また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1153469 全員に公開 ハイキング 塩見・赤石・聖

初夏の池口岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2017年05月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
飯田山本I.Cから151号線-244号線経由をナビが誘導しましたが、244号線は通行止め(夏までかかるそうです) 仕方なく、151号線ー418号線経由(悪路)で遠回りして遠山郷に入りました。(以下図説明) 
飯田I.Cから矢筈トンネル経由で入る方が正解です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間20分
休憩
1時間7分
合計
10時間27分
S池口岳登山口04:2806:47クロナギ06:4807:21利検沢の頭07:3207:47ザラナギ07:5109:35ジャンクション09:4909:58池口岳10:2210:37ジャンクション10:4412:14ザラナギ12:1612:29利検沢の頭12:3313:11クロナギ14:55池口岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
Garmin Fenix5xの使い方に慣れていないためか、2,30分スタートボタンを押し忘れて画面では、スタートが途中からになっていますが、スタート時間は実際のように調整しました。
累積標高差1750m 気温17-27℃(平均21.7℃) 
歩数 約25,500歩
コース状況/
危険箇所等
昭文社の山と高原地図では、破線ですが、よく踏まれた歩きやすい道です。(特にザラ薙平あたりまでは)
その他周辺情報 道の駅遠山郷のかぐらの湯はいいお湯です。駐車場も広く、山以外でも車中泊の方がおられるようでした。
 登山口は当日では確認しづらいです。前日までに確認をされた方がいいです。後述の高齢の女性(福井のおばあちゃんと呼ばせてください、私もお爺さんですが・・・)は、前日、間違って避難小屋から林道を歩いてしまい1日棒に振ったそうです。
過去天気図(気象庁) 2017年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 水(ポカリを含む)2.5L(うち1.5L使用) 全重量(10.8kg)(いつも詰め込みすぎ)

写真

国道244号線は通行止めです。
2017年05月27日 18:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道244号線は通行止めです。
道の駅遠山郷のかぐらの湯
2017年05月27日 18:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅遠山郷のかぐらの湯
1
前を歩く、福井のおばあちゃん(80手前だそうです)
2017年05月28日 05:58撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前を歩く、福井のおばあちゃん(80手前だそうです)
1
黒薙の崩壊地 ミツバツツジが・・・
2017年05月28日 06:43撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒薙の崩壊地 ミツバツツジが・・・
1
利検沢の頭。晴天で気持ちがいい。
2017年05月28日 07:27撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
利検沢の頭。晴天で気持ちがいい。
目指す池口岳北峰。まだまだ遠い。
2017年05月28日 07:52撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す池口岳北峰。まだまだ遠い。
2
ザラ薙平の水場標識。あまり使われないのか踏み跡が薄い。
2017年05月28日 08:01撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザラ薙平の水場標識。あまり使われないのか踏み跡が薄い。
1
最初のトラロープありの岩場。
2017年05月28日 11:00撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のトラロープありの岩場。
1
2番目の岩場。
2017年05月28日 09:30撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2番目の岩場。
1
残雪はほとんど溶けかけていた。
2017年05月28日 09:46撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪はほとんど溶けかけていた。
1
池口岳山頂 30分近くいたが、人はおらず。暑くもなく、寒くもなく。
2017年05月28日 10:04撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池口岳山頂 30分近くいたが、人はおらず。暑くもなく、寒くもなく。
3
聖が美しい。手前右から聖、兎、奥に赤石、荒川三山。
2017年05月28日 10:20撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖が美しい。手前右から聖、兎、奥に赤石、荒川三山。
3
聖と赤石。
2017年05月28日 10:20撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖と赤石。
2
バイカオウレンだそうです。福井のおばあちゃんから教わりました。
2017年05月28日 10:37撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイカオウレンだそうです。福井のおばあちゃんから教わりました。
1
イワカガミは時期を過ぎていました。ここのイワカガミはピンクの色が濃い。
2017年05月28日 11:50撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミは時期を過ぎていました。ここのイワカガミはピンクの色が濃い。
2
さらばです。池口岳北峰。
2017年05月28日 12:12撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらばです。池口岳北峰。
1
まだ、タチツボスミレが残っていた。
2017年05月28日 13:11撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ、タチツボスミレが残っていた。
新緑が美しい。カラマツでしょうか。
2017年05月28日 13:15撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が美しい。カラマツでしょうか。
日本の里100選の下栗の里が眼下に。
過去2回泊まった民宿の宮下家はまだやっておられるのだろうか?
2017年05月28日 13:19撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本の里100選の下栗の里が眼下に。
過去2回泊まった民宿の宮下家はまだやっておられるのだろうか?
1
ようやく下山。アカマツ?が美しい。
2017年05月28日 15:00撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく下山。アカマツ?が美しい。
1
宿泊場所。
2017年05月29日 06:37撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿泊場所。
1
宿で。
信州サーモンとボタン鍋から始まりました。
その後、鹿のステーキ、馬刺し、山女魚の塩焼き、地場の天ぷらとジビエ料理が続き、スズメバチとマムシのウイスキー(無料)をご馳走になり、締めに苦い液体(熊の胆嚢(胆汁))でした。
2017年05月28日 18:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿で。
信州サーモンとボタン鍋から始まりました。
その後、鹿のステーキ、馬刺し、山女魚の塩焼き、地場の天ぷらとジビエ料理が続き、スズメバチとマムシのウイスキー(無料)をご馳走になり、締めに苦い液体(熊の胆嚢(胆汁))でした。
4
国道152号線から下栗の里の入り口。
2017年05月29日 07:50撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道152号線から下栗の里の入り口。

感想/記録

 大無間山に登ろうと計画していたのですが、私の体力では途中の避難小屋に泊まらないと無理と気づき、しかし土曜日は午前中が仕事なので、この計画は断念して、急遽、池口岳に変更しました。
 
 天候は素晴らしい晴。朝早く登山口の駐車場に着くと、ご高齢な小柄な女性が登り始めました。途中で追いつくと、80手前だそうです。カムエクもペテガリも登って、昨年は毛勝山にも登って、300名山あと10くらいだそうです。あと10くらいが難しいとこばかりと言われていました。「ご家族から止められていませんか?」とお聞きしたら笑っていました。
私は300名山には囚われてはいませんが、すごい人がいるもんだと驚きました。
 
 レコにあるように、特にザラ薙平あたりまでは歩きやすい良い道でした。残雪もほとんど消えて、日も長くこの時期が一番歩きやすいのかなと思いました。 私は踏み跡がしっかりした道しか歩けない小心者ですが、従って、山と高原の地図では破線になっているのが気になっていましたが、レコの通り良い道でした。
 また、コースタイムですが、山と高原の地図では北峰まで往復で11時間10分となっています。私のCTはそれ掛ける1.2程度ですので、休憩を入れて12時間と思ったのですが、山レコでは、どうもそうではなくもう少し早そうと思われました。実際CTより早くなり、同程度と思われる方のレコの方があてになるかなと思いました。
 新緑が美しく静かで良い時に来たと思いました。
 
 出会った方は6人でした。皆さん、健脚で、私が追い越せたのは、前述のおばあちゃんだけでした。
 私の友人は最近自信を無くして、厳しい所はもうだめと言っていましたので、この方のように、その年まであと10年山と向き合えたらよいなあと思っています。
 
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:868人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ