また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1114068 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

都県境ゆるヘロ縦走 その5 久々の都県境も撤退でションボリ編 〜鳥屋戸尾根〜蕎麦粒山〜離岩尾根

日程 2017年04月23日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち30%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
蕎麦粒山ピークの巻き道がかなり細いです
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

スタートは川乗橋のバス停です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートは川乗橋のバス停です
1
鳥屋戸尾根への取り付きはバス停からほんのすぐ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥屋戸尾根への取り付きはバス停からほんのすぐ
のっけからかなりの急坂ですΣ(°д°lll) ゆっくり行きましょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のっけからかなりの急坂ですΣ(°д°lll) ゆっくり行きましょう
植林の中を通る九十九折りの細い道。急ですが歩きやすい道です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林の中を通る九十九折りの細い道。急ですが歩きやすい道です
露岩した路面もありますが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
露岩した路面もありますが…
しばらくは急坂が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは急坂が続きます
ヒーヒーいいながら1時間ほど登ると、樹林帯も現れてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒーヒーいいながら1時間ほど登ると、樹林帯も現れてきました
これが925の三角点かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが925の三角点かな?
樹林帯を通る明るい感じの道になりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を通る明るい感じの道になりました
とはいえ急傾斜が続きます( ゜д゜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とはいえ急傾斜が続きます( ゜д゜)
さらに尾根上を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに尾根上を進みます
途中視界が開けるポイントがありました。大岳山と手前は大仁田山ですかね?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中視界が開けるポイントがありました。大岳山と手前は大仁田山ですかね?
2
ときたま下りもありましたが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ときたま下りもありましたが、
基本は延々と上りです(-_-)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基本は延々と上りです(-_-)
ようやく蕎麦粒山の巻き道との分岐に到着。予想してたより時間がかかりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく蕎麦粒山の巻き道との分岐に到着。予想してたより時間がかかりました
蕎麦粒山までもうひと息
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山までもうひと息
到着〜ッ(^_^)v ようやく都県境です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着〜ッ(^_^)v ようやく都県境です
2
天気がいいので、眺望の開ける日向沢ノ峰〜川苔山がよ〜く見渡せます。気持ちいいのぉ(^o^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気がいいので、眺望の開ける日向沢ノ峰〜川苔山がよ〜く見渡せます。気持ちいいのぉ(^o^)
1
蕎麦粒山で食事後、都県境を天目山方面に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山で食事後、都県境を天目山方面に向かいます
仙元峠との分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙元峠との分岐。
仙元峠を通過します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙元峠を通過します
仙元峠に先に秩父方面の眺望が開けるポイントがありました。目をこらすと…浅間山かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙元峠に先に秩父方面の眺望が開けるポイントがありました。目をこらすと…浅間山かな?
2
赤城山ですかね?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城山ですかね?
1
先に進みます。都県境の道(天目背稜)は路面がよく整っているので、本来はヘラヘラと歩きたいトコですが…腸脛靭帯炎を発症orz
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に進みます。都県境の道(天目背稜)は路面がよく整っているので、本来はヘラヘラと歩きたいトコですが…腸脛靭帯炎を発症orz
それでもごまかしつつ棒杭尾根との分岐まできたのですが…あきらめて引き返します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでもごまかしつつ棒杭尾根との分岐まできたのですが…あきらめて引き返します
蕎麦粒山のピークは避けて巻き道に進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山のピークは避けて巻き道に進みます
しかしこの巻き道が…細い(||゜Д゜)ヒィィィ 膝をかばいつつ涙目で進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしこの巻き道が…細い(||゜Д゜)ヒィィィ 膝をかばいつつ涙目で進みます
1
ヨレヨレと鳥屋戸尾根との分岐に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨレヨレと鳥屋戸尾根との分岐に到着
もちろん鳥屋戸尾根には行きません。巻き道を踊平方面に進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろん鳥屋戸尾根には行きません。巻き道を踊平方面に進みます
道は結構穏やかで助かります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は結構穏やかで助かります
この桟道はちょっとグラつく感じがありました( ゜д゜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この桟道はちょっとグラつく感じがありました( ゜д゜)
離岩尾根を下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
離岩尾根を下ります
なんとか林道まで降りてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか林道まで降りてきました

感想/記録

えーと、1年近く放置していた東京都と埼玉県の都県境縦走ですが、ようやく再開いたしました。
今までに成木尾根〜黒山〜棒ノ嶺〜日向沢ノ峰〜蕎麦粒山と進んでいます。蕎麦粒山〜天目山は歩いたことがあるのでスルーしようかとも思ったのですが…せっかくですから歩くことにします。
それにはまず蕎麦粒山に登らねばなりません。
で、チョイスしたのが未踏の鳥屋戸尾根。山と高原地図では破線ルートですが、レコを見る限りさほど難度は高くなさそうな感じ(参照させていただいた皆様ありがとうございます)。
そんなわけで奥多摩駅からぎゅうぎゅう詰めのバスに乗って川乗橋バス停に降り立った次第。

◎鳥屋戸尾根
川乗橋のバス帯からほんのすぐのトコに取り付きがあります。
のっけからかなりの急坂を登り込んで行きますが、踏跡明瞭で路面もよく整っているので歩きやすいっちゃあ歩きやすいです。

笙ノ岩山まで2時間ほど、ひたすらの登り。
その先は地図を見る限り穏やかな感じだったのですが、多少のアップダウンががありつつも延々と登りが続きますので、なかなかにシビレる行程でしたね( ゜д゜)

出発から3時間強で蕎麦粒山の巻き道との分岐を通過。
そこから10分ほどで蕎麦粒山に到着しました。

◎蕎麦粒山〜都県境尾根
蕎麦粒山はそんなに眺望ありませんが、それでも川苔山方面はよく見えました。
昼食後には“本編”の都県境尾根歩き…ですが、蕎麦粒山のピークを下り始めたとたんにヒザに違和感が(゜Д゜)

気が付かないフリをして( ̄。 ̄;) 仙元峠を経過しましたが、その仙元峠からの下りでいよいよ痛みが…腸脛靭帯炎を発症したもようですorz

それでも都県境尾根は整った路面ですし、傾斜もキツクはないのでどうにかごまかせないかな〜などと往生際の悪いことを考えつつも、棒杭尾根との分岐まで歩いたのですが、どうにもらない感じです(T_T)
腸脛靭帯炎は下りでヒザを曲げた際に痛みが出ます。このまま一杯水まで進んでヨコスズ尾根を下るより、引き返して離岩尾根を下った方が、トレイルを下る距離は短いです…仕方ありません。無念ですが今来た道を戻りますorz

◎蕎麦粒山の巻き道
ションボリした気分で来た道を戻ったんですが、蕎麦粒山のピークはもちろん巻きます。この巻き道がけっこうシビレました。とにかく道幅が狭い( ゜д゜)
ヒザをかばっているのもあって、斜面にへばりつくように横歩きで進むような箇所もありましたよ。

…とまぁ、離岩尾根を下って林道に出た次第です。
この林道歩きがとっても長いのでイヤだったのですが、腸脛靭帯炎にとってはトレイルの下りよりはず〜っとマシです。「1時間半ゆっくりと歩くか…」と、トボトボと進んでいますと、なんと後ろから来たクルマの方が乗せてくれました。
その方々は、3月18日に天目山に登るといって行方不明になった方を捜索をしているとのことでした。そんな重要なミッションを持っている方々のクルマに、たかだか腸脛靭帯炎の発症で涙目で下山したへたれハイカーが便乗させていただくは申し訳ない気分でいっぱいでしたが…ありがとうございました。

そんなこんなで、張り切って再開した都県境縦走ですが、まったく締まらない結果になりました。ここんとこ膝に違和感があったので危惧はしていたのですが…これは今後の計画も考え直さざろう得ないです(´・ω・`)


訪問者数:256人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 三角点 巻き道 高原 撤退 踏跡
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ