお逢いできるのが楽しみです。
登録日: 2013/12/29
投稿数: 323
2017/4/13 21:40
 Re: もう出るんですか?
晩秋の、のろまな動きではなく、敏捷に、背伸び逆立ちをしてましたよ。

鞍掛は、通り抜け出来ないので、費用を掛けてまで除雪しないんでしょうね。

アセビの大木は見事ですよ。
天気も好転してるようで、楽しみにしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ