また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1107198 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

権現岳・ギボシ(雪のギボシに挑む!)

日程 2017年04月16日(日) [日帰り]
メンバー
 yama-ari(CL)
 reg(食事)
天候■権現岳 10:21 晴れ 5℃ 風速4〜5m(体感)
■ギボシ 10:42 晴れ 6℃ 風速4〜5m(体感) 
アクセス
利用交通機関
車・バイク
天女山入口のゲート前に駐車しました。4〜5台駐車可能。この日は、6時前ですでにいっぱいでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間17分
休憩
1時間2分
合計
8時間19分
S天女山入り口ゲート05:4105:58天女山05:5906:02天女山上駐車場06:0306:15天の河原06:2507:48「ここが一番きつい」看板07:5108:49前三ツ頭09:20三ツ頭分岐09:2309:25三ッ頭10:21権現岳10:2210:24権現小屋10:2910:29縦走路分岐10:3010:34権現小屋10:42東ギボシ10:4810:54権現小屋10:5710:59縦走路分岐11:02権現岳11:2412:03三ッ頭12:0612:08三ツ頭分岐12:21前三ツ頭12:35「ここが一番きつい」看板12:3713:43天の河原13:48天女山上駐車場13:51天女山13:58天女山登山道口13:5914:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○前三ッ頭の取り付きあたりからは、登山道に雪があります。権現岳までは、チェーンか、6本爪でもいけます。雪は、登りの午前中は締まって登りやすかったですが、午後に気温が高くなると、くさってきます。踏み抜くこともあり。

○権現岳までの核心部は、写真にもありますが、山頂下のトラバースのところです。ピッケルがあると安心です。私たちは、下りで使いました。

○ギボシは、条件次第で判断してください。ピッケル必携。雪が氷の状態だど12本爪は必要です。雪庇がある場合は、コース取りに注意。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ツエルト(2人用) 救急セット ヘッドライトPETZL ZIPKA PLUS2 非常用防寒シート 手袋・フェイスマスク(1) インナー(1) ステンレスボトルTHERMOS FEK-800(1) ガスカートリッジPRIMUS IP-110(1) バーナーPRIMUS P-153(1) イグニッションスチール(1) カートリッジホルダーPRIMUS P-CH(1) コッヘルセットsnow peak(1) 手拭・ハンカチ・ティッシュ(1) 地図・コンパス(1) 高度計・時計Suunto Core Glacier Gray(1) GPS GARMIN etrex20(1) カメラOLINPUS TOUGH TG-1(1) 無線機STANDARD VX3(1) 非常食(2) 携帯食 トレッキングポールHelinox LB130(1) ピッケルGRIVEL EVOLUTION 68(1) アイゼンGRIVEL G12 ニューマチック(1)

写真

天女山入口の駐車場。6時前ですでにいっぱい。今回の私たちのねらいは、権現岳でなく、ギボシです。
2017年04月16日 05:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天女山入口の駐車場。6時前ですでにいっぱい。今回の私たちのねらいは、権現岳でなく、ギボシです。
1
天女山までの登山道は、夏道です。
2017年04月16日 05:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天女山までの登山道は、夏道です。
天女山。眺望なし。
2017年04月16日 05:58撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天女山。眺望なし。
天の河原をすぎると、三ツ頭が登場します。
2017年04月16日 06:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天の河原をすぎると、三ツ頭が登場します。
1
森林帯に入ると、おもったより雪が登山道についていました。チェーンを装着します。下山までずっとこれで行けました。
2017年04月16日 06:54撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林帯に入ると、おもったより雪が登山道についていました。チェーンを装着します。下山までずっとこれで行けました。
前三ッ頭にとりつくと、急坂がつづきます。
2017年04月16日 07:25撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前三ッ頭にとりつくと、急坂がつづきます。
その通り!
2017年04月16日 07:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その通り!
1
前三ッ頭に出ると、一気に眺望が開けます。甲府盆地。富士山が左にありますが、写真だとさらに薄い! 右端は北岳。
2017年04月16日 07:54撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前三ッ頭に出ると、一気に眺望が開けます。甲府盆地。富士山が左にありますが、写真だとさらに薄い! 右端は北岳。
2
南アはよく見えますヽ(^。^)ノ
2017年04月16日 07:55撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アはよく見えますヽ(^。^)ノ
3
仙丈ケ岳(右)、甲斐駒ヶ岳(中)、アサヨ峰(左)。
2017年04月16日 08:00撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳(右)、甲斐駒ヶ岳(中)、アサヨ峰(左)。
10
北岳と重なって間ノ岳(右)、高峰(中)、観音岳(左の白)、辻山(右端)。
2017年04月16日 08:01撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳と重なって間ノ岳(右)、高峰(中)、観音岳(左の白)、辻山(右端)。
4
中央アルプスもよく見えます。木曽駒・宝剣岳(右)から空木岳・南駒ヶ岳(左)、越百山(左端)も見えますね。絶景です!
2017年04月16日 08:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスもよく見えます。木曽駒・宝剣岳(右)から空木岳・南駒ヶ岳(左)、越百山(左端)も見えますね。絶景です!
3
重量を軽くするため、前三ッ頭で、早めの食事。
2017年04月16日 08:01撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重量を軽くするため、前三ッ頭で、早めの食事。
目的地のギボシにちなんだ、煮干しラーメン。
2017年04月16日 08:10撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目的地のギボシにちなんだ、煮干しラーメン。
6
腹ごしらえができたので、三ツ頭をめざします。いい天気になってきました。
2017年04月16日 08:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腹ごしらえができたので、三ツ頭をめざします。いい天気になってきました。
4
三ッ頭に到着! 朝は雲がありましたが、すっかりとれて、最高の天気!! 赤岳(右)、阿弥陀岳(中)、権現岳(左の尖がり)、ギボシ(権現の左)!
2017年04月16日 09:25撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ頭に到着! 朝は雲がありましたが、すっかりとれて、最高の天気!! 赤岳(右)、阿弥陀岳(中)、権現岳(左の尖がり)、ギボシ(権現の左)!
8
樹氷と南ア。
2017年04月16日 09:23撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹氷と南ア。
2
編笠山(右)とその山頂奥に御嶽山、左に中央アルプス。
2017年04月16日 09:23撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
編笠山(右)とその山頂奥に御嶽山、左に中央アルプス。
1
三ッ頭〜権現岳は、雪が増えます。完全にここは雪山。正面は、赤岳(右)と阿弥陀岳(左)。
2017年04月16日 09:30撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ頭〜権現岳は、雪が増えます。完全にここは雪山。正面は、赤岳(右)と阿弥陀岳(左)。
7
振り返って、三ツ頭(左)と南ア(右奥)。
2017年04月16日 09:51撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、三ツ頭(左)と南ア(右奥)。
regさんと赤岳。赤岳には行きませんが、絵になります。
2017年04月16日 09:54撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
regさんと赤岳。赤岳には行きませんが、絵になります。
4
権現岳が近くなりました。すばらしい、八ヶ岳ブルー!
2017年04月16日 10:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳が近くなりました。すばらしい、八ヶ岳ブルー!
1
権現岳手前のトラバース。権現岳の雪山登山で一番の核心部。
2017年04月16日 10:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳手前のトラバース。権現岳の雪山登山で一番の核心部。
6
トラバースを過ぎると、権現岳はもうすぐ。
2017年04月16日 10:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースを過ぎると、権現岳はもうすぐ。
山頂付近は強風のためか、雪がありません。
2017年04月16日 10:19撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近は強風のためか、雪がありません。
おお、いままでなかった山梨100名山標柱がありました! 岩の下です。奥にみえるは、最終目的地のギボシ!
2017年04月16日 10:22撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、いままでなかった山梨100名山標柱がありました! 岩の下です。奥にみえるは、最終目的地のギボシ!
7
権現岳山頂からの赤岳(右)、中岳(中)、阿弥陀岳(左)。阿弥陀と中岳の手前が、旭岳。
2017年04月16日 10:26撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳山頂からの赤岳(右)、中岳(中)、阿弥陀岳(左)。阿弥陀と中岳の手前が、旭岳。
5
さて、いよいよ、やつを攻めますか!
2017年04月16日 10:26撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、いよいよ、やつを攻めますか!
ギボシへのトレースは消えていますね。風は3〜5mくらい、雪も締まっていて、いい条件です。
2017年04月16日 10:34撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギボシへのトレースは消えていますね。風は3〜5mくらい、雪も締まっていて、いい条件です。
3
先行して私が登ります。距離を置いて、ギボシの稜線を攻めるregさん。奥は権現岳。
2017年04月16日 10:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行して私が登ります。距離を置いて、ギボシの稜線を攻めるregさん。奥は権現岳。
4
あと少しで、ギボシ! 赤岳とregさん。
2017年04月16日 10:43撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少しで、ギボシ! 赤岳とregさん。
1
ついに、雪のギボシ制覇!! 歓喜の男!
2017年04月16日 10:44撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに、雪のギボシ制覇!! 歓喜の男!
6
ギボシからの風景。右から、赤岳、横岳、硫黄岳、阿弥陀岳。左奥に蓼科山も見えます。ここは、すべての八ヶ岳が見える奇跡の場所! 権現岳よりすばらしい!
2017年04月16日 10:45撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギボシからの風景。右から、赤岳、横岳、硫黄岳、阿弥陀岳。左奥に蓼科山も見えます。ここは、すべての八ヶ岳が見える奇跡の場所! 権現岳よりすばらしい!
7
風が強くなりそうなので、長居は無用。すぐに下山開始。
2017年04月16日 10:45撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強くなりそうなので、長居は無用。すぐに下山開始。
2
ピッケルを刺しながら、慎重に細尾根を下っていきます。
2017年04月16日 10:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピッケルを刺しながら、慎重に細尾根を下っていきます。
3
三ッ頭まで下ってきました。雲が厚くなり、風も強くなってきました。ギボシのアタックのときは、本当にラッキーでした!
2017年04月16日 11:55撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ頭まで下ってきました。雲が厚くなり、風も強くなってきました。ギボシのアタックのときは、本当にラッキーでした!
2
三ッ頭からの下りは、雪がかなり緩んできました。スキーのようにして、下っていきます。
2017年04月16日 12:36撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ頭からの下りは、雪がかなり緩んできました。スキーのようにして、下っていきます。
1
14時には、ゲートに到着。この時期に、念願の雪のギボシを制覇できて、大満足の山行でした!
2017年04月16日 13:59撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14時には、ゲートに到着。この時期に、念願の雪のギボシを制覇できて、大満足の山行でした!
1

感想/記録

■雪のギボシに挑む!
 ギボシ。この山が山梨200名山候補に追加認定されてから、その攻め方は決まっていた。かつて雪のシーズンに権現岳に登った時にみたあのギボシ。あまりに神々しいその山容。だが、それを阻む、踏跡のない細い稜線。その当時は、雪の権現岳はいけても、雪のギボシは遠かった。

 雪の季節に、再度、権現岳を攻めて、そこから今度はギボシに登る。だが、いうまでもなく、天候、風、雪の状態のすべてがそろわないと、ギボシの頂には立つことはできない。

 今回、チャンスがやってきた。天気はよい予報だったが、気がかりなのは、強風の予報。ヤマテンは12:00の赤岳に北西の風20mを予測していた。雪の状態もいってみないとわからない。

 権現岳の頂に立った時、風はまだ、弱かった。ギボシまでのトレースはなかったが、雪も締まって歩きやすい。雪庇も大きくない。「いける!」 権現岳の滞在をわずかに、ストックをピッケルに持ち替えて、アタックを開始した。

 一歩一歩、ギボシの稜線を、ピッケルを突き刺しながら歩く。私たちにだけに与えられた、階段を登るかのようだ。ふと周りに目をやると、南八ヶ岳の優駿な山々が私たちを祝福してくれている。ギボシの頂を目の前にしたとき、もう少しこの時間を楽しませてほしいという気持ちだった。

 狭いギボシの頂に立つと、遅れてregさんがやってきた。「大丈夫だった?」と声をかけると、アリの戸渡並みに怖かったが、今回は落ち着いていたとのこと。男は成長していた。感慨に浸る間もなく、強風になる前にギボシからの下山を開始した。慎重に下ってきて、権現岳に戻った時、二人でがっちり握手をかわした。

 これで八ヶ岳のすべての頂とルートを制覇した。そのフィナーレにふさわしい、最高の雪のギボシであった。

感想/記録
by reg

権現というよりギボシ狙いのこの日、
ご飯はギボシ→ニボシで、煮干し味の濃いラーメンとしました。
煮干し味のスープに、魚粉を足した簡単なラーメンです。

ギボシ煮干しラーメン(男2人分)

<材料>
つけ麺用の麺 3食分
煮干し味のスープ(市販) 3食分
味玉 2個
チャーシュー(今回は市販) 6枚
ほうれんそう 1把
チューブの魚粉 適量
焼きのり 適量
ねぎ 適量 
こしょう 

<前日準備>
1 麺を軽くゆでて、水洗いしてジップロック
2 ほうれんそうをゆでて、水切りしてジップロック

<山で>
1 お湯を沸かしてラーメンを温める
2 魚粉適量とスープを溶かす
3 トッピングしてから少し温めて完成
訪問者数:727人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/26
投稿数: 2684
2017/4/17 21:23
 雪のギボシ
yama-ariさん、regさん、こんばんは

積雪期のギボシ、格好いいですね。
#35の写真などは、海外の山かと思ってしまいました。
権現岳に登る方は多いでしょうが、ギボシまで足を延ばす人は少ないでしょうね。
これで八ヶ岳全てのピーク&ルート制覇ですか。
これまた素晴らしい。
私は峰の松目が永遠の課題になってます。

ギボシに煮干しラーメンは笑えました。
登録日: 2012/12/5
投稿数: 727
2017/4/18 6:59
 Re: 雪のギボシ
hirokさん。おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。

積雪期のギボシ、かっこいいですね。
権現岳方面からの#35もいいですし、
西岳からのギボシも最高ですよね。

八ヶ岳全座&全ルート制覇を評価してくださるのは、
hirokさんくらいです。でも、尊敬している方
からのお言葉、とても光栄です。

hirokさんは、峰の松目だけを残しているんですね。
オーレンを起点か終点にすると、絡めやすいですが、
通常は、主稜からは外れているため、残りますよね。
どう、hirokさんが課題を克服するのか、今から楽しみです。

峰の松目といえば、私たちにも課題があって、
その名称です。regさんに「松目」の由来を調査するように、
宿題を出したんですが、わからなかったとのこと。謎です。
登録日: 2014/7/13
投稿数: 3779
2017/4/18 21:25
 あまーい
yama-ariさん
regさん   コンばんはpaper

オッサンはhirokさんみたいに温厚な性格じゃーねー
もっとガッツリ積雪時に行くべきずら
この積雪時2人して甘すぎるpunch
チェーンだと?もっとあまーい 砂糖以上にあまーい
といいつつ、オッサンには出来ねえな〜(笑)
自分にあまーいオッサンより
登録日: 2012/12/5
投稿数: 727
2017/4/20 7:18
 Re: あまーい
Kazuhagiさん。おはようございます。

がっつり厳冬期じゃないの やっぱり、ばれました? 
まだ死にたくなったので・・・

がっつり12本じゃないの、やっぱり、ばれました? 
最近、冬靴と12本爪が重くて・・・
登録日: 2009/7/19
投稿数: 53
2017/4/24 8:40
 プロジェクトX
yama-ari さん、おはようございます。

yama-ari さんのコメントを、「地上の星」を流しプロジェクトX風のナレーションで読むとドはまりしましたが・・・・。狙いました?(笑)
雪の八ヶ岳、いいですね。自分には無縁の世界ですがyama-ari さんのレコで楽しませていただいてます。どうぞお気をつけてお出掛けください。
登録日: 2012/12/5
投稿数: 727
2017/4/28 9:23
 Re: プロジェクトX
tammy-sanさん。ご無沙汰しています。
コメント返信おそくなってすみません。

「地上の星」が流れたなんて、嬉しいです。
それを意識して書きました。やっぱりtammy-sanは、
感性がいいですね。

GWはどこか予定ありますか? ご家族で楽しいGWを!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ストック ピッケル 雪庇 テン 山行 踏跡
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ