また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1110737 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

釈迦ヶ岳

日程 2017年04月21日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り のち 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
[朝明(あさけ)渓谷側 登山口よりアクセス]
1. 県道762号線 を 西へ 「朝明ロッジ」を目指す
2. 「朝明ロッジ」前の大駐車場に駐車(普通車:500円)
  ※ この日は徴収する方がいらっしゃいませんでした。。。
  ※ 明確に料金案内看板があるので繁忙期は徴収されると思います。
3. 登山口:駐車場の東端に「登山口」看板あり
  ※ 登山届ポスト(+ 用紙)も同位置に設置されています。
 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間8分
休憩
1時間11分
合計
7時間19分
S朝明駐車場09:5912:43釈迦の白毫12:4513:08大蔭13:0913:13釈迦ヶ岳14:0514:13大蔭15:59庵座の滝16:1517:18朝明駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースタイムに対して、かなり遅めの行程時間です。
登山開始前からとにかくゆっくり山行を心掛けていた事と、途中から足の痙攣が出始めた事が原因です。
コース状況/
危険箇所等
◇ 中尾根ルート(登りで使用)
・主だって危険な箇所はありませんでした。

◇ 庵座谷ルート(下りで使用)
・あまり使われていないルートなのか所々荒廃気味なルートでした。
・急登、ザレ場(かなり崩れやすい)、滑りやすい箇所が点在。
・危険な箇所にはトラロープ(またはザイル)があちこちに設置してあるが、
 足場が濡れていたり崩れやすい等で気を抜くと滑落の危険大。
・上記の様な場所に慣れた方以外はおススメ出来ないルート。
 
その他周辺情報□ 日帰り温泉
・湯の山温泉 アクアイグニス(片岡温泉)
  → 営業時間 = 6:00〜24:00
  → 料金 = 600円(モンベル会員はカード提出で50円割引♪)
 
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 携帯 タオル ストック
備考 ▼ 反省点(持って行けば良かったもの)
・足の攣り用に常備していた ” 芍薬葛根湯 ” を忘れたので、
 足が攣ってから激しく時間が掛かってしまった。。。
・ランチを計画している方は「携帯ザブトン」等があると良いかも☆
 

写真

登山口にはポスト・用紙が設置されています!
さあ出発しましょう♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口にはポスト・用紙が設置されています!
さあ出発しましょう♪
2
「中尾根ルート(右)」or「庵座谷ルート(左)」の分岐点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「中尾根ルート(右)」or「庵座谷ルート(左)」の分岐点
登りは「中尾根ルート」をチョイス☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りは「中尾根ルート」をチョイス☆
渡渉ポイント(水量が多かったら怖いかも…)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉ポイント(水量が多かったら怖いかも…)
いよいよ本格的な登山開始です♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ本格的な登山開始です♪
1
久々の登山なので気分も高揚中!!!
でも今日はゆっくりとしたペースで感覚を取り戻すのに専念!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々の登山なので気分も高揚中!!!
でも今日はゆっくりとしたペースで感覚を取り戻すのに専念!
のんびりゆっくりと♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびりゆっくりと♪
靴底より感じる土の感触が懐かしい☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
靴底より感じる土の感触が懐かしい☆
安気な登山でも慎重に!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安気な登山でも慎重に!
ゴツゴツした岩が出始めました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴツゴツした岩が出始めました!
こんな急登も懐かしい♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな急登も懐かしい♪
おっ!先が明るくなってきたぁ☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ!先が明るくなってきたぁ☆
”鳴滝コバ” に到着です!
ここに到着したトタンに滝の音が♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”鳴滝コバ” に到着です!
ここに到着したトタンに滝の音が♪
本当に今日は時間の流れがユックリで、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当に今日は時間の流れがユックリで、
どんな道も楽しんでます♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんな道も楽しんでます♪
「庵座谷ルート」へのトラバース地点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「庵座谷ルート」へのトラバース地点。
日本二百名山「御在所岳」☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本二百名山「御在所岳」☆
3
あれが「釈迦ヶ岳」山頂かな???
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが「釈迦ヶ岳」山頂かな???
1
落石には注意しましょう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石には注意しましょう!
急に形相が変わりまして、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急に形相が変わりまして、、、
荒々しい試練を乗り越えて、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒々しい試練を乗り越えて、、、
「釈迦白毫」に到着です☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「釈迦白毫」に到着です☆
1
う〜ん♪
この景観が欲しかったんだなぁ☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う〜ん♪
この景観が欲しかったんだなぁ☆
1
「御在所岳」の山頂は雲を纏ってます。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「御在所岳」の山頂は雲を纏ってます。。。
さっ、山頂は目前!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっ、山頂は目前!
2
とその前にキレット現る。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とその前にキレット現る。。。
5
浮石に足を取られない様に慎重に!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浮石に足を取られない様に慎重に!
2
キレット鞍部より!
キレっキレっスね☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット鞍部より!
キレっキレっスね☆
さぁ、最後の試練に挑みまッス!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、最後の試練に挑みまッス!
わぁお!エイリアンに襲って来ている図☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わぁお!エイリアンに襲って来ている図☆
ちょっと疲労感が・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと疲労感が・・・
おっ!あれはもしかして!!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ!あれはもしかして!!!
山頂に到着か?!!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着か?!!!
と、ここは「釈迦ヶ岳」の最高点だそうです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と、ここは「釈迦ヶ岳」の最高点だそうです!
1
三角点はもうちょい先へ♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点はもうちょい先へ♪
「羽鳥(ハト)峰」方面への分岐点!
ここから「御在所岳」方面への縦走も面白そう♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「羽鳥(ハト)峰」方面への分岐点!
ここから「御在所岳」方面への縦走も面白そう♪
さぁ、残るは「釈迦ヶ岳」山頂のみ☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、残るは「釈迦ヶ岳」山頂のみ☆
山頂へのウイニング・ロード♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へのウイニング・ロード♪
1
「釈迦ヶ岳(標高:1092m)」到着です!
三角点もゲットです☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「釈迦ヶ岳(標高:1092m)」到着です!
三角点もゲットです☆
3
だそうです!
まずはお世話にならない様にしなくてはですね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だそうです!
まずはお世話にならない様にしなくてはですね!
1
以前はこの山頂のどこかに建っていたのであろう、
「釈迦ヶ岳頂上」の道標!
今は横になって静かに登山者の安否を案じているのでしょうか?!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前はこの山頂のどこかに建っていたのであろう、
「釈迦ヶ岳頂上」の道標!
今は横になって静かに登山者の安否を案じているのでしょうか?!
1
狭いですが、他の登山者もいないのでここで大休憩!
遅めのランチと珈琲を頂き下山開始です!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭いですが、他の登山者もいないのでここで大休憩!
遅めのランチと珈琲を頂き下山開始です!
帰りは「庵座谷ルート」で下山します!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは「庵座谷ルート」で下山します!
あれは登りで使用した「中尾根」でしょうか?!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれは登りで使用した「中尾根」でしょうか?!
自然が織りなす芸術♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然が織りなす芸術♪
スンゴイ急登の嵐を掻い潜り、尾根より一気に谷まで下りて来ました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スンゴイ急登の嵐を掻い潜り、尾根より一気に谷まで下りて来ました!
「中尾根ルート」へのトラバース分岐点。
これ、どこに道があるんでしょうか…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「中尾根ルート」へのトラバース分岐点。
これ、どこに道があるんでしょうか…。
「庵座谷」沿いのガレガレルート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「庵座谷」沿いのガレガレルート
このルートは何回も渡渉を繰り返します!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートは何回も渡渉を繰り返します!
1
滝の高巻き道。
写真では伝わらないこの高度感。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の高巻き道。
写真では伝わらないこの高度感。。。
2
難所をクリアしたところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難所をクリアしたところ。
振り返ると素晴らしい滝に出会えました♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると素晴らしい滝に出会えました♪
2
また違うポイントの滝とキレイ滝壺☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また違うポイントの滝とキレイ滝壺☆
これもまた違うポイントの滝!(多分、”庵座の大滝”)
たまたま振り返った瞬間に発見したんですが、インパクトがスゴ過ぎて絶句しちゃいました!
”一見の価値” 大アリです♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもまた違うポイントの滝!(多分、”庵座の大滝”)
たまたま振り返った瞬間に発見したんですが、インパクトがスゴ過ぎて絶句しちゃいました!
”一見の価値” 大アリです♪
3
分割した案内板。。。
あれっ?他にもあったのかなぁ…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分割した案内板。。。
あれっ?他にもあったのかなぁ…
今回の旅もそろそろ終盤。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の旅もそろそろ終盤。
最後の渡渉を終えた所。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の渡渉を終えた所。
あとは駐車場へ下るだけです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは駐車場へ下るだけです。
駐車場が見えて来ました☆
時間も遅いので私が最後の登山者の様です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場が見えて来ました☆
時間も遅いので私が最後の登山者の様です。
1
いやぁ、素晴らしい旅をありがとうございました♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやぁ、素晴らしい旅をありがとうございました♪
1

感想/記録
by marve

◎感 想
長いようで短かったスキーシーズンが終焉を迎えようとするこの時期、
毎年 ”山ヒル” を警戒して近寄らなかった、
「鈴鹿セブンマウンテン」に的を絞っての今回の山行でした。
色々と皆様のレコを参考に決めたのが今回の「釈迦ヶ岳」。
なんとなく惹かれるものがあったので、代休を使ってのんびり平日登山へ☆
平日の通勤ラッシュに巻き込まれながら現地に遅めの到着しましたが、
今回は必要最低限の装備で足慣らしを目的とし
焦らず急がず登山を楽しみました♪

登りは息が全く切れない程度のペースを心掛け、
急登もまた楽しむようにして登って山頂へ!
下りは一気に高度を谷まで落とし、
自然が作り出す数々の景観に圧倒されながら、
まるで美術館の中を歩いているかのような山旅になりました☆

この時期は暑くもなく寒くもなくの気候なので、
来シーズンの初めは是非ともこの ”鈴鹿の峰々” を堪能したいと思います♪
訪問者数:330人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/5/12
投稿数: 539
2017/4/26 0:42
 足の痙攣は、大丈夫でしたか?
お久しぶりです
やっと、山に帰ってこられましたね^_^
鈴鹿山脈…すきですねー良いなぁと思いつつ、なかなか行けませんが(笑)

ところで、、今年はご一緒出来ますでしょうか?^_^山メシ…ずいぶん出来るようになりましたよ。是非、食べていただきたいわ(笑)
登録日: 2014/11/11
投稿数: 106
2017/4/26 20:49
 Re: 足の痙攣は、大丈夫でしたか?
こんばんは〜^^
ただいま戻りました☆
といっても冬も山の中(ゲレンデ)には居るんですけどね・・・^^;

やっぱりスキーで使う筋肉と登山で使う筋肉は違いますね・・・
これはかなりトレーニングが必要と思われ・・・

鈴鹿山脈はなかなか面白いですよ♪
里山チックな所が実に楽しい☆
是非ともご案内したいです!

今シーズンは絶対にご一緒しましょう!
山メシ楽しみです!ジュルル〜〜〜☆
早めに計画を立てて万全の装備で満喫しちゃいましょう♪
その折は宜しくお願い致します☆

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ