また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1164141 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走関東

西上州 赤岩尾根

日程 2017年06月06日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ニッチツ住宅跡前の路肩に車を止めた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間52分
休憩
32分
合計
7時間24分
Sスタート地点09:0610:00赤岩峠10:0710:28赤岩岳10:3815:06P1(赤岩尾根)15:1615:36八丁峠15:4016:01上落合橋登山口16:0216:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口から赤岩峠までは危険箇所なし。その先は岩場があったり、切れ落ちていたり、急斜面の下りがあったりで通過には十分な注意が必要。
誤った踏み跡やテープも多くルートファインディング能力が必要。
今回P4手前でルートミスを1回してしまった。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック ザックカバー 行動食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ナイフ カメラ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー スリング アッセンダー
共同装備 8mm×30mロープ
備考 ロープは8mm×30mロープで十分
ヌンチャクはアルパインヌンチャクの方が使い勝手が良い。

写真

ニッチツ住宅跡地の入口。テープをくぐっておじゃまします☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッチツ住宅跡地の入口。テープをくぐっておじゃまします☆
ニッチツ廃墟裏に赤岩尾根が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッチツ廃墟裏に赤岩尾根が見える
なんかオーブみたいのがいっぱい(怖)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかオーブみたいのがいっぱい(怖)
この「山火事用心」の左側にある尾根から登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この「山火事用心」の左側にある尾根から登る
この黄色い看板があるところが尾根の入口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この黄色い看板があるところが尾根の入口
急登の登山道をひたすら登る。踏み跡はしっかりしている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登の登山道をひたすら登る。踏み跡はしっかりしている
北側に巻きながら赤岩岳の北尾根のコルへと進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側に巻きながら赤岩岳の北尾根のコルへと進む
北尾根に出ると視界も開けるが、この時間はガスがかかっていてほとんど何も見えない(T_T)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根に出ると視界も開けるが、この時間はガスがかかっていてほとんど何も見えない(T_T)
赤岩岳までの岩場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩岳までの岩場
南側にニッチツ廃墟が眼下に。少しガスがはれてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側にニッチツ廃墟が眼下に。少しガスがはれてきた
1583mピーク前衛峰が見えてくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1583mピーク前衛峰が見えてくる
北側にロープがあり、こちらが正規のルート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側にロープがあり、こちらが正規のルート
正規のルートには急斜面のトラバースをしなくてはならない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正規のルートには急斜面のトラバースをしなくてはならない
今回はロープ側に行かずに正面岩場を直登することに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はロープ側に行かずに正面岩場を直登することに
卦蘢度の岩場だが不安ならロープを出した方が安全。
途中の立木にプロテクションは作れると思う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
卦蘢度の岩場だが不安ならロープを出した方が安全。
途中の立木にプロテクションは作れると思う
前衛峰を過ぎしばらく行くと1583mピークが現れる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前衛峰を過ぎしばらく行くと1583mピークが現れる
1583mピーク手前には4〜5m程度の岩場をクライムダウンする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1583mピーク手前には4〜5m程度の岩場をクライムダウンする
ロープで懸垂下降する程ではないが、落ちたら大怪我なので慎重にクライムダウン。不安なら懸垂下降が安全
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープで懸垂下降する程ではないが、落ちたら大怪我なので慎重にクライムダウン。不安なら懸垂下降が安全
1583mピーク基部。この正面リッジはクライミングルートで3ピッチくらいらしい。いつか挑戦してみたい♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1583mピーク基部。この正面リッジはクライミングルートで3ピッチくらいらしい。いつか挑戦してみたい♪
正面リッジの南側へ少し下りて10m程トラバース。少し足場が悪いので通過には注意が必要
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面リッジの南側へ少し下りて10m程トラバース。少し足場が悪いので通過には注意が必要
トラバースした先には1583mピークへの岩場が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースした先には1583mピークへの岩場が
ロープが垂れているが信用できないので使わない方が良い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープが垂れているが信用できないので使わない方が良い
途中小さなテラスもあり休みながら登れる新設設計(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中小さなテラスもあり休みながら登れる新設設計(笑)
岩場の距離はまあまあ長い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場の距離はまあまあ長い
三点支持でゆっくり慎重に登ればまったく問題ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三点支持でゆっくり慎重に登ればまったく問題ない
1583mピークでお昼休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1583mピークでお昼休憩
お次はP4へ。途中テープの群生地が!!
道迷いによる遭難でもあった箇所なのか??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お次はP4へ。途中テープの群生地が!!
道迷いによる遭難でもあった箇所なのか??
テープを頼りに。どこかのブログに南側に巻きながら登ると書いてあったので南へ回り込む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープを頼りに。どこかのブログに南側に巻きながら登ると書いてあったので南へ回り込む
どんどん南へ回り込む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん南へ回り込む
はて。。。なんか踏み跡が薄くなってきたぞ。。。(汗)
GPSを見るとどうやら南へ来過ぎてしまったようだ。
慌てて尾根へ登り返すが沢登りの詰めばりに登りずらい(>_<)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はて。。。なんか踏み跡が薄くなってきたぞ。。。(汗)
GPSを見るとどうやら南へ来過ぎてしまったようだ。
慌てて尾根へ登り返すが沢登りの詰めばりに登りずらい(>_<)
登り返しの後半は落ち葉で滑りやすく危険なので、同行者用にロープをフィックスした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しの後半は落ち葉で滑りやすく危険なので、同行者用にロープをフィックスした
どこかのブログで見たP4の先の小キレットが登り返しの終了点だったw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこかのブログで見たP4の先の小キレットが登り返しの終了点だったw
小キレットから少し戻ってP4を踏む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小キレットから少し戻ってP4を踏む
P4からP3へ。しばらく岩稜を進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P4からP3へ。しばらく岩稜を進む
途中左右の分岐があるが、右側の岩壁トラバースの方が踏み跡がしっかりしているけど、そちらは誤ったルートである
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中左右の分岐があるが、右側の岩壁トラバースの方が踏み跡がしっかりしているけど、そちらは誤ったルートである
右側岩壁を進むとこんな感じでさようなら〜です。
左側に進みましょう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側岩壁を進むとこんな感じでさようなら〜です。
左側に進みましょう!
さらに進むとチムニーが現れる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進むとチムニーが現れる
ここはロープを出す。写真のヌンチャクの箇所にピトンがあるが、正直ここより上にももう一箇所ピトンが欲しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはロープを出す。写真のヌンチャクの箇所にピトンがあるが、正直ここより上にももう一箇所ピトンが欲しい。
チムニーは狭くザックが結構当たるので慎重に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チムニーは狭くザックが結構当たるので慎重に
P2からは両神山の稜線がきれいに見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2からは両神山の稜線がきれいに見える
最期のP1が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最期のP1が見える
ここを写真の方(右側)へ巻いてしまうとP1を踏めずに八丁峠へ進んでしまう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを写真の方(右側)へ巻いてしまうとP1を踏めずに八丁峠へ進んでしまう
P1への登り。ここも難しくはないが疲れているようなら慎重に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1への登り。ここも難しくはないが疲れているようなら慎重に
とうとう岩場のクライマックス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とうとう岩場のクライマックス
心残りなく楽しく登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心残りなく楽しく登る
2
八丁尾根へ降りる。まあまあ急な下り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁尾根へ降りる。まあまあ急な下り
途中になんて読むのか不明な道標が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中になんて読むのか不明な道標が
上落合橋方面へ下りる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上落合橋方面へ下りる
八丁峠からは平和な登山道。本日一番の平和(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁峠からは平和な登山道。本日一番の平和(^^)
上落合橋が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上落合橋が見えてきた
林道へ出た〜!!お疲れさま〜!!
両神山八丁峠入口のハシゴが階段になってた。
ハシゴの方が味があって良かったのに〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道へ出た〜!!お疲れさま〜!!
両神山八丁峠入口のハシゴが階段になってた。
ハシゴの方が味があって良かったのに〜
最期は林道を西に歩いて車を拾いに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最期は林道を西に歩いて車を拾いに

感想/記録

赤岩峠までは急登だが危険箇所はない。
そこから先は岩稜帯と急峻なアップダウンが連続する尾根となる。
道標はなく踏み跡とテープを頼りに進むこととなるが、100%あてになるものではなく、相応のルートファインデング能力が要求される。「おかしいな」と思ったらすぐに引き返す判断が必要。GPS機があると安心。
実際P4手前でルートミスをしてしまい、GPSで確認しながら慌てて尾根に戻ることとなったが、どこで間違えたかは不明。

岩場は全体的に供銑卦蘢度で岩場慣れしているのであればロープはほとんど必要ないが、パーティの力量に応じて必要となるためロープの持参はすべきである。
この日はP3手前のチムニーで1回とルートミスで正規ルートに戻る際に1回の計2回ロープを出した。
チムニーは途中にピトンも打ってあり短いながらもルートの中での核心と思われる。途中のピトンより上はピトンもスリングをかけれる岩もないので、上部から落ちれば結果グラウンドフォールだろう。唯一1箇所だけ土から出てる根っこにプロテクションを作れなくないが、細い根っこなので正直頼りない。実際チムニー上部の方がちょっと難しいので慎重に行かないと危険だと感じた。
訪問者数:263人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ