また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1170089 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

大城&京ヶ倉:2年前に信州の低山を登り始めた最初の山

日程 2017年06月15日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
防獣柵を越えて京ヶ倉登山口駐車場:1台駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間18分
休憩
16分
合計
3時間34分
S京ヶ倉登山口09:3210:22大城登山口10:2311:26大城12:02京ヶ倉12:1712:45おおこば見晴らし台13:06京ヶ倉登山口13:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<註>()内は予定、登行外、標高
( 8:58(8:00) 自宅 )
9:28-31(8:25-30) 京ヶ倉登山口(615m)
10:02 国道19号線
10:17 国道19号線のSSで確認し山に向かう
10:24(9:40) 大城登山口(535m) 左右どちらに行くか迷う(遠い峠を目指す)
10:35 眠峠登山口(600m)
10:53 分岐(760m) ここでも迷う。また離れる眠峠へ
10:59 眠峠(795m)
11:23 はぎの尾峠(910m)
11:26(10:15) 大城(三角点)(919m)
11:43 大城跡(970m)
12:00(11:05) 京ヶ倉(990m)
登り:2'29" 延標高差:949m 速度:382m/h 
距離:7.9km 歩行速度:3.14km/h
山頂の下りで道を間違える。間違えたと思い戻るが更に間違え厳しい所を下り930mPまで行く。
ここで、GPSで確認すると尾根を間違えたことに気付き引き返す
この間16分
12:33 稜線からの下り(940m)
13:06-08 京ヶ倉登山口(615m)
下り:1'06"(道間違えの16"含む) 延標高差:565m 速度:514m/h
距離:1.9km 歩行速度:1.73km/h
山行:3'35"(3'30") 延標高差:1,514(1,258)m 速度:423m/h
距離:9.7km 歩行速度:2.71km/h
( 13:38(12:25) 自宅 )
Door to Door:4'40"(4'25") 
コース状況/
危険箇所等
大城-京ヶ倉間は痩せ尾根また京ヶ倉の下りは急:今年4月に転落事故で1人が亡くなっている
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

京ヶ倉登山口から林道の先を行く:通行止めの先にこの標識・・藪漕ぎを覚悟していただけにちょっとうれしい
2017年06月15日 09:38撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京ヶ倉登山口から林道の先を行く:通行止めの先にこの標識・・藪漕ぎを覚悟していただけにちょっとうれしい
新生山を登らずトラバースしたらこの倒木:相当昔に倒れたらしく、太い幹も乗ると崩れる・・一度崩れ転んで谷側に落ちそうになる
2017年06月15日 09:44撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新生山を登らずトラバースしたらこの倒木:相当昔に倒れたらしく、太い幹も乗ると崩れる・・一度崩れ転んで谷側に落ちそうになる
向こうに道が見える
2017年06月15日 09:46撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうに道が見える
国道19号線から今日登る山が見えてきた
2017年06月15日 10:14撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道19号線から今日登る山が見えてきた
ここでどちらに行こうが迷う:予定は右だが峠ハンターとしては左に行かざるを得ない
2017年06月15日 10:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでどちらに行こうが迷う:予定は右だが峠ハンターとしては左に行かざるを得ない
峠は昔の生活を偲ぶことができそこを歩ける幸せを感じる。このように解説があるとうれしい
2017年06月15日 10:36撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠は昔の生活を偲ぶことができそこを歩ける幸せを感じる。このように解説があるとうれしい
ここでも迷うがやはり左でしょう。どんどん予定のコースより離れて行く
2017年06月15日 10:54撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでも迷うがやはり左でしょう。どんどん予定のコースより離れて行く
しかし、眠峠にはアスファルトの林道が来ており興ざめ
2017年06月15日 11:00撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、眠峠にはアスファルトの林道が来ており興ざめ
尾根歩きが始まると東屋
2017年06月15日 11:11撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根歩きが始まると東屋
松林のゆるやかな尾根道で下は枯葉の絨毯:下界は暑いはずだが爽やかなそよ風で快適
2017年06月15日 11:16撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松林のゆるやかな尾根道で下は枯葉の絨毯:下界は暑いはずだが爽やかなそよ風で快適
二つ目の峠:予定ではここに登ってくる予定だった
2017年06月15日 11:24撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目の峠:予定ではここに登ってくる予定だった
東側の山々:高い山は殆ど登っているはずだが同定できない(四阿屋山方面か)
2017年06月15日 11:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側の山々:高い山は殆ど登っているはずだが同定できない(四阿屋山方面か)
同左をアップ
2017年06月15日 11:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同左をアップ
ここが大城の三角点(三等):前回ここに来なかったため今回の周回になった
2017年06月15日 11:27撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが大城の三角点(三等):前回ここに来なかったため今回の周回になった
物見岩:解説が有難い
2017年06月15日 11:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物見岩:解説が有難い
展望台にきた:今まで木々から垣間見た北アルプスの展望:家から見慣れた山々だが、何と北葛岳が見える。
keisekiさんと今年登れるか
2017年06月15日 11:34撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台にきた:今まで木々から垣間見た北アルプスの展望:家から見慣れた山々だが、何と北葛岳が見える。
keisekiさんと今年登れるか
1
唐沢岳もしっかり見える:蝶ヶ岳まで見慣れた山々
2017年06月15日 11:34撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢岳もしっかり見える:蝶ヶ岳まで見慣れた山々
常念から大天井をアップ
2017年06月15日 11:34撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念から大天井をアップ
北葛岳と針ノ木、蓮華岳をアップ
2017年06月15日 11:34撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北葛岳と針ノ木、蓮華岳をアップ
1
爺ヶ岳からの後立山連峰:岩小屋沢岳、新越乗越(新越乗越山荘は何となく懐かしい)そして鳴沢岳
2017年06月15日 11:34撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳からの後立山連峰:岩小屋沢岳、新越乗越(新越乗越山荘は何となく懐かしい)そして鳴沢岳
鹿島槍を中心に五竜、爺の揃い踏み
2017年06月15日 11:35撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍を中心に五竜、爺の揃い踏み
1
唐沢岳と餓鬼岳をアップ:ケンズリはまだ行ってない
2017年06月15日 11:35撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢岳と餓鬼岳をアップ:ケンズリはまだ行ってない
2年前はここまで来た
2017年06月15日 11:43撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2年前はここまで来た
木々の間に北アルプス(常念-大天井)
2017年06月15日 11:44撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間に北アルプス(常念-大天井)
北アルプスをバックに生坂村
2017年06月15日 11:44撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスをバックに生坂村
今日の花はこのツツジのみ
2017年06月15日 11:45撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の花はこのツツジのみ
痩せ尾根が続き登山道の右は落ちている
2017年06月15日 11:49撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根が続き登山道の右は落ちている
今日は登山届を出していないので禁止区域は入らない
2017年06月15日 11:50撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は登山届を出していないので禁止区域は入らない
前左の先はこの天狗岩
2017年06月15日 11:53撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前左の先はこの天狗岩
1
京ヶ倉がはっきり見えてきた
2017年06月15日 11:55撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京ヶ倉がはっきり見えてきた
北アルプスの反対側(東側):山が同定できない
2017年06月15日 12:00撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスの反対側(東側):山が同定できない
京ヶ倉の山頂:2年前にこんな立派な碑はなかった?
2017年06月15日 12:01撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京ヶ倉の山頂:2年前にこんな立派な碑はなかった?
1
後で何の山かチェックしたい
2017年06月15日 12:25撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後で何の山かチェックしたい
振り返って馬の背
2017年06月15日 12:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って馬の背
おおこば見晴らし台から犀川を望む
2017年06月15日 12:46撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおこば見晴らし台から犀川を望む
1

感想/記録

今日は全く山に行く気がなかったが、梅雨にも拘わらず晴天。
行くしかないと。しかし、これから出かけるには何処がいいか。
気になっていたこのコースに出掛ける。
しかし、急遽決心したためメールでの登山届を出せず、登山口に登山ポストがなく提出できなかった。
そのため、予定外のコースに行けたが、一方、事故を起こしちゃいけないと歩きに十分注意した。特に4月に転落死があっただけに気を使った。
丁度2年前に信州の低山を目指した最初の山が京ヶ倉だっただけに感慨深い。
前回は大城跡までしか行っていないので大城を行かないと感じていた。
hayabusaHanさんの以前の周回した記録があったので周回を計画していた。
出だしは、途中から道がなくなり藪漕ぎも覚悟したが、新生山を通れば恐らく道があるように感じた。しかし、トラバース道を選んだため途中倒木で苦戦した。倒木が朽ちており幹まで腐っており障害物でしかなかった。
それ以降は道があり、民家まで何とか下りれた。
国道19号線の歩きは暑く、今日の山行が思いやられたが、結果としては山中は意外と北西のそよ風が涼しく意外だった。
大城の登り口で眠峠を初めて知り、行かざるを得なかった。
しかし、アスファルトの林道が続き道を間違えたかと思ったが、眠峠への登山口から山道に。途中石碑もありつづら折りの道に昔が偲ばれる。
眠峠に到着するころに分岐点。また悩む。眠峠は左に1km往復で2km30分のロスと頭に浮かぶが峠は行かなくては。しかし、落胆。アスファルトの林道が。昔の面影がないのが残念だ。
戻って稜線歩きが始まる。この稜線歩き殆どフラットの松林は気持ちいい。
今回の山歩きで面白かったのは大城までは気持ちいいトレッキングしかし大城跡以降は緊張が走る痩せ尾根歩きとアップダウン。
今回は1歳歳を取ったこと、登山届を出していないこと、4月に転落死があったこと等を考えると慎重にならざるを得ない。
2年前に通っているにも拘わらず、京ヶ倉山頂からの下りで道を間違える。
一旦、間違えたと戻るも山頂まで戻らずまた下る。下りながらおかしいおかしいと思いながら更に下る。前方が開けて初めておかしいと感じ、GPSで確認すると尾根、方向が違う。山頂まで戻るとはっきりした登山道があるではないか。しかし、間違った道にも足跡があり往復で足跡を付けた結果であろう。
相変わらずルートファインディングが下手だ。確認せず決め込みことが全ての問題点のようだ(最近は早めに戻るようにはなった)。
結論的には71歳初めの山行として良かった。
しかし、登山届を出していないことは頭から離れなかった(机の上には計画書を置いていたが)。
訪問者数:439人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/9
投稿数: 259
2017/6/17 18:43
 お疲れ様でした
参考にして頂けたみたいで光栄です。あそこ通れればかなりショートカットになりますからね。
それにしても、転落事故があったとは知りませんでした。山は標高関係なくどこも気を引き締めないと行けませんね。
登録日: 2013/7/13
投稿数: 643
2017/6/18 18:27
 Re: お疲れ様でした
コメントの返信が遅れ申し訳ない。
大城の三角点に行っていなかったので気になっていた時にhayabusaHanさんの記録があり何時か行きたいと思っていました。
記録では道がなく民家に迷惑かかるかと思いましたが、意外とすんなり行けました。記録があるというのは助かりますよね。
今回、登山届を出していなかったので多少気にかかりました。勿論、家には計画書を残していきましたが

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ