また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1167475 全員に公開 ハイキング近畿

荒尾山・大甲山【宍粟50名山】

日程 2017年06月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道29号線から国道429号線に入り、鳥ヶ乢トンネルに入る手前を旧峠道に進む。鳥ヶ乢記念モニュメント広場に駐車可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間42分
休憩
1時間10分
合計
3時間52分
S鳥ヶ乢10:4111:10細尾山11:52荒尾山12:3512:54大甲山13:1713:36荒尾山13:4014:12細尾山14:33鳥ヶ乢G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は歩きやすい尾根道が多く、特別な危険はない。標識は少ないが、地形がはっきりしているので慎重に地図で位置確認をしていれば道間違いもしないと思う。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 時計 タオル カメラ 双眼鏡 ガスカートリッジ コンロ コッヘル

写真

鳥ヶ乢のモニュメント。
2017年06月11日 10:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥ヶ乢のモニュメント。
1
荒尾山登山口標識。
2017年06月11日 10:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒尾山登山口標識。
フタリシズカ。
2017年06月11日 10:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フタリシズカ。
白い花。
2017年06月11日 10:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い花。
1
コガクウツギ。
2017年06月11日 10:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コガクウツギ。
林道を離れ、ここから林間の登山道に入る。
2017年06月11日 10:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を離れ、ここから林間の登山道に入る。
マムシグサ。
2017年06月11日 10:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムシグサ。
日光寺跡。
2017年06月11日 10:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光寺跡。
新緑がきれい。
2017年06月11日 11:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑がきれい。
細尾山。
2017年06月11日 11:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細尾山。
沼地。このあたりは少し登山道がはっきりしない。
2017年06月11日 11:27撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼地。このあたりは少し登山道がはっきりしない。
沼地から登ったところに標識があり、ルートの正しいことを確認する。
2017年06月11日 11:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼地から登ったところに標識があり、ルートの正しいことを確認する。
荒尾山山頂。
2017年06月11日 11:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒尾山山頂。
カマツカ。
2017年06月11日 11:53撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カマツカ。
1
タニウツギ。
2017年06月11日 11:53撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タニウツギ。
1
荒尾山から見た植松山。
2017年06月11日 12:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒尾山から見た植松山。
1
昼食のラーメン。
2017年06月11日 12:09撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食のラーメン。
1
気温は16℃。
2017年06月11日 12:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は16℃。
荒尾山から大甲山に向かう尾根での展望ポイント。一山、阿舎利山が見える。後は三久安山、藤無山。
2017年06月11日 12:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒尾山から大甲山に向かう尾根での展望ポイント。一山、阿舎利山が見える。後は三久安山、藤無山。
2
大甲山に向かう尾根道の新緑がすばらしい。ブナの木もある。
2017年06月11日 12:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大甲山に向かう尾根道の新緑がすばらしい。ブナの木もある。
ギンリョウソウ発見。
2017年06月11日 12:53撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ発見。
2
大甲山山頂。
2017年06月11日 12:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大甲山山頂。
大甲山からの展望。
2017年06月11日 12:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大甲山からの展望。
2
タニウツギ。
2017年06月11日 13:00撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タニウツギ。
ベニドウダン。
2017年06月11日 13:09撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニドウダン。
ベニドウダン。
2017年06月11日 13:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニドウダン。
1
鳥ヶ乢に戻ってきた。
2017年06月11日 14:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥ヶ乢に戻ってきた。

感想/記録
by hojin

昨年夏、大甲山から荒尾山まで歩く予定が、あまりの暑さに大甲山までで引き返していた。今回、鳥ヶ乢から歩き、大甲山までをつないで見ようと計画した。

鳥ヶ乢トンネルの手前を旧峠道に入る。記念モニュメントが目に入る。車を停めるが登山口がわからなかった。少し波賀町側に引き返したところに登山口標識ポールが見つかった。

最初は林道を歩く。コガクウツギの花がたくさん咲いていてきれいだ。小さな標識があり、山道に入る。荒尾山までは、尾根の急登が続く。幸い、気温もそれほど高くなく、しんどいながらもそこそこのペースで登って行ける。

荒尾山山頂からは植松山が正面に見える。植松山から荒尾山にかけてはきれいな尾根で一度歩いてみたいと思っているが、さすがに今日は無理そうだ。またの機会にとっておく。

荒尾山で昼食休憩の後、大甲山に向かう。道が南進するところから激しく下って行く。こんなに下って登り返せるのかとちょっと不安になるが、行くしかない。しかし、この尾根道、思っていたよりも雰囲気がいい。ブナもあり、きれいな新緑を満喫できる。途中一か所だが一山、阿舎利山が展望できるポイントもあり楽しめる。大甲山山頂に着く。昨年登っているので何となく懐かしい。

帰りは往路を引き返す。下りが多い分、快適に歩ける。予定していた3時よりも早く鳥ヶ乢に戻ることができた。

新緑のシャワーを浴びながら、静かな山行を満喫した一日だった。
訪問者数:186人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ