また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1105600 全員に公開 講習/トレーニング奥多摩・高尾

金比羅尾根〜境界尾根 読図講習会

日程 2017年04月15日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
JR武蔵五日市駅発
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間31分
休憩
42分
合計
7時間13分
S武蔵五日市駅07:1608:30琴平神社08:4009:02金比羅山09:0310:43分岐点(金比羅尾根・ロンデン尾根分岐点)10:49白岩山(白石山)11:1011:38梵天山11:3912:01真藤ノ峰12:0813:15深沢山(深沢山北峰・分岐点)13:1613:21深沢山(深沢山南峰)13:2214:10登山口14:29武蔵五日市駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所なし
境界尾根は若干、道が不明瞭
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ヘッドランプ(1)
予備電池(1)
1/25000地形図(1) 必携
コンパス(1) 必携
ロールペーパー(1)
ファーストエイドキット(1)
筆記具(1) 必携
保険証(1)
携帯電話(1)
計画書(1)
ザック(1)
ザックカバー(1)
タオル(1)
個人装備品
数量
備考
防寒着(1)
雨具(1)
スパッツ(1)
帽子(1)
登山靴(1)
水筒(1) 1.0L程度
時計(1)
非常食(1)
カメラ(1)
日焼け止め(1)
サングラス(1)
行動食(パン、おにぎりなど)
講習資料 必携

共同装備

共同装備品
数量
備考
ガイド地図

写真

琴平神社の展望台
ここで一旦休憩
2017年04月15日 08:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琴平神社の展望台
ここで一旦休憩
五日市市街がよく見えます
2017年04月15日 08:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五日市市街がよく見えます
次の地形確認ポイントまで進みます
2017年04月15日 08:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の地形確認ポイントまで進みます
金比羅山
ルート上にないので念のため確認しに行くと
2017年04月15日 09:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金比羅山
ルート上にないので念のため確認しに行くと
伐採され開けた場所
帰りの境界尾根を確認
2017年04月15日 10:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採され開けた場所
帰りの境界尾根を確認
ナガバノスミレサイシン
2017年04月15日 10:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナガバノスミレサイシン
1
白石山
ここからより難しい下りの読図になります
2017年04月15日 10:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白石山
ここからより難しい下りの読図になります
梵天山
ここは合ってましたが、山の会の方が残してくれていたピークの目印はところどころ地形図とはあってませんでした。。。
2017年04月15日 11:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梵天山
ここは合ってましたが、山の会の方が残してくれていたピークの目印はところどころ地形図とはあってませんでした。。。
1
鉄塔下から
2017年04月15日 12:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔下から
休憩所
ここまでの道から想像できないほど立派
2017年04月15日 13:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩所
ここまでの道から想像できないほど立派
ようやく降り口が見えてきました
2017年04月15日 14:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく降り口が見えてきました
タチツボスミレがいっぱい
2017年04月15日 14:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレがいっぱい
登山口入り口
2017年04月15日 14:08撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口入り口
紅白がきれいな花桃
2017年04月15日 14:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅白がきれいな花桃
撮影機材:

感想/記録

今回は11日の読図講習会 机上編で学んだことを実際の山で行う実践編を行った。
昨年の講習では、多くの読図本などにあるコンパスの使い方や地図の見方などのテクニック的な部分をメインで行ったが、それではなかなか読図できるようにならないと感じたため、実際に山行中に何を考えて読図すべきかというストラテジー的な部分に重きをおいた内容にしてみた。今回は、その辺りが読図を身につける上で的を得たものなのか確かめながら、講習を行った。
内容としては、はじめに座学でやった読図フローに従って周辺の地形と地図の照合を行い、その後コンパスの使い方をおさらいして、後は事前に作ってもらったルート上の地形的確認ポイントを宣言してそれを道中に確認していくという作業を交代で繰り返し行っていった。
読図講習会なので、地図と実際のスケール感の確認や細かく沢と尾根を確認して行き、バリエーションレベルで確認していったため、内容としてはだいぶ濃い内容で出来たかなと思う。そのくらい細かくやったこともあり、道標やピークの表示が間違っていることにも気づくことができ、読図の正確さや面白さも味わうことを感じてもらえたんじゃないかと思う。
ルートとしては、まだ桜が残っていたり、モミジイチゴやスミレ類などたくさんの花々が咲いており、気温もちょうどいいくらいだったので、とても気持ちよく登ることが出来た。
境界尾根も読図しながら進むルートとして、ちょうど良いくらいに人の通った後がない感じで、よい練習場所だったと思った。
講習会の目的は読図が実践できることなので、今回やったことを実際の山行でも繰り返しやっていただいて、皆できるようになってもらえれば幸いである。
訪問者数:197人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

モミジ ガバ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ