また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1176481 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

谷川山行

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
上毛高原駅は登山客で溢れ
ロープウェー行きバスは満員で参りました。
水上駅からは増便が事前に出た様です(空いてて羨ましい)。
皆さん バス券お得ですよ‼
3000円払えば4200円使えるカードです。
更に水上〜ロープウェー間は何処でも途中下車出来ます。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間15分
休憩
1時間4分
合計
8時間19分
S天神平09:3709:46田尻尾根分岐09:53天神平・天神峠分岐点10:13熊穴沢避難小屋10:43天狗の留まり場10:4611:10雪田11:20谷川岳・肩の小屋11:5012:02谷川岳(トマノ耳)12:0512:21谷川岳12:2513:10ノゾキ13:1113:37一ノ倉岳13:4814:37茂倉岳14:4014:52茂倉岳避難小屋14:5715:54矢場ノ頭15:5717:26茂倉新道登山口17:42水場/高波吾策像17:4317:56土樽駅17:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
私は足の幅が狭いので何時もはゴローの靴を履いてますが
ゴローの靴は重いのでGARMONTの靴を時たま履いてます(特に冬場)。
そのため靴下は通常2枚履きなのですが、
今回下り用の靴下を忘れた為
両足親指が内出血してしまい苦しい下りになってしまいました。
茂倉新道下部の木の根は本当に凄く歩きにくかったです。
土樽側の登山口付近は泥で大変滑り易かったです。
ぜひリベンジしたいです。
一ノ倉岳〜茂倉岳間で馬蹄形縦走の人に会いましたが、
夜行日帰りや肩の小屋泊という人がいてびっくりしました。
一ノ倉岳で時計を忘れたのを雪渓先で気がつき戻りに帰って30分タイムロスをしました。
土樽駅手前の水場は個人的に大変おいしく感じました。
コース状況/
危険箇所等
一ノ倉岳→茂倉岳手前は道が半分位崩壊している箇所が4m位ありました。
茂倉岳→土樽(茂倉新道)は雪により道にクラックが多数入ってました。
中間部は木の根が凄く通過注意です。
下部は滑りやすい土の道です。
(滑りました)
その他周辺情報土樽駅には自動販売機有り
水は飲用には適しませんが身体は洗えます。
男女別トイレもあります。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ 簡易寝袋
備考 靴下2枚履きなのに1枚で行った為下りで悲劇になりました。

写真

残雪はどの程度でしょうか?
2017年06月17日 09:37撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪はどの程度でしょうか?
案内板
田尻尾根分岐
昔は利用しましたが10年以上利用したことなし
2017年06月17日 09:46撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板
田尻尾根分岐
昔は利用しましたが10年以上利用したことなし
案内板
分岐左上はリフト乗り場へ
2017年06月17日 09:53撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板
分岐左上はリフト乗り場へ
熊沢避難小屋前の案内板
2017年06月17日 10:13撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊沢避難小屋前の案内板
急坂2?
皆さん休憩中でパチリ
2017年06月17日 10:22撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂2?
皆さん休憩中でパチリ
天狗の止まり木
2017年06月17日 10:43撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の止まり木
小屋下の雪田
こんなに雪が有るのは珍しいです。
昔 ここに桃缶埋めたら解らなくなってしまいました。
2017年06月17日 11:11撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋下の雪田
こんなに雪が有るのは珍しいです。
昔 ここに桃缶埋めたら解らなくなってしまいました。
案内板
右は天神尾根、奥は西黒尾根
2017年06月17日 11:19撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板
右は天神尾根、奥は西黒尾根
肩の小屋前から”まないたぐら”方面
2017年06月17日 11:50撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋前から”まないたぐら”方面
夏になると熊笹ぼうぼうで近寄れない案内石?
2017年06月17日 11:54撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏になると熊笹ぼうぼうで近寄れない案内石?
分岐案内板
右:肩の小屋 左:西黒尾根 
2017年06月17日 11:58撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐案内板
右:肩の小屋 左:西黒尾根 
西黒尾根方面
2017年06月17日 11:58撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根方面
トマの耳
2017年06月17日 12:03撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳
1
オキの耳方向
(トマノ耳から)
冬は雪庇が成長して人が乗ってます(ちょっと怖い)
2017年06月17日 12:02撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキの耳方向
(トマノ耳から)
冬は雪庇が成長して人が乗ってます(ちょっと怖い)
案内板
右:トマの耳 左:オキの耳
2017年06月17日 12:05撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板
右:トマの耳 左:オキの耳
オキの耳
2017年06月17日 12:21撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキの耳
1
遭難碑と思ったら
2017年06月17日 12:50撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遭難碑と思ったら
案内板でした
2017年06月17日 12:50撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板でした
ノゾキ手前
こちらの方が良く見えます(一ノ倉沢)
2017年06月17日 12:54撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノゾキ手前
こちらの方が良く見えます(一ノ倉沢)
1
ノゾキ
一ノ倉沢が見えますが木が多く茂りノゾキ手前の方が良く見えます。
2017年06月17日 13:10撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノゾキ
一ノ倉沢が見えますが木が多く茂りノゾキ手前の方が良く見えます。
一ノ倉岳方面
2017年06月17日 13:03撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳方面
1
クサリ場
岩が滑り易くなってました
2017年06月17日 13:12撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場
岩が滑り易くなってました
一ノ倉避難小屋
2〜3名用です。
2017年06月17日 13:37撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉避難小屋
2〜3名用です。
案内板の方が大きい‼
右側の石が一ノ倉岳
(石は運ぶの大変だからかなぁ?)
2017年06月17日 13:37撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板の方が大きい‼
右側の石が一ノ倉岳
(石は運ぶの大変だからかなぁ?)
中芝新道
悪名高い道なので一回も通過したことはありません
2017年06月17日 13:48撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中芝新道
悪名高い道なので一回も通過したことはありません
一ノ倉岳から徒歩15分位です。
暑い時に雪渓が有ると良いですね
2017年06月17日 13:53撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳から徒歩15分位です。
暑い時に雪渓が有ると良いですね
1
ここから一ノ倉岳戻る(約30分ロス)
一ノ倉岳で日焼けクリームを塗った際に忘れました。
2017年06月17日 14:26撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから一ノ倉岳戻る(約30分ロス)
一ノ倉岳で日焼けクリームを塗った際に忘れました。
茂倉岳手前
左側の道が半分位約4m崩壊してました。(谷川岳方面は注意して)
2017年06月17日 14:33撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳手前
左側の道が半分位約4m崩壊してました。(谷川岳方面は注意して)
一ノ倉岳方向
2017年06月17日 14:37撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳方向
谷川岳方向
雪渓多いですね
2017年06月17日 14:45撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳方向
雪渓多いですね
茂倉岳避難小屋手前
途中に雪渓があり歩きにくいですね
2017年06月17日 14:52撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳避難小屋手前
途中に雪渓があり歩きにくいですね
ふきのとう
ここにだけあり
大きくなってしまいました
2017年06月17日 14:54撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふきのとう
ここにだけあり
大きくなってしまいました
真ん中当たりに関越道湯沢側通風口がありますよ。
2017年06月17日 15:37撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中当たりに関越道湯沢側通風口がありますよ。
矢場ノ頭
ここから先は靴下1枚履きの為両親指が内出血して歩くのに時間が掛かり、上り電車ぎりぎりになってしまいました。
2017年06月17日 15:54撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢場ノ頭
ここから先は靴下1枚履きの為両親指が内出血して歩くのに時間が掛かり、上り電車ぎりぎりになってしまいました。
訪問者数:161人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ