また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1162882 全員に公開 雪山ハイキング尾瀬・奥利根

燧ヶ岳  大清水から往復 ※ルートNG

日程 2017年06月06日(火) [日帰り]
メンバー
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大清水駐車場 500円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間7分
休憩
1時間6分
合計
11時間13分
S大清水03:0903:59一ノ瀬休憩所04:13冬路沢橋04:26岩清水05:02三平峠(尾瀬峠)05:17三平下(尾瀬沼山荘)05:2805:48長蔵小屋05:4905:56三本唐松05:5706:04長英新道分岐08:07ミノブチ岳08:1408:4108:5609:21燧ヶ岳09:4110:0411:13沼尻平11:1812:05南岸分岐(冨士見峠方面分岐)12:0612:40三平下(尾瀬沼山荘)12:56三平峠(尾瀬峠)12:5713:16岩清水13:2013:29冬路沢橋13:39一ノ瀬休憩所14:22大清水G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
たぶん今年は雪が多いのでしょう。ほとんど雪です。
普通の方ならアイゼンは不要だと思います。
柴安瑤謀个辰凸技に下りたければ前爪アイゼン必須。
その他周辺情報駐車場前のお土産屋さんでお得なチケットをゲットしました。
望郷の湯 食事と入浴がセットで1,000円!!
通常だと 入浴570円、食事980円 相当です。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

またも、いちいちカワイイ。
2017年06月06日 03:11撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またも、いちいちカワイイ。
5
休憩所とは名ばかり。トイレも使えない。
2017年06月06日 03:58撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩所とは名ばかり。トイレも使えない。
ここにもカワイイ。
2017年06月06日 04:27撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにもカワイイ。
3
ここから尾瀬沼までずっと残雪あり。
2017年06月06日 04:53撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから尾瀬沼までずっと残雪あり。
1
ここで日の出。
2017年06月06日 05:00撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで日の出。
2
営業中。公衆トイレは清潔な水洗。ネックは和式なのと豪快な流水音。
2017年06月06日 05:15撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
営業中。公衆トイレは清潔な水洗。ネックは和式なのと豪快な流水音。
1
気持ち良さそうですね。
2017年06月06日 05:28撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ち良さそうですね。
8
んん、キレイだけど寒いです。氷点下になったようだ。
2017年06月06日 05:34撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
んん、キレイだけど寒いです。氷点下になったようだ。
14
登りは長英新道から。
2017年06月06日 06:03撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りは長英新道から。
途中で夏ルートから脱線する。せっかく雪があるのだから直登で。でもたまに目印があるので考えることは同じだ。
2017年06月06日 06:54撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で夏ルートから脱線する。せっかく雪があるのだから直登で。でもたまに目印があるので考えることは同じだ。
2
この辺りで重登山靴に変更。これが岳沢だったらブログのネタにされてしまう^^;
2017年06月06日 07:12撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りで重登山靴に変更。これが岳沢だったらブログのネタにされてしまう^^;
6
ダケカンバの新芽がエネルギーを感じさせる。
2017年06月06日 07:33撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバの新芽がエネルギーを感じさせる。
4
枯れ木も美しい。
2017年06月06日 07:40撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れ木も美しい。
3
俎堯淵泪淵ぅ織哀蕁砲見えてきました。
2017年06月06日 07:53撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎堯淵泪淵ぅ織哀蕁砲見えてきました。
5
先週の日光白根山。
2017年06月06日 08:13撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週の日光白根山。
6
あそこが急傾斜ですね。滑落したとしても死ぬことはない。
2017年06月06日 08:24撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこが急傾斜ですね。滑落したとしても死ぬことはない。
6
梅雨明けには登山道が無くなっているかも。
2017年06月06日 08:38撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅雨明けには登山道が無くなっているかも。
1
もう十分な景色なので行くか迷うなぁ。
2017年06月06日 08:48撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう十分な景色なので行くか迷うなぁ。
7
身内の遺品cassin Italy いつの時代のものか知らないが、ピッケルとともにありがたく使わせてもらっている。
2017年06月06日 09:04撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
身内の遺品cassin Italy いつの時代のものか知らないが、ピッケルとともにありがたく使わせてもらっている。
2
燧ケ岳。(柴安堯
松本のランドネ祭りでサインもらっちゃった(*^_^*)
2017年06月06日 09:24撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ケ岳。(柴安堯
松本のランドネ祭りでサインもらっちゃった(*^_^*)
7
あれが尾瀬ヶ原か。さっきまでは後立山も見えていた。
2017年06月06日 09:26撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが尾瀬ヶ原か。さっきまでは後立山も見えていた。
8
なんで登っちゃったんだろうと後悔。ジェットコースターの落ち際と同じ心境だ。
2017年06月06日 09:43撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんで登っちゃったんだろうと後悔。ジェットコースターの落ち際と同じ心境だ。
5
後ろ向きで無事下りてきた。見晴から来た人は軽く滑落してました。そのくらい急なんです。
2017年06月06日 10:04撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろ向きで無事下りてきた。見晴から来た人は軽く滑落してました。そのくらい急なんです。
5
今朝、長蔵小屋で見た団体さんが登ってきた。
2017年06月06日 10:10撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝、長蔵小屋で見た団体さんが登ってきた。
3
ナデッ窪から下山。
2017年06月06日 10:20撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナデッ窪から下山。
3
今日は滑走用の袋は持っていないので歩く。
2017年06月06日 10:21撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は滑走用の袋は持っていないので歩く。
1
沼へ一直線。青木湖のスキー場みたい。
2017年06月06日 10:23撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼へ一直線。青木湖のスキー場みたい。
2
でも危ないんですよ、この谷は。
2017年06月06日 10:31撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも危ないんですよ、この谷は。
3
最後は高さ2、3mの笹薮漕ぎだし。
2017年06月06日 10:45撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は高さ2、3mの笹薮漕ぎだし。
4
やっとの思いで人間界に出た。
2017年06月06日 11:05撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとの思いで人間界に出た。
3
通らないほうが良いです、ナデッ窪。
2017年06月06日 11:08撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通らないほうが良いです、ナデッ窪。
4
とのことです。
2017年06月06日 11:13撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とのことです。
4
とのことです。行ってしまいましたが・・・
2017年06月06日 11:20撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とのことです。行ってしまいましたが・・・
普通のハイカーには、けっこう危ない。
2017年06月06日 12:01撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
普通のハイカーには、けっこう危ない。
1
もともと状態の悪いルートの様です。
2017年06月06日 12:22撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もともと状態の悪いルートの様です。
ここはさすがに危ないので迂回路あり。
2017年06月06日 12:25撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはさすがに危ないので迂回路あり。
1
尾瀬沼山荘まで戻ってきた。
2017年06月06日 12:38撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼山荘まで戻ってきた。
2
朝は気付かなかったけど、こちらにも書いてありました。
2017年06月06日 12:38撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝は気付かなかったけど、こちらにも書いてありました。
朝は真っ暗だったので、もう一度。
2017年06月06日 13:38撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝は真っ暗だったので、もう一度。
無事下山。
2017年06月06日 14:20撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山。
1
色々と書いてありました。たとえ暗闇でも、ちゃんと確認してから出かけましょう。
2017年06月06日 14:21撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色々と書いてありました。たとえ暗闇でも、ちゃんと確認してから出かけましょう。
3

感想/記録
by nucchi

先週は御池から登るチャンスがあったものの諸事情で諦めた燧ケ岳。
快晴が約束されたこの日を逃すわけにはいかん。
ということで、群馬県が大好きな人の様に通ってしまいました。

朝は寝ぼけて丸沼高原まで行ってしまいました。
まさかのルートロスに加え、飛び出してきたハクビシンをひく始末・・・

どうなることかと思いましたが順調に山頂へ到着。
しかしナデッ窪を下ったのは間違いでした。
最初は快適だったものの、下部は猛烈な笹薮でした。
最近はササのトゲが皮膚にさわるとかぶれてしまうので笹藪漕ぎを避けています。
まさかこんな観光地で笹薮漕ぎをするはめになるとは・・・
普通の登山者さんは、くれぐれも使わないようにしましょう。

その後のルートも失敗でした。
忠告どおり、素直にビジターセンターから帰れば良かったです。
そっちなら多少は山ガールに会えたかもしれない・・・

とある団体さんから「柴安瑤愿个譴泙垢ね?」と聞かれましたが・・・
「こんな緩斜面を延々とアイゼン歩行して来る様な人たちが行けるはずないじゃん!」
と、言いたかったがやめました。
優秀なガイドさんなら潔く諦めたと思うが、どうだったのでしょうか・・・

梅雨入り前の良いタイミングで行けたと思います。
至仏山はサービス業を無視した酷い規制があるので、やむを得ず秋かなぁ。
訪問者数:1063人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/5/10
投稿数: 1
2017/6/11 9:50
 無題
柴安グラの雪壁の往復、ナデッ窪ルートの下り、尾瀬沼南岸のルート、三つの難所を容易にこなしたnucchiさんに拍手です!
登録日: 2010/8/6
投稿数: 1173
2017/6/11 22:09
 Re: 無題
いやいや、容易ではなかったですけど、少しでも参考になったならば幸いです。縦走お疲れさまでした

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ