また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1104340 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

鴫内山登山口から大佐飛山

日程 2017年04月13日(木) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク
田舎ランド鴫内を西に進むと林道大蛇尾木綿畑線に入る。約4kmで鴫内山登山口となる。路肩に4台分の駐車スペースがある。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間35分
休憩
1時間30分
合計
11時間5分
S鴫内山登山口(大蛇尾木綿畑線)04:5506:15鴫内山06:2507:10古倉山07:3008:10西村山08:55大長山09:0009:50大佐飛山09:5510:45無名峰(1872m峰)11:0512:00大佐飛山12:0512:50大長山13:20西村山13:2514:05古倉山14:2014:55鴫内山15:0016:00鴫内山登山口(大蛇尾木綿畑線)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鴫内山に向かい2回目のトラロープ付近から残雪が出るが直ぐに消えて、出たり消えたりを繰り返します。
鴫内山から先は土面が出る割合は少なくなり、1500m表示板以降は残雪が続きます。
残雪は締まっていて、鴫内山〜山頂間を軽アイゼンで往復できました。
 ただし下山時、古倉山より先は雪が柔らかくなり歩きにくくなりました。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

鴫内山、赤い椅子の上部が見えていました。
2017年04月13日 06:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 510 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鴫内山、赤い椅子の上部が見えていました。
1
古倉山、少し笹が出ていました。
2017年04月13日 07:09撮影 by Canon IXY DIGITAL 510 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古倉山、少し笹が出ていました。
1
古倉山から見える剣先。残雪で稜線の藪が隠れているので、稜線を歩いて剣先に向かいました。
2017年04月13日 07:28撮影 by Canon IXY DIGITAL 510 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古倉山から見える剣先。残雪で稜線の藪が隠れているので、稜線を歩いて剣先に向かいました。
剣先から西村山に向かう稜線。雪が締まっているので軽アイゼンで快適に進めました。
2017年04月13日 07:58撮影 by Canon IXY DIGITAL 510 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣先から西村山に向かう稜線。雪が締まっているので軽アイゼンで快適に進めました。
2
西村山直前の稜線。右側から黒滝山経由の2人分の足跡がありました。
2017年04月13日 08:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 510 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西村山直前の稜線。右側から黒滝山経由の2人分の足跡がありました。
2
ここまでは晴れ間がありました。
2017年04月13日 08:55撮影 by Canon IXY DIGITAL 510 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでは晴れ間がありました。
1
大佐飛山の上空には雪雲がかかってきました。
2017年04月13日 09:01撮影 by Canon IXY DIGITAL 510 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大佐飛山の上空には雪雲がかかってきました。
5
山頂で2名の方と会いました。雪質が良かったので予定より少し早く着きました。雪が降っていますが、時間があるので無名峰(1872m)へ向かいます。
2017年04月13日 09:50撮影 by Canon IXY DIGITAL 510 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で2名の方と会いました。雪質が良かったので予定より少し早く着きました。雪が降っていますが、時間があるので無名峰(1872m)へ向かいます。
1
大佐飛山を下って開けた稜線から見た無名峰。晴れていればテンション上がるのだが・・・
2017年04月13日 10:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 510 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大佐飛山を下って開けた稜線から見た無名峰。晴れていればテンション上がるのだが・・・
1
無名峰に近づいてきました。
2017年04月13日 10:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 510 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無名峰に近づいてきました。
1
無名峰の山頂付近。この稜線のずっと先に鹿又岳や日留賀岳がありますが、吹雪で全く見えません。
2017年04月13日 10:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 510 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無名峰の山頂付近。この稜線のずっと先に鹿又岳や日留賀岳がありますが、吹雪で全く見えません。
3
歩いてきた道を振り返るとこんな感じ。吹雪で展望無し。おやつを食べてさっさと帰えります。
2017年04月13日 10:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 510 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた道を振り返るとこんな感じ。吹雪で展望無し。おやつを食べてさっさと帰えります。
大佐飛山から大長山に向かって下山しています。吹雪で先が霞んでいました。
2017年04月13日 12:24撮影 by Canon IXY DIGITAL 510 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大佐飛山から大長山に向かって下山しています。吹雪で先が霞んでいました。
2
大長山と西村山の中間あたりにある雪庇まで戻ると天気は回復してきました。ただし風は強かった。
2017年04月13日 13:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 510 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大長山と西村山の中間あたりにある雪庇まで戻ると天気は回復してきました。ただし風は強かった。
2
古倉山への登り返し。ここを越えれば下るだけ。ただし雪が緩んで少し歩きにくくなりました。
2017年04月13日 13:58撮影 by Canon IXY DIGITAL 510 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古倉山への登り返し。ここを越えれば下るだけ。ただし雪が緩んで少し歩きにくくなりました。
3

感想/記録

天候が悪く景色を楽しめませんでしたが、雪質には恵まれました。

これまでは黒滝山新登山口から登っていましたが、今年は鴫内山登山口から登ってみました。古倉山〜西村山間は踏み跡無く、訪れる人が少ないようです。
黒滝山新登山口ルートと比べて良いと思ったことは、ゝ涕配部が少ない、登山口まで早い時期に車で来れる可能性ある(3/12下見した時、林道は登山口手前50mまで除雪してあった)。
劣っていると思ったことは、ゝ離が少し長い、登山者が少ないので先人のトレースを期待しにくい。
訪問者数:545人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/10/18
投稿数: 396
2017/4/15 22:58
 とても参考になりました
初めまして
鴫内山から大佐飛山に行くルート気になっていたところにこのレコ❗
すぐ計画書作り本日行って来ました
いつもは黒滝山経由でしたのでヘタレな私にはキツイコースでしたがずっと考えていたルートが歩けたので満足できました
帰り道は分岐から緩い雪に苦戦しました😅
登録日: 2014/9/7
投稿数: 5
2017/4/16 18:01
 Re: とても参考になりました
こちらこそ、初めまして。
oyakataさんもこのコースで大佐飛山へ行かれたのですね。
体調が悪かったのに登頂し、無事戻って来れて何よりです。
鴫内山山頂の残雪が、2日間で5cmくらい溶けているのには驚きました。
次回は瓢箪峠から大佐飛山を計画とのことですが、無名峰〜大佐飛山の鞍部間の稜線からの景色もすばらしいですよ。<積雪期&晴れればの条件付きですが>

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ