また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1177162 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走飯豊山

飯豊縦走 北から南へ

日程 2017年06月14日(水) 〜 2017年06月18日(日)
メンバー
天候14日曇り 15日晴れ 16日雨 17日晴れ 18日曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間5分
休憩
1時間6分
合計
8時間11分
Sスタート地点08:4009:50林道終点10:0012:18カモス峰12:3013:08権内ノ峰13:2014:02千本峰14:3415:45前朳差岳16:46朳差岳16:51朳差小屋
2日目
山行
9時間31分
休憩
2時間39分
合計
12時間10分
朳差小屋05:2005:45鉾立峰05:45大石山の分岐06:35大石山06:4707:27頼母木小屋08:2008:40頼母木山09:10地神北峰09:2009:34地神山10:07扇ノ地神10:1710:37門内小屋10:4910:52門内岳11:58北股岳12:2013:10梅花皮小屋13:4014:05梅花皮岳14:30烏帽子岳14:4017:30御西岳避難小屋
4日目
山行
休憩
0分
合計
0分
スタート地点05:40
4日目
山行
11時間10分
休憩
2時間22分
合計
13時間32分
05:40御西岳避難小屋07:06大日岳下の雪渓08:0009:05御西岳避難小屋09:2810:45飯豊山11:02飯豊山避難小屋、本山小屋、飯豊山神社11:2511:59御秘所12:21草履塚12:53切合避難小屋13:0714:50三国岳15:1016:46疣岩分岐17:42上ノ越17:5018:53祓川駐車場19:12祓川山荘
5日目
山行
1時間22分
休憩
0分
合計
1時間22分
祓川山荘05:5507:17弥平四郎バス停07:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートは手書きです。休憩時間はわかる範囲だけ記しました。実際はもっと沢山休憩してます。
その他周辺情報日帰り温泉 ロータスイン 400円 野沢駅まで循環バスあり
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

ガスの中の山頂です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中の山頂です
4
二日目は朝から晴れ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目は朝から晴れ
6
花も少し咲いてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花も少し咲いてます
6
頼母木小屋は小屋開きの準備中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頼母木小屋は小屋開きの準備中
4
梅花皮小屋と北股岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅花皮小屋と北股岳
4
北股岳の雪渓を降るのはこわかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北股岳の雪渓を降るのはこわかった
5
烏帽子岳の先はほとんど雪渓の上を行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳の先はほとんど雪渓の上を行く
1
翌日は終日悪天候で停滞
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日は終日悪天候で停滞
1
4日目は晴れ 大日岳を目指します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4日目は晴れ 大日岳を目指します
7
私は最後の雪渓でギブアップ
奥様は行ってしまった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私は最後の雪渓でギブアップ
奥様は行ってしまった
5
駒形山の下まで雪渓が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒形山の下まで雪渓が続きます
2
切合小屋前から降りてきた雪渓
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切合小屋前から降りてきた雪渓
5
大きい花が咲いてました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きい花が咲いてました
4
三国小屋を越えてもまだ雪はあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国小屋を越えてもまだ雪はあります
6
2階小屋番さんはヘビでした
1階にはコウモリがいました
静かな小屋番さんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2階小屋番さんはヘビでした
1階にはコウモリがいました
静かな小屋番さんでした
9
帰りはデマンド号で日帰り温泉のロータスインまで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはデマンド号で日帰り温泉のロータスインまで
3

感想/記録

飯豊縦走してきました。
3日目は悪天候で丸一日停滞したけど歩いてる間は雨に降られずに済んで良かったです。
権内尾根は急登の連続でつらかったけどそこを乗りきればあとは最高の稜線がずっと続いてあっという間の5日間でした。

『水場情報』
水は頼母木小屋の沢と梅花皮小屋の水場はしっかりと出てました。
杁差小屋は大石ダムから権内尾根で登ると長者平手前の登山道上の雪渓末端で細い流れから取ることができました。
御西小屋は飯豊方面に少し行った登山道上の雪渓の末端でとても細い流れから取れました。
その先は疣岩山山頂直下の雪渓でさらに細い流れから取りました。
祓川山荘は上の越から降ると沢を渡る時に汲んでから山荘へ行けます。山荘には水はありませんでした。

もともと雪道になれていないうえに今回はトレランシューズと軽アイゼンとピッケルという装備だったので何度か雪渓でビビりました。
こわかった雪渓 
)霧坡戮らの降り
持ってるもの全部と笹を使って50分かけて降りました。
大日岳の最後の方の急斜面
何度かトライしたけど結局私はギブアップしました。奥様は貸しきり山頂を堪能したようです。
a牢篁鎧劃瑳蠢阿寮齋
途中までトラバースしてから上にあがる足跡をたどりましたが、えっマジでという感じでした。
足跡は弥平四郎から飯豊本山を日帰りピストンした方のものでしたが当然のようにアイゼンなしでした。

杁差小屋では単独の男性が一階、我々が二階。
御西小屋では二泊とも貸しきり。祓川山荘も貸しきりと夜は静かでした。
祓川山荘の二階で夜うとうとしていたらヘビが現れてビビって一階に退避するとコウモリが部屋を飛び回っていました。我々のような珍客を彼らなりにもてなしてくれたっぽかった?です。
とにかく全部良かった山行でした。
訪問者数:606人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ