また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1175508 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

奥多摩湖〜御前山〜小沢

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー6人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:奥多摩駅からバス、奥多摩湖バス停下車
復路:小沢バス停から武蔵五日市駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間29分
休憩
46分
合計
6時間15分
S奥多摩湖バス停08:2209:33サス沢山09:3910:50惣岳山11:08御前山11:3611:44御前山避難小屋11:5612:15若緑山12:44アザミケタワ12:50湯久保山13:16仏岩ノ頭14:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所はありません。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

最初からサス沢山まで急登が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初からサス沢山まで急登が続きます。
サス沢山頂上からは奥多摩湖を臨むことができます。
今回の山行ではここが一番眺望が良い場所です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サス沢山頂上からは奥多摩湖を臨むことができます。
今回の山行ではここが一番眺望が良い場所です。
2
所々緑の林が目に優しい場所がありますが、惣岳山手前に急登があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々緑の林が目に優しい場所がありますが、惣岳山手前に急登があります。
御前山から湯久保尾根は檜林のなだらかな下りが長い間続きます。下りやすいですが飽きるほど長いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山から湯久保尾根は檜林のなだらかな下りが長い間続きます。下りやすいですが飽きるほど長いです。
1
所々額アジサイが咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々額アジサイが咲いています。
2

感想/記録

奥多摩湖からサス沢山:今回の山行でこの最初の急登が一番きついと思います。
サス沢山から惣岳山:惣岳山手前に急登があり、ずっと登って来て最後に急登なのでちょっと疲れます。
惣岳山から御前山:距離的にすぐですので今回も惣岳山では休まず通過しました。
御前山では沢山の人が昼食を取っていました。
御前山避難小屋はトイレの為立ち寄りましたがなかなか立派です。
御前山から小沢バス停:だらだらと長い下り坂が続きます。膝への負担は少ないと思いますので歩きやすいと思います。しかし飽きるほど長いので一人山行の場合はきついかもしれません。

全体的に危険なところも無く、ハイキングにはちょうど良いコースだと思います。
訪問者数:127人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 避難小屋 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ