ヤマレコ

記録ID: 1167317 全員に公開 沢登り日光・那須・筑波

三沢大滝

日程 2017年06月04日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
龍王峡でメンバーと合流し、集約。旧栗山村の三沢入渓地点へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間36分
休憩
2時間2分
合計
10時間38分
Sスタート地点05:4610:27三沢大滝12:2916:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
05:43 スタート(0.00km) 05:43 - ゴール(16.55km) 16:24
コース状況/
危険箇所等
基本的には沢の遡行となるが、ゴーロ帯、大崩落地帯等あり。沢筋の樹林帯にも踏み跡等はある。
ゴーロ帯は、かなり浮石が多く、巨岩でも簡単に動いてしまうものも多い。
油断すると大怪我をするので注意が必要である。

特に際立った装備は不要なので、沢靴、ヘルメット、グローブ等があれば問題なし。
その他周辺情報近くに、川治温泉、鬼怒川温泉等あり。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー ソフトシェル タイツ ズボン グローブ 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル ツェルト ナイフ カメラ ロープ ハーネス ヘルメット カラビナ クイックドロー スリング 渓流シューズ

写真

林道終点。ここを左に下りればいきなり沢コース、右に行けば林道コースだが、後者は崩落によるガレ場で危険があるらしい。
2017年06月04日 05:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点。ここを左に下りればいきなり沢コース、右に行けば林道コースだが、後者は崩落によるガレ場で危険があるらしい。
入渓場所、遡行開始
2017年06月04日 05:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入渓場所、遡行開始
第一堰堤、左岸から巻く。
2017年06月04日 06:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一堰堤、左岸から巻く。
第二堰堤、左岸から巻く。
2017年06月04日 06:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二堰堤、左岸から巻く。
この案内の右側に踏み跡あり。
2017年06月04日 06:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この案内の右側に踏み跡あり。
1
第三堰堤、低いので直登もできるし、左岸からも巻ける。
2017年06月04日 06:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第三堰堤、低いので直登もできるし、左岸からも巻ける。
作業道&林道との合流地点、第三堰堤のすぐ上に当たる。
2017年06月04日 06:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業道&林道との合流地点、第三堰堤のすぐ上に当たる。
第四堰堤、大きな人、足の長い人ならそのまま木をステップに登れそうだが、あえてそれをやらずとも、右岸から簡単に巻ける。
2017年06月04日 06:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第四堰堤、大きな人、足の長い人ならそのまま木をステップに登れそうだが、あえてそれをやらずとも、右岸から簡単に巻ける。
柱状節理地帯
2017年06月04日 07:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柱状節理地帯
第五堰堤、右岸から巻けるが、堰堤横は微妙に掴む場所が少なく、少し登りづらい。すぐ手前に虎ロープがあり、これを使って巻ける。
2017年06月04日 07:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第五堰堤、右岸から巻けるが、堰堤横は微妙に掴む場所が少なく、少し登りづらい。すぐ手前に虎ロープがあり、これを使って巻ける。
赤土の大崩落地帯
2017年06月04日 07:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤土の大崩落地帯
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
2017年06月04日 10:44撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
2017年06月04日 10:54撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
2017年06月04日 11:10撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
2017年06月04日 11:12撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
2017年06月04日 11:15撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
2017年06月04日 11:15撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
2017年06月04日 11:18撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
2017年06月04日 11:19撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
2017年06月04日 11:21撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称
2017年06月04日 12:08撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無名の双瀑、三沢大滝はあくまで仮称

感想/記録

片道約4時間半(休憩含む。)
どうやら、免罪符があれば第3堰堤上の林道合流地点まで行けるようだ。
だが、野門沢布引滝でも感じたが、工事とか作業用だから入れるもので、それ以外は禁止というのが本来でないのか。
一部の人が、趣味で入渓するのに免罪符をもらって入れるっていうのはおかしいと思われる。

※渓流釣りの2人組は免罪符を持っており、我々がもっと下から遡行したことを伝えると驚いていた。
訪問者数:191人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ