ヤマレコ

記録ID: 1135022 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

何故か超レアコース 清清しい風の中、富士宝永山 ― 富士宮口から

日程 2017年05月09日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
舗装路のみ
駐車場。
トイレあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
11:09 移動の開始
11:33 六合目
11:45 宝永第1火口縁
11:55 宝永第1火口
12:45 宝永山
13:09 宝永第1火口(〜13:45)
13:53 宝永第1火口縁
14:03 六合目
14:33 移動の終了
コース状況/
危険箇所等
一部雪
非常に滑り易い雪の急斜面のトラバースあり(踏み後なし)
砂利の急斜面のトラバースあり(一部砂利で埋まっている)
過去天気図(気象庁) 2017年05月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

今回は富士山の中腹にある富士山での最後の火山である宝永火口と宝永山に行ってきました。
今年の富士山の雪は北側は非常に多いのですが、南側は非常に少なくもう雪の島がいくつかある位。平日にも関わらずその島を巡りに多くの登山者とバックカントリーの方が来ていました。
富士宮口から宝永火口にはほぼ横移動のみで楽に行けます。その方向にも登山道上には一部雪が残ってる程度。
しかしながら、この時期、このコースで行く人は殆どいないという今時珍しい、非常にレアなコース。実際にここ数年でこの時期にここを通ったヤマレコはアップされていないという超レアなコース!
そのせいか、雪の斜面のトラバースにも殆ど踏み後もなく、この残雪のつるつるに滑る雪質もあり、非常に難易度が高い状況、アイゼンがなければ通過は命がけとなる位である。軽アイゼンとストックは必要な状況ではありました。
それと同じ位に砂礫の砂の斜面に斜面のトラバースも通るたびに崩れるのでそこの通過も非常に難しかったです。ここの通過は相当に運動神経が良くなければ
砂と一緒に滑落必至です><
ほどなくして、火口に到着。
全国的にも珍しいこの巨大な火口の中央部を登山道が通っていていけるなど、残雪と赤の土と砂礫の混ざった景色が素晴らしく、中央部に新しいベンチとテーブルがあったのには驚きw
山頂へはそこから200mほど登りあげ到着!
眺望も素晴らしく、伊豆半島にあしたか連邦、箱根山に箱根外輪山と!
何と言っても直ぐ眼上に富士山頂が!
最後はヒップソリにグリセイドと少しだけ滑りも楽しめ
適度な時間と適度な強度で快適な登山となりました^^

 
訪問者数:438人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ