また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1112865 全員に公開 雪山ハイキング札幌近郊

喜茂別岳-並河岳

日程 2017年04月23日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道230号線中山峠から喜茂別川へ約9Km地点に 林道「中岳線」(喜茂別岳看板有)入口に駐車 今現在は積雪のため 車2.3台縦列駐車なら可。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間20分
休憩
1時間14分
合計
8時間34分
Sスタート地点05:2708:06見晴し台08:0709:00喜茂別岳09:0809:59並河岳11:0412:33見晴し台14:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
喜茂別岳手前に位置するP1062は雪庇の崩壊があり要注意。
熊が冬眠から覚め餌を求め歩き出すので注意する。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スノーシュー

写真

早めに来たがまだだれも来ていなかった。
数台は停められそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早めに来たがまだだれも来ていなかった。
数台は停められそうです。
夏道の看板あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道の看板あり。
前方右の伐採植林地を通り奥の山を通る。気温が低いので雪質はカリカリだが最初からスノーシューを履いていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方右の伐採植林地を通り奥の山を通る。気温が低いので雪質はカリカリだが最初からスノーシューを履いていく。
伐採植林地を登りきったところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採植林地を登りきったところ。
さらに尾根を登り一路三角点のある地点を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに尾根を登り一路三角点のある地点を目指す。
古三角点川上のおおよその位置。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古三角点川上のおおよその位置。
P729は迂回し広尾根をとおる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P729は迂回し広尾根をとおる。
ようやく喜茂別岳の稜線が見えてくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく喜茂別岳の稜線が見えてくる。
後志羊蹄山の山頂部が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後志羊蹄山の山頂部が見えてきた。
一旦林道とぶつかる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦林道とぶつかる。
北電高圧線鉄塔を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北電高圧線鉄塔を通過。
再び林道を横断する。写真右側の斜面を登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び林道を横断する。写真右側の斜面を登る。
小喜茂別岳が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小喜茂別岳が見えてきた。
1
斜面は急だが徐々に視界が開けてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面は急だが徐々に視界が開けてきた。
喜茂別岳が見えてきた。早く出てきたつもりだが既に先行者が
山頂に立っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
喜茂別岳が見えてきた。早く出てきたつもりだが既に先行者が
山頂に立っていた。
2
樹氷がきれい。昨日は札幌市内は雨だったが、稜線付近は多少しばれ、少々降雪した模様。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹氷がきれい。昨日は札幌市内は雨だったが、稜線付近は多少しばれ、少々降雪した模様。
P1062既に亀裂が入っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1062既に亀裂が入っている。
1
P1062を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1062を振り返る。
1
ようやく稜線に到達。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく稜線に到達。
喜茂別岳最高点より並河岳、中岳、無意根山を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
喜茂別岳最高点より並河岳、中岳、無意根山を望む。
2
ついでに山頂標識をもつ、凝三角点喜茂別岳に立ち寄る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついでに山頂標識をもつ、凝三角点喜茂別岳に立ち寄る。
凝三角点喜茂別岳で撮影。さてこの先どうしようか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凝三角点喜茂別岳で撮影。さてこの先どうしようか。
4
2週間前無意根山から中岳へ行ったので今度は逆から行くつもりだったがガスが出てきて中岳が見えなくなってしまった。
まず並河岳を目指すことにする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2週間前無意根山から中岳へ行ったので今度は逆から行くつもりだったがガスが出てきて中岳が見えなくなってしまった。
まず並河岳を目指すことにする。
1
既に先行者のトレースがあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
既に先行者のトレースがあった。
1
中岳はガスの中。次第に今いる場所もガスがかかり小雪が降り出す。この時点で登る気がなくなり早いが昼食とし大風呂敷を敷く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳はガスの中。次第に今いる場所もガスがかかり小雪が降り出す。この時点で登る気がなくなり早いが昼食とし大風呂敷を敷く。
しばらくすると天気が良くなってきた。写真は烏帽子、百松沢、神威を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくすると天気が良くなってきた。写真は烏帽子、百松沢、神威を望む。
1
次第に中岳、無意根山が姿を現してきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次第に中岳、無意根山が姿を現してきた。
1
ニセコ連峰を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニセコ連峰を望む。
百年記念塔、札幌ドームを望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百年記念塔、札幌ドームを望む。
漁岳、恵庭岳、小漁岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漁岳、恵庭岳、小漁岳
羊蹄も見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羊蹄も見えてきた。
2
中岳も見えてきた。3人ほど山頂に到達している模様。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳も見えてきた。3人ほど山頂に到達している模様。
2
さて引き返すことにする。並河岳-中岳は次の宿題とする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて引き返すことにする。並河岳-中岳は次の宿題とする。
写真を撮りながら下山。中央尻別岳、両側に太平洋が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真を撮りながら下山。中央尻別岳、両側に太平洋が見えた。
1
振り返り喜茂別岳を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返り喜茂別岳を望む。
樽前山が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樽前山が見えた。
撮影機材:

感想/記録

2週間前無意根山から中岳へ行きましたので、今度は喜茂別側からと思っていましたが結局並河岳止まりとなりました。途中山スキーの登山者と多数お会いしましたが正直下りの時間を見込めるがうらやましい限りです。両山とも未踏の山で、それなりに満足はしましたが今後の宿題としたいと思います。
訪問者数:379人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ