ヤマレコ

記録ID: 1162235 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

国見岳(朝明渓谷から神崎川へ、新緑いっぱい)

日程 2017年06月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴(風強し)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝明渓谷に大駐車場(500円)、トイレ有り
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間28分
休憩
32分
合計
6時間0分
S朝明駐車場06:1206:52ブナ清水分岐06:5306:56根の平峠06:5907:04タケ谷分岐07:16タケ沢出合07:49上水晶谷出合07:5408:03上水晶谷出合左岸分岐08:0408:12上水晶谷出合08:1308:14上水晶谷出合左岸分岐09:02上水晶谷出合左岸分岐09:0310:04地獄谷出合10:2010:40ハンバーガー岩10:56石門10:5711:04国見岳11:0611:14青岳11:39根の平峠12:11朝明駐車場12:1212:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
朝明〜根の平峠:道明瞭、根の平〜タテ谷〜神崎川沿いに国見峠まで赤テープあり
国見峠〜国見岳〜根の平峠:道明瞭(人も多い)
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

快晴の下、1か月ぶりに山に登る。前回はここから釈迦に向かったが、今回は神崎川沿いから国見岳へ
2017年06月04日 06:10撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴の下、1か月ぶりに山に登る。前回はここから釈迦に向かったが、今回は神崎川沿いから国見岳へ
新緑が一杯で気持ち良い。風は強いが非常にさわやか
2017年06月04日 06:54撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑が一杯で気持ち良い。風は強いが非常にさわやか
根の平峠で一服
2017年06月04日 06:56撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根の平峠で一服
綺麗なピンク色の花が咲いていた
2017年06月04日 06:57撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗なピンク色の花が咲いていた
初めてのタテ谷へ
2017年06月04日 07:04撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めてのタテ谷へ
1
昔々、ここでどんな営みがあったのか
2017年06月04日 07:10撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔々、ここでどんな営みがあったのか
神崎川そばに広がったところにテントが1張り。良い雰囲気の中で
2017年06月04日 07:17撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神崎川そばに広がったところにテントが1張り。良い雰囲気の中で
川沿いに進むとまた1張りテントが。みな鈴鹿を知り尽くした人たちだろうか。良い場所を知っている。
2017年06月04日 07:52撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川沿いに進むとまた1張りテントが。みな鈴鹿を知り尽くした人たちだろうか。良い場所を知っている。
ちょっと雨乞方面へ足をのばす
2017年06月04日 08:05撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと雨乞方面へ足をのばす
渓流でちょっと探索
2017年06月04日 08:56撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓流でちょっと探索
再び戻って国見峠を目指す
2017年06月04日 09:17撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び戻って国見峠を目指す
ここにも昔の営みの跡が
2017年06月04日 09:20撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも昔の営みの跡が
時間をしっかり使ってようやく国見峠に近づく
2017年06月04日 10:37撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間をしっかり使ってようやく国見峠に近づく
大岩を通り過ぎると
2017年06月04日 10:38撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩を通り過ぎると
1
御在所のドームが見える
2017年06月04日 10:41撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所のドームが見える
やがて国見峠
2017年06月04日 10:41撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて国見峠
この辺も花崗岩が
2017年06月04日 10:47撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺も花崗岩が
御在所から伊勢湾を遠望
2017年06月04日 10:49撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所から伊勢湾を遠望
1
直ぐに国見岳。10年ほど前に来たときは山頂がよくわからなかった(冬だったけど)
2017年06月04日 10:57撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐに国見岳。10年ほど前に来たときは山頂がよくわからなかった(冬だったけど)
1
御在所岳。八ヶ岳の東天狗と西天狗に似ているような。
2017年06月04日 10:57撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳。八ヶ岳の東天狗と西天狗に似ているような。
1
雨乞岳方面
2017年06月04日 10:57撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳方面
1
釈迦方面。どこも快晴。気持ちいい。青空と新緑と清々しい風と空気におかげ
2017年06月04日 10:58撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦方面。どこも快晴。気持ちいい。青空と新緑と清々しい風と空気におかげ
1
この景色に乾杯
2017年06月04日 11:01撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この景色に乾杯
1
ちょっと休憩して下山途中に振り返る
2017年06月04日 11:11撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと休憩して下山途中に振り返る
1
新緑の林の中を過ぎて
2017年06月04日 11:35撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑の林の中を過ぎて
直ぐに根の平峠へ
2017年06月04日 11:39撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐに根の平峠へ
下山すると布団干しをされていた。今日この布団で寝ればきもちいいだろうな
2017年06月04日 12:04撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山すると布団干しをされていた。今日この布団で寝ればきもちいいだろうな
伊勢谷小屋にも人が。いつかまたここで泊まるのもよい
2017年06月04日 12:05撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢谷小屋にも人が。いつかまたここで泊まるのもよい
1
昼過ぎに下山。梅雨前に十分堪能できました
2017年06月04日 12:11撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼過ぎに下山。梅雨前に十分堪能できました
1

感想/記録

ゴールデンウィーク以来1か月ぶりの山登り。富士山も考えたけれど、ちょっと別な考えで鈴鹿へ。国見岳も山頂を極めた記憶がなかったので行ってみることにした。根の平峠を越えてタテ谷経由で神崎川を目指す。途中1人の大きなカメラをぶら下げた女性とすれ違う。いったいどこから来たのだろうか。
神崎川ではテントが1張り。ここも気持ち良いところだ。川沿いに上流へ。しばらく河原を歩くが今回は沢登りではないので途中から左岸沿いに進む。川の分岐で対岸へ。するとそこにもテントが。みんな鈴鹿の心地よいところをよく知っている。
やがて根の平峠からの道に合流し、雨乞方面へ少し行った河原で遊ぶ。
今日のもう1つの目的は川遊び。綺麗な水流で、濡れた岩で滑って転んだこともあったが川遊びを楽しむ。再び元に戻って国見峠から国見岳へ。国見峠では御在所に向かう人、国見岳から降りてくる人など快晴の下山々を楽しむ人で一杯だった。
国見岳もちょっとした展望があり人も少なく景色を楽しむことができた。
今回はそこから根の平峠を経由して足早に下山。ちょうど昼ごろに駐車場へ。
梅雨前に貴重な快晴の下、湿気も少なく爽やかな風の中で川遊びと山歩きを楽しむことができた。鈴鹿がますます好きになったけれどこれからの季節、ヒルの心配もありどうしようかな・・・
訪問者数:178人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ