ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 入笠山

入笠山(にゅうかさやま)

最終更新者 gabogabo
基本情報
標高 1955m
場所 北緯35度53分46秒, 東経138度10分17秒
山頂

入笠山の日の出・日の入り時刻

02/25(土) 02/26(日) 02/27(月) 02/28(火) 03/01(水) 03/02(木) 03/03(金)
日の出 6時16分 6時14分 6時13分 6時12分 6時10分 6時9分 6時8分
日の入り 17時47分 17時48分 17時49分 17時50分 17時50分 17時51分 17時52分

入笠山 (標高1955m)付近の気温

2月の気温(推定値)
最高気温
-2.8
平均気温
-7.7
最低気温
-14.4
Loading...

周辺の平年の気象状況

2月の気象
日照時間 6.2 時間/日
降水量 2.1 mm/日
最深積雪 24 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

入笠山?
入笠山(右側)
入笠山山頂に到着。
入笠山山頂!
麓より入笠山

山の解説 - [出典:Wikipedia]

入笠山(にゅうかさやま)は、長野県の中西部にある赤石山脈(南アルプス)北端の標高1,955 mの山。
赤石山脈(南アルプス)の最北部にある山で、いわゆる「南アルプス前衛の山」の一つである。ただし南アルプス国立公園の範囲には含まれない。山頂には点名「入笠山」の二等三角点が設置されている。山頂近くまでゴンドラリフトや車道が通じているため、比較的容易に登頂することができる。山頂からはほぼ360度の大展望が広がり、南・中央アルプス・八ヶ岳はもとより富士山や、遠くは北アルプスなども望める。周辺には大阿原湿原や入笠湿原などがあり、これらの湿原に自生する植物を楽しむこともできる。
登山コースは、中央本線の青柳駅またはすずらんの里駅からのコースもあるが、登山者は極めて少なく、沢入登山口からのコースが一般的であり、よく整備されている。植生保護のための動物侵入防止用の柵が設置されている。
この山の北東側の斜面に富士見パノラマリゾートがあり、冬季はスキーを楽しめる。一方西側には牧場が広がり、春から秋にかけて牛が放牧されている。
山頂付近にはJAXAの施設「入笠山光学観測所」が設置されており、スペースデブリと小惑星の探索に使用されている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「入笠山」 に関連する記録(最新10件)

甲信越
  44    54 
2017年02月21日(日帰り)
甲信越
  56    31  2 
2017年02月21日(日帰り)
甲斐駒・北岳
  6    19  1 
2017年02月19日(日帰り)
甲信越
  59    55  14 
akanetouchan, その他1人
2017年02月19日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  41     35 
2017年02月19日(日帰り)
甲斐駒・北岳
  51    19 
hayabusa_y, その他24人
2017年02月19日(日帰り)
甲信越
  7    7 
afrin, その他1人
2017年02月18日(日帰り)
甲斐駒・北岳
  44    42  6 
2017年02月18日(日帰り)
甲信越
  16    24  4 
hyden_on, その他1人
2017年02月18日(日帰り)
甲斐駒・北岳
  32    24 
piazzolla, その他2人
2017年02月18日(日帰り)
ページの先頭へ