また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1105480 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 甲信越

粟ヶ岳−一本岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2017年04月15日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り−曇り時々小雨−小雨
気温 7合目(砥沢ヒュッテ)以上で10℃以下
7合目以上で弱い風、場所により風速20m/s近い風
日の出 5:09 日の入り 18:20
アクセス
利用交通機関
車・バイク
加茂市大字宮寄上 
粟ヶ岳県民休養地 
第二貯水池への林道入口付近の路肩スペースに駐車
経路を調べる(Google Transit)
GPS
06:59
距離
12.8 km
登り
1,491 m
下り
1,491 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※ スタート地点から7合目までのGPSログがとれておらず、手書きで補った。
コース状況/
危険箇所等
3合目(東屋コース分岐)までは大部分登山道が出ていた。その先では雪の上を歩く方が多くなる。6合目(粟庭ノ頭)直下の鎖場の雪はだいぶ少なくなっていたが、雪の急斜面を上がらなければならない箇所はまだ残っていた。6合目と7合目(砥沢ヒュッテ)の間は6合目直下よりも雪が多く、こちらもクラストしたらたいへんそうだ。砥沢のヒュッテには1階から入れた。

山頂に近づくと、前回粟ヶ岳を訪れたときにはガスで見えなかった一本岳が見えた。断続的に小雨が降ったり風が強く吹いたりしているが、今回は視界がきいているというだけで御の字だ。粟ヶ岳山頂には一本岳への標識が立っていた。一本岳を目前にするとたじろいだ。これが登れるのだろうか。『越後百山』の佐藤れい子が同じようなことを書いていたのをどこかで読んだ覚えがある。とりあえず一本岳の直下まで行ってみた。それから下るときに足の置けるステップをつくりながら、慎重に登ってみた。途中少しだけ登山道が出ており、ブッシュを手がかりにできる箇所もあった。それ以外は気の緩められない雪の急斜面。やがて意外にあっさりと一本岳の頂上に到着した。標柱が出ていた。下山するときは後ろ向きになって自分の足跡に足を置きながら下りた。雪はクラストしておらず、かといってグズグズでもなかった。条件は十分によかったといっていいのではないか。なお、粟ヶ岳から堂ノ窪山方面に進む場合、残雪が十分にあるなら一本岳を巻くという選択もできる。それでも一度は一本岳に登っておきたかった。

アイゼンの必要な雪ではなかったが、粟ヶ岳から一本岳に向かうとき念のためアイゼンをつけた。するとアイゼンの下に雪のだんごができた。こうなるとかえって危ない。
ファイル 天気図2017年04月15日12時.png (更新時刻:2017/04/16 00:19)
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 時計 GPS 地形図 コンパス カメラ 携帯電話 ストック ピッケル ワカン アイゼン スコップ レインウェア スパッツ グローブ 防寒着 行動食 非常食 救急用品 ナイフ ヘッドランプ 予備電池 ツェルト 補助ロープ20M 細引き20M スリング カラビナ 土嚢袋

写真

粟庭ノ頭までの尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粟庭ノ頭までの尾根。
1
鎖場の雪はだいぶ消えていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場の雪はだいぶ消えていた。
1
砥沢のヒュッテ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砥沢のヒュッテ。
3
前回は見通しがきかなかった越後白山への尾根がよく見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回は見通しがきかなかった越後白山への尾根がよく見えた。
1
粟ヶ岳山頂部から進行方向左(写真右)に下って一本岳へ。雪庇状の小さな段差がどうなっているのか上からは見えなかったので、下から確認した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粟ヶ岳山頂部から進行方向左(写真右)に下って一本岳へ。雪庇状の小さな段差がどうなっているのか上からは見えなかったので、下から確認した。
雪の状態によっては一本岳の直下にもたどりつけないかもしれないナイフリッジ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の状態によっては一本岳の直下にもたどりつけないかもしれないナイフリッジ。
3
一本岳は右から巻けるらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本岳は右から巻けるらしい。
3
これをどうやって登ったらいいのか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これをどうやって登ったらいいのか。
7
気がつけば一本岳の頂上に到着。標柱が出ていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気がつけば一本岳の頂上に到着。標柱が出ていた。
3
標柱よりも高くなっている部分は雪庇。反対側から確認できた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標柱よりも高くなっている部分は雪庇。反対側から確認できた。
3

感想/記録

「てんきとくらす」の予報通りの天気で、あまり快適ではなかった。ところがこんな日に登ってきた人がほかに2組4人もいた。そのうちの1組とは砥沢のヒュッテで少し話をした。白根山から一本岳に登り、一本岳を下って粟ヶ岳に到達したことがあるそうだ。残雪期にワカンは必要だろうかと質問してみたら、携行すべきだという答え。参考にしよう。

そういえば最近読んだ本に、ワカンは必要に迫られたときにロープの支点として残置すると書いてあった。横山勝丘の『アルパインクライミング考』。アルパインクライミングをしなくてもおもしろく読めて元気の出る本だ。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:1001人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ