また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1176843 全員に公開 ハイキング近畿

銅山 登山道調査・整備山行〔宍粟50名山28〕(兵庫県宍粟市)

日程 2017年06月19日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●乗用車
・国道29号の安積橋から県道6号線に入り、一宮町倉床の道標に従って大路方面へ左折し、荒れた狭い林道を詰める。
Ⓟ駐車場
・ケヤキ人工林の手前に施設跡の広場がある。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

◆所要時間 5時間10分 ●歩行距離 9.7Km ▲総上昇量 559m

09:40 稲木場(いなきば)Ⓟ
10:20 赤銅(あかがね)登山口
12:15 市境界分岐〜(昼食)13:00
13:20 銅山(どうやま)「掘θ機覆いだ)△953.82m」
14:10 大路(おおろ)越え
15:00 稲木場Ⓟ
コース状況/
危険箇所等
◆ルートの概要 (核心部・危険個所)
・宍粟50名山ガイドクラブのメンバーで、道迷い不安情報のある銅山の登山道調査と整備を兼ねて出掛ける。
倉床川の清流に沿って金銅精錬所を通過し、登山口ポールの木橋を渡って倒木処理と目印を追加しながら作業道が交錯する迷いやすい登山道を進みます。
十字交差の法面を上がると、やがて自然林の杣道となり、市境界の稜線に出て小広場でお昼にする。
比較的緩やかな自然豊かな極楽尾根を進むと、山名標柱のある銅山山頂に着き一息入れる。
下山は東へ市境界を辿り、大路越えへの急坂を慎重に下って峠の倉床川源流の碑に立ち寄ってから沢沿いの杣道を降りる。
荒れた沢道を離れて随所で崩壊している作業道大路線に乗り、大路村の廃村を抜ければ稲木場の出発地へ戻ります。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

ルート詳細図(クリック→元サイズ→拡大)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート詳細図(クリック→元サイズ→拡大)
1
鉱山施設跡の駐車地を出発
2017年06月19日 18:22撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉱山施設跡の駐車地を出発
金銅精錬所跡を通過します
2017年06月19日 10:08撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金銅精錬所跡を通過します
水没した坑道跡
2017年06月19日 10:15撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水没した坑道跡
銅山登山口の橋を渡って入山します
2017年06月19日 18:24撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅山登山口の橋を渡って入山します
倒木の処理をしながら作業道を進みます
2017年06月19日 18:25撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木の処理をしながら作業道を進みます
作業道の十差路から山腹の登山道に取り付きます
2017年06月19日 18:26撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道の十差路から山腹の登山道に取り付きます
単調な植林から心地よい自然林に入る
2017年06月19日 18:26撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
単調な植林から心地よい自然林に入る
ギンリョウソウ
2017年06月19日 18:26撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ
熊が栗の皮をはぎとっています
2017年06月19日 18:26撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊が栗の皮をはぎとっています
木漏れ陽が美しい
2017年06月19日 18:27撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木漏れ陽が美しい
稜線から氷ノ山の山頂避難小屋を遠望
2017年06月19日 18:27撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から氷ノ山の山頂避難小屋を遠望
1
銅山の三等三角点標石「掘θ帰953.82m」
2017年06月19日 18:28撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅山の三等三角点標石「掘θ帰953.82m」
1
銅山の山頂に到着
2017年06月19日 18:28撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅山の山頂に到着
2
明るい山頂を辞して大路越えへ向います
2017年06月19日 18:29撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい山頂を辞して大路越えへ向います
阿舎利国有林標石「界標第六拾」
2017年06月19日 13:41撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿舎利国有林標石「界標第六拾」
1
国有林標石の裏「山:民地側・字銅山官林」
2017年06月19日 18:29撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国有林標石の裏「山:民地側・字銅山官林」
稜線の伐採展望地
2017年06月19日 13:58撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の伐採展望地
左:大杉山・中央:須留ヶ峰
2017年06月19日 13:59撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左:大杉山・中央:須留ヶ峰
1
大路越えへの急な下り
2017年06月19日 14:06撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大路越えへの急な下り
1
左:御祓山・右:須留ヶ峰
2017年06月19日 14:08撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左:御祓山・右:須留ヶ峰
1
大路越えからの下山路
2017年06月19日 18:32撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大路越えからの下山路
倉床川源流の碑
2017年06月19日 18:32撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉床川源流の碑
単調な植林の杣道を下ります
2017年06月19日 14:23撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
単調な植林の杣道を下ります
崩壊した作業道大路線に合流します
2017年06月19日 14:30撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊した作業道大路線に合流します
1
荒れ放題の作業道
2017年06月19日 18:33撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れ放題の作業道
1
大路廃村を通過
2017年06月19日 18:33撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大路廃村を通過
1
作業道の通過者が稀で緑の絨毯が実に美しい
2017年06月20日 21:07撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道の通過者が稀で緑の絨毯が実に美しい
1
登山口標柱のある営林署 大身谷大路作業所跡(稲木場)に出ました
2017年06月19日 18:36撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口標柱のある営林署 大身谷大路作業所跡(稲木場)に出ました
1
撮影機材:

感想/記録
by yamaya

【感想・メモ】
・赤銅登山口から市境界の稜線までの登山道が伐採作業道の延伸開削で分断され、とても不明瞭になっていたので要所に標識を設置しています。
・通過者も稀な秘境の山域ですが、美しい清流の奥にある銅鉱山跡の歴史に触れ、但馬の山々を眺めながら自然豊かな稜線歩きを楽しんでいただければと思っております。
訪問者数:255人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ