また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1175143 全員に公開 ハイキング八幡平・岩手山・秋田駒

秋田駒ケ岳

日程 2017年06月17日(土) 〜 2017年06月18日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
休暇村 乳頭温泉郷に車を置いてバスで八合目登山口まで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間41分
休憩
0分
合計
3時間41分
S駒ヶ岳八合目小屋11:1012:14阿弥陀池14:51阿弥陀池避難小屋
2日目
山行
9時間19分
休憩
0分
合計
9時間19分
阿弥陀池避難小屋05:4105:56横岳06:07焼森07:13湯森山07:52宿岩08:44笊森山09:22千沼ヶ原12:02乳頭山12:48田代平山荘14:06蟹場分岐14:51大釜温泉15:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特別に危険なところはありません。
前回は暴風雨でなにも見えませんでしたが、すばらしいコースです。
その他周辺情報今回は蟹場温泉露天風呂。とても気に入りました。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

アルパこまくさからは山頂は見えません。
11:30頃のバスでしたが結構な人が乗り込みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルパこまくさからは山頂は見えません。
11:30頃のバスでしたが結構な人が乗り込みます。
1
今回はこちらはパスします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はこちらはパスします。
とにかく、久々の登山なのでゆっくりのんびりと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく、久々の登山なのでゆっくりのんびりと。
1
雪渓を横切ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓を横切ります
1
片倉展望台。
にぎやかなので通り過ぎます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
片倉展望台。
にぎやかなので通り過ぎます。
2
木道が見えてきて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道が見えてきて、
1
てくてくと進んで、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
てくてくと進んで、
2
阿弥陀池。
基本的には晴れていますが、山頂付近を雲が巻いているのがわかります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀池。
基本的には晴れていますが、山頂付近を雲が巻いているのがわかります。
3
綺麗に晴れ上がっているのもいいですが、こうして目まぐるしく景色が変わるのもいいもんです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗に晴れ上がっているのもいいですが、こうして目まぐるしく景色が変わるのもいいもんです。
2
池からも水蒸気があがっています。
湯気とおっしゃっる声も聞こえましたが、ツッコミませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池からも水蒸気があがっています。
湯気とおっしゃっる声も聞こえましたが、ツッコミませんでした。
1
小一時間の歩きでガッツりとランチというのもなんなので。
スクリュー・・・・ いや、なんでもありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小一時間の歩きでガッツりとランチというのもなんなので。
スクリュー・・・・ いや、なんでもありません。
4
突然姿を現した女目岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然姿を現した女目岳。
5
雲の切れ目を待って花巻方面でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の切れ目を待って花巻方面でしょうか。
1
明日通る焼森のケルン越しに雫石方面かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日通る焼森のケルン越しに雫石方面かな?
1
ずっと姿を現さなかった女岳のケルン。昨年石を積んできました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと姿を現さなかった女岳のケルン。昨年石を積んできました。
1
男岳にも登ってみました。
馬場ノ小路(ムーミン谷)はまだ雪が多いようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男岳にも登ってみました。
馬場ノ小路(ムーミン谷)はまだ雪が多いようです。
5
ちょうど雲が濃くなってきてなにも見えませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど雲が濃くなってきてなにも見えませんでした。
2
まっすぐに馬の背も行ってみようかと思いましたが気持ちの七分目を心がけてやめました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まっすぐに馬の背も行ってみようかと思いましたが気持ちの七分目を心がけてやめました。
1
あれ? 
急に人影が少なくなったような。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ? 
急に人影が少なくなったような。
2
みなさん、お帰りのようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みなさん、お帰りのようです。
今夜のお宿(左側)。右側はトイレ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今夜のお宿(左側)。右側はトイレ。
1
15:00前、いつのまにか殆ど人影が無くなってしまいました。
じゃ、一次会の開催です。
おつまみの阿弥陀池の動画も貼ってみましたのでよろしかったらご覧ください。(無音の動かない動画ですが)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:00前、いつのまにか殆ど人影が無くなってしまいました。
じゃ、一次会の開催です。
おつまみの阿弥陀池の動画も貼ってみましたのでよろしかったらご覧ください。(無音の動かない動画ですが)
5
鍋もので二次会をしましたが写真はありません。秘密です。
満点の星空も堪能しましたが写真はありません。三脚を立てて色々と設定をいじってみましたがコンデジが捉えたものは暗黒でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋もので二次会をしましたが写真はありません。秘密です。
満点の星空も堪能しましたが写真はありません。三脚を立てて色々と設定をいじってみましたがコンデジが捉えたものは暗黒でした。
5
翌朝の岩木山。シルエットの迫力
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝の岩木山。シルエットの迫力
8
御来光。岩木山から太陽が出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御来光。岩木山から太陽が出てきました。
13
阿弥陀池を眺めながら、まったりと朝のコーヒー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀池を眺めながら、まったりと朝のコーヒー。
6
さて、ひとりじめした阿弥陀池を後にします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、ひとりじめした阿弥陀池を後にします
3
いきなり、ブロッケン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり、ブロッケン。
6
ブロッケンが消えて、小岳と女岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブロッケンが消えて、小岳と女岳。
1
右上に肉眼ではハッキリと岩木山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右上に肉眼ではハッキリと岩木山。
2
女目岳ごしに森吉山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女目岳ごしに森吉山。
2
和賀岳(たぶん)と焼石岳(たぶん)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和賀岳(たぶん)と焼石岳(たぶん)
3
雲海に浮かぶ早池峰山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ早池峰山。
5
茶臼岳、大深岳、源太ヶ岳、三ツ石山、犬倉山・・・
の手前に今回の縦走路の湯森山、笊森山、乳頭山。途中の千沼ヶ原はどうするか思案中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳、大深岳、源太ヶ岳、三ツ石山、犬倉山・・・
の手前に今回の縦走路の湯森山、笊森山、乳頭山。途中の千沼ヶ原はどうするか思案中。
1
前回、乳頭温泉から登ってきて通った笹森山。ちょうど裏側あたりが崩落していてきつかった思い出。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回、乳頭温泉から登ってきて通った笹森山。ちょうど裏側あたりが崩落していてきつかった思い出。
2
などなど考えながら、まずはあの道の先の湯森山へ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
などなど考えながら、まずはあの道の先の湯森山へ、
1
きました。 途中、タケノコ採りの三人組にやたらビックリされて狼狽しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きました。 途中、タケノコ採りの三人組にやたらビックリされて狼狽しました。
1
振り返ると、残雪模様が美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、残雪模様が美しい。
1
笊森山への道に熊見平と宿岩が見えます。前回はこんな景色は一切なかったので新鮮です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笊森山への道に熊見平と宿岩が見えます。前回はこんな景色は一切なかったので新鮮です。
1
ヒナザクラがメインに咲いて、あとはこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒナザクラがメインに咲いて、あとはこんな感じ。
やけに目立った立ち枯れ木。見よこの青空。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やけに目立った立ち枯れ木。見よこの青空。
1
どこまでも(見た目は)なだらかに進む縦走路。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでも(見た目は)なだらかに進む縦走路。
1
なんどもなんども振り返りながら進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんどもなんども振り返りながら進みます。
1
笊森山。いきなり強風。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笊森山。いきなり強風。
1
乳頭山。おっかなびっくりの崖っぷち。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乳頭山。おっかなびっくりの崖っぷち。
1
岩手山と今日の課題の千沼ケ原。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩手山と今日の課題の千沼ケ原。
1
千沼ケ原。千沼ケ原。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千沼ケ原。千沼ケ原。
1
右へ進むと千沼ケ原。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右へ進むと千沼ケ原。
1
右へ進んだら、いきなり大雪渓。道がわかりませんが、目的地がすぐそこに見えているので進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右へ進んだら、いきなり大雪渓。道がわかりませんが、目的地がすぐそこに見えているので進みます。
2
で、来てしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、来てしまいました。
3
水芭蕉の季節のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水芭蕉の季節のようです。
3
前回は、二つのパーツに分かれていることを知らずに手前だけで戻ってしまったので青森とど松の森を抜けて奥にもいってみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回は、二つのパーツに分かれていることを知らずに手前だけで戻ってしまったので青森とど松の森を抜けて奥にもいってみました。
2
木道沿いにはチングルマが咲いていました。写真ではショボイですが実際は見事でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道沿いにはチングルマが咲いていました。写真ではショボイですが実際は見事でした。
3
その他に目に留まったのが白い泡。なにかの卵(が入っている泡)なんでしょうがわかりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その他に目に留まったのが白い泡。なにかの卵(が入っている泡)なんでしょうがわかりません。
1
コーヒーブレイク中に三人の方ど出会いました。いずれもここが目的のようでした。あまりメジャーにならないでほしいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーヒーブレイク中に三人の方ど出会いました。いずれもここが目的のようでした。あまりメジャーにならないでほしいです。
1
トナカイ模様の池塘。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トナカイ模様の池塘。
4
ここが一番キツイ登りがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが一番キツイ登りがあります。
2
すこしめまいが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すこしめまいが。
が、人が多いので通りすぎます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
が、人が多いので通りすぎます。
2
次の目的地、田代平。手前に田代平山荘が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の目的地、田代平。手前に田代平山荘が見えます。
1
左を見ると、女目岳ごしに田沢湖。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左を見ると、女目岳ごしに田沢湖。
1
秋田県側からの乳頭山。ちなみに岩手県側の標識は全て烏帽子岳と二つの名前を持っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋田県側からの乳頭山。ちなみに岩手県側の標識は全て烏帽子岳と二つの名前を持っています。
1
田代平山荘。そろそろ体が悲鳴をあげてきていたのでここで休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代平山荘。そろそろ体が悲鳴をあげてきていたのでここで休憩。
1
すぐ先に下山の分岐がありますがさらに進みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ先に下山の分岐がありますがさらに進みました。
1
地味に一面ヒナザクラ越しに駒ケ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地味に一面ヒナザクラ越しに駒ケ岳。
1
延々と続く木道。 この風景結構好きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と続く木道。 この風景結構好きです。
2
花なのか実なのかわかりませんが結構目だっていたので。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花なのか実なのかわかりませんが結構目だっていたので。
1
いよいよ樹林に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ樹林に入ります。
1
落ち葉の舗装路。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉の舗装路。
1
樹林帯に入って蟹場分岐を折れて1時間半ほどで、
大釜温泉が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に入って蟹場分岐を折れて1時間半ほどで、
大釜温泉が見えました。
1
今回はここにしてみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はここにしてみました。
1
裏口から出て50mほどの所にあるワイルドな露天風呂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏口から出て50mほどの所にあるワイルドな露天風呂です。
1

感想/記録
by Yogo

とにかく久しぶりの登山だったので、いきなり張りきって体を壊して以後登山不可という状況は避けたかったので、気持ちの七分目を心かけて行ってきました。あれだけの賑わいで小屋泊は自分だけというのは意外でしたが、おかげさまでのんびりと阿弥陀池の夕暮れを独り占めしてきました。翌朝の岩手山からの日の出は感動的でした。また病みつきになりそうです。


訪問者数:626人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ