また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1160264 全員に公開 ハイキング甲信越

入笠山(山登りのエッセンスがコンパクトにギュギュっと)

日程 2017年06月04日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間48分
休憩
1時間0分
合計
3時間48分
S御所平登山口11:1411:38JA入笠ハウス11:46高見岩への登り口11:4712:12高座岩12:2512:42テイ沢入口12:4313:15テイ沢分岐13:1913:34大阿原湿原入口14:0014:10首切清水14:15首切登山口(仏平峠)14:30入笠山14:4515:02御所平登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
沢や湿原では、歩いている時間と写真を撮っている時間が半々なイメージ。たまにはこんなのんびり山行も良し。
コース状況/
危険箇所等
整備ばっちり。もともと案内標識はしっかりしていましたが、さらに標識は新しくなっています。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

御所平峠から高座岩目指して、まずは車道を入笠牧場方向へ下ります。
2017年06月04日 11:17撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御所平峠から高座岩目指して、まずは車道を入笠牧場方向へ下ります。
初っ端から見晴らしが良いです。
2017年06月04日 11:28撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初っ端から見晴らしが良いです。
印象的な木。
2017年06月04日 11:37撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
印象的な木。
2
途中ゲートあり。
2017年06月04日 11:41撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中ゲートあり。
ゲートから5分ほどで、右手の法華道へ。
2017年06月04日 11:46撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートから5分ほどで、右手の法華道へ。
1
ここが本当の御所平峠?
2017年06月04日 11:57撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが本当の御所平峠?
1
高見岩、小さい。
2017年06月04日 12:00撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見岩、小さい。
気持ちの良い道を。
2017年06月04日 12:05撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い道を。
こんなちっぽけな岩だったのか、それほど期待はしていなかったが。
2017年06月04日 12:11撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなちっぽけな岩だったのか、それほど期待はしていなかったが。
見晴は良い。
2017年06月04日 12:15撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴は良い。
1
高座岩の由来。
2017年06月04日 12:16撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高座岩の由来。
南側は5m程切れ落ちていて、岩質もなかなかしっかりしていました。思わずにっこり、正面の壁をクライミングして楽しみました。
2017年06月04日 12:27撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側は5m程切れ落ちていて、岩質もなかなかしっかりしていました。思わずにっこり、正面の壁をクライミングして楽しみました。
高座岩から東へ車道に下りてきました。こんな笹の斜面でした。踏跡はしっかりしています。
2017年06月04日 12:36撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高座岩から東へ車道に下りてきました。こんな笹の斜面でした。踏跡はしっかりしています。
車道に出たら南へ5分ほど下り、テイ沢コースへ入ります。
2017年06月04日 12:42撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出たら南へ5分ほど下り、テイ沢コースへ入ります。
小さいが綺麗な流れ。
2017年06月04日 12:46撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さいが綺麗な流れ。
苔が良い雰囲気を演出しています。
2017年06月04日 12:47撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔が良い雰囲気を演出しています。
2
光と影が織りなす清涼感。
スマホの設定はシャッタースピードを選べるようになっておらず、水の躍動感を出すのに設定が手間。
2017年06月04日 12:50撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光と影が織りなす清涼感。
スマホの設定はシャッタースピードを選べるようになっておらず、水の躍動感を出すのに設定が手間。
1
どこまでも清涼な流れ。
2017年06月04日 12:52撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでも清涼な流れ。
またまた大岩。
この山に石灰岩とは驚きでした。二手目で撃退されました。
2017年06月04日 12:58撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた大岩。
この山に石灰岩とは驚きでした。二手目で撃退されました。
沢を上り詰めれば、さわやかな湿原(大阿原湿原)が待っていました。
2017年06月04日 13:24撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を上り詰めれば、さわやかな湿原(大阿原湿原)が待っていました。
このわずかな流れが、先の流れに続いています。
2017年06月04日 13:30撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このわずかな流れが、先の流れに続いています。
展望台。と言っても木道が拡幅されている場所です。
2017年06月04日 13:31撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台。と言っても木道が拡幅されている場所です。
本山行最後のイベント、入笠山の頂点目指して再度山道へ。
2017年06月04日 14:15撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本山行最後のイベント、入笠山の頂点目指して再度山道へ。
佛平峠。ここで右に折れます。
2017年06月04日 14:16撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佛平峠。ここで右に折れます。
今年もまたやって来ました。
2017年06月04日 14:31撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年もまたやって来ました。
2
いつ見ても、ヤツの裾野が印象的。
2017年06月04日 14:44撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつ見ても、ヤツの裾野が印象的。
3
楽しかった山旅も、もうじき終わり。
2017年06月04日 14:56撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しかった山旅も、もうじき終わり。

感想/記録

 展望が良いので、毎年1回は訪れている入笠山。たまたまヤマレコのお勧めコースとして紹介されていたコースをかみさんが行ってみたいと言い出しました。私自身はあまり期待していなかったのですが、その期待は良い方へ裏切られました。

 今回は御所平峠から反時計回りに、沢を登り詰め湿原へ抜け出るイメージとしました。全く期待していなかった高座岩でも思わぬボルダリングが楽しめ、テイ沢は小さいながらも清涼なすがすがしい流れ。綺麗な女性ハイカーも多くGOOD。沢を詰めれば大きな湿原。最後に展望の見晴らし台、入笠山。岩・沢・湿原・頂と、山登りのエッセンスをコンパクトに凝縮した、非常に素敵なコースでした。

 山登りを始められて間もない方には、このコースはかなりお勧めだと思います。山のいろいろな顔を知ることができて、この先の山を楽しむ幅を広げられるのではないでしょうか。
訪問者数:222人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ