ヤマレコ

記録ID: 1173644 全員に公開 ハイキング大峰山脈

大普賢〜七曜岳〜行者環岳周回

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
和佐又山ヒュッテより
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間14分
休憩
1時間12分
合計
8時間26分
S和佐又ヒュッテ05:3905:53和佐又のコル05:5606:24日本岳(文殊岳)06:2606:46石の鼻06:5506:59小普賢岳07:0007:31大普賢岳07:5508:32国見岳08:3409:11七曜岳09:2910:35行者の水場10:3610:44行者還岳10:4910:56行者の水場12:26無双洞12:26水簾滝13:24七曜、大普賢分岐13:2813:49和佐又のコル13:5214:05和佐又ヒュッテG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大普賢から行者還岳に行って、帰りの無双同のあたりが、やや足場が不安定ということと、底無井戸の付近。疲れはピークなので、慎重を要すと思います。
その他周辺情報いつもは鳩の湯を使用しますが、この日は杉の湯にしました。何となく評判が良いようで。皇太子さまも寄ったようです。大台ヶ原に行かれたのかな。また田中陽希氏の色紙もありました。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

展望が開けました。
2017年06月17日 06:22撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望が開けました。
1
歩きやすい道に補助の鎖があり、安全です。
2017年06月17日 06:22撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい道に補助の鎖があり、安全です。
朝日窟だったっけ。
2017年06月17日 06:25撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日窟だったっけ。
笙ノ窟かも。
2017年06月17日 06:28撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笙ノ窟かも。
看板のとおりです。
2017年06月17日 06:31撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板のとおりです。
鷲ノ窟上を見上げたところです。
2017年06月17日 06:31撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲ノ窟上を見上げたところです。
看板はありますが、ここは違います。
2017年06月17日 06:38撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板はありますが、ここは違います。
石の鼻の手前
2017年06月17日 06:45撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石の鼻の手前
石の鼻から
2017年06月17日 06:48撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石の鼻から
3
同じく
2017年06月17日 06:48撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく
2
これも
2017年06月17日 06:49撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも
3
しつこいですね。
2017年06月17日 06:49撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しつこいですね。
1
いい加減にしろって。
2017年06月17日 06:49撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい加減にしろって。
2
途中のテラスっぽいところから以下同。
2017年06月17日 06:50撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中のテラスっぽいところから以下同。
1
結構あっけなくつきました。管理されている方々のお陰です。
2017年06月17日 07:34撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構あっけなくつきました。管理されている方々のお陰です。
3
大普賢頂上より。
2017年06月17日 07:35撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大普賢頂上より。
1
気取ってます。
2017年06月17日 07:39撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気取ってます。
5
水太覗から
2017年06月17日 08:00撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水太覗から
2
同上
2017年06月17日 08:00撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同上
1
水太です。
2017年06月17日 08:01撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水太です。
2
これも
2017年06月17日 08:01撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも
2
傾いているし、揺れる。ちょっと気持ち悪い。
2017年06月17日 09:14撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾いているし、揺れる。ちょっと気持ち悪い。
基本的にしっかりしています。
2017年06月17日 09:14撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基本的にしっかりしています。
1
やっと着きました。ごはん食べるスペースはありません。
2017年06月17日 09:16撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと着きました。ごはん食べるスペースはありません。
2
とりあえず行者還岳へ向かいます。
2017年06月17日 10:19撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず行者還岳へ向かいます。
2
気持ちの良い道が続きます。
2017年06月17日 10:19撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い道が続きます。
七曜からコースタイム1時間半となっているのに、35分位で着きました。特に急いでいません。山と高原地図、ここはおかしい。
2017年06月17日 10:41撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七曜からコースタイム1時間半となっているのに、35分位で着きました。特に急いでいません。山と高原地図、ここはおかしい。
1
無双洞の手前 以下数枚同。
2017年06月17日 12:21撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無双洞の手前 以下数枚同。
岩場の最後。途中は疲れたり、緊張して写真を撮る気になりませんでした。
2017年06月17日 13:02撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の最後。途中は疲れたり、緊張して写真を撮る気になりませんでした。
1
底無し井戸。下を見るところまで行きませんでした
2017年06月17日 13:05撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
底無し井戸。下を見るところまで行きませんでした

感想/記録

基本土曜日に山に行っていますが、これで4週連続。ずっと天気が良くてうれしいけど、基本梅雨なのでこれではやや心配ではあります。
先週はちょっと自分の限界を超えた総門の滝コースを行って、心が折れそうになったので、今週は安全と思われる普賢岳周回にしました。大半はとても整備された道で、気持ち良くハイキングが楽しめました。その中で、七曜岳から先に行こうかどうか迷いました。山と高原地図では、行者還岳まで1時間半。これから3時間以上も周回にプラスすると、自宅に帰るのが夜となり、腹が減りすぎる。今帰ると早すぎるので、30分位行ってみようと進みましたが、その時間で近くまで行ってしまった。これはコースタイムが違います。自分は早く歩けません。少し前に釈迦が岳に行ったときは逆にコースタイムを1時間以上オーバーしたのに。その時縦走している若者と話しをしたら、大峰のコースタイムは厳しいと言っていました。そのせいで、彼は一日一本のバスに乗れなくなってしまいました(帰りにとぼとぼ歩いているのを見たので、送りました)。ルーファイに時間をとられるなどあったら仕方ありませんが、この時間を見て予定を立てるはずなので余りにも違うと、困ることが出てきます。作成者の方どうかよろしくお願いします。ところでその道ですが、ものすごく良い道が、突然無双洞の手前から急に危なくなっています。疲れのピークとなっている時間帯ですので、かなり緊張しました。終わってみたら、こればあるから楽しかったと思えるかもしれませんが。
全体としては、リピートしたくなる良いところです。かなり満足度が高いヤマだと思いました。管理されている方々有難うございました。
訪問者数:226人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

高原 ルーファイ 梅雨
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ