また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1177667 全員に公開 ハイキング道東・知床

阿寒富士《初山旅!道東編》

日程 2017年06月23日(金) [日帰り]
メンバー
天候ガス。強風。湿度100%
アクセス
利用交通機関
車・バイク
野中温泉コースなら、野中温泉の隣に公共の駐車場。20台はとまれると思います。綺麗な水洗トイレあります。

オンネトーコースなら登山口すぐ横にオンネトー野営場駐車場。湯の滝の駐車場もオンネトー野営場の手前ちょっと奥にあります。

私はなぜか湯の滝の駐車場に駐車。登山口まで300メートルくらい歩きました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
昨年の連続台風によってなのか?倒木や土砂の流出が見受けられたが、迂回路がしっかりと整備されていて、大変助かります。
その他周辺情報野中温泉♨…次回必ず入りたいですね。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

仕事から帰って、19時40分道東に向け出発。
日帰りでは無い、初の山旅!
夕張から高速利用。
2017年06月22日 20:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕事から帰って、19時40分道東に向け出発。
日帰りでは無い、初の山旅!
夕張から高速利用。
6
plusさんから、占冠〜十勝清水が無料区間と教えて頂いたので、

占冠で一度下り再び乗り、十勝清水でも下り乗りした。

高速料金節約できました。

しかし!予期せぬ事に工事中!!!!!音更帯広で下ろされて、一般道。
2017年06月22日 20:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
plusさんから、占冠〜十勝清水が無料区間と教えて頂いたので、

占冠で一度下り再び乗り、十勝清水でも下り乗りした。

高速料金節約できました。

しかし!予期せぬ事に工事中!!!!!音更帯広で下ろされて、一般道。
3
12時前に野中温泉♨横の公共駐車場に到着!

車中でストロングをいただく。

車外では雨がストロング…(笑)

明日晴れる事を疑いもせず、こんなシュチュエーションも楽しむ。

なんだかとても楽しい時間でした〜〜癖になるな!
2017年06月23日 00:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時前に野中温泉♨横の公共駐車場に到着!

車中でストロングをいただく。

車外では雨がストロング…(笑)

明日晴れる事を疑いもせず、こんなシュチュエーションも楽しむ。

なんだかとても楽しい時間でした〜〜癖になるな!
10
昨晩の大雨は上がってるが、かなりどんよりしてます。

A案=野中温泉のモコとチロルが現れてくれたら、野中温泉コースで登ろうと思っていた。都合良くはいかず。

B案=阿寒富士、雌阿寒岳2ピークスを効率良く踏める、オンネトーコースに切り替え、移動。
2017年06月23日 05:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨晩の大雨は上がってるが、かなりどんよりしてます。

A案=野中温泉のモコとチロルが現れてくれたら、野中温泉コースで登ろうと思っていた。都合良くはいかず。

B案=阿寒富士、雌阿寒岳2ピークスを効率良く踏める、オンネトーコースに切り替え、移動。
4
車中泊した公共の駐車場には、立派な水洗トイレ。

※写真は下山後。
2017年06月23日 11:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車中泊した公共の駐車場には、立派な水洗トイレ。

※写真は下山後。
2
オンネトー野営場駐車場に来たつもりが、湯の滝駐車場に停めてしまい、登山口まで歩く。
2017年06月23日 06:19撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オンネトー野営場駐車場に来たつもりが、湯の滝駐車場に停めてしまい、登山口まで歩く。
1
この看板の左のおくがオンネトー野営場。
2017年06月23日 06:20撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板の左のおくがオンネトー野営場。
1
幻想的でしっとりとして、良いです。
2017年06月23日 07:09撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幻想的でしっとりとして、良いです。
8
夏シーズンは、バンダナばかり。

ヘルメット必要と思いつつ、まだ用意できていません(^_^;)
2017年06月23日 07:23撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏シーズンは、バンダナばかり。

ヘルメット必要と思いつつ、まだ用意できていません(^_^;)
1
この辺から、天気が回復しないので、2ピークスはもしかしたら無理かもと思い、阿寒富士と雌阿寒岳どちらを取るか考える。
2017年06月23日 07:27撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から、天気が回復しないので、2ピークスはもしかしたら無理かもと思い、阿寒富士と雌阿寒岳どちらを取るか考える。
1
根が力強い。うまく歩けば、とても歩きやすい。
2017年06月23日 07:32撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根が力強い。うまく歩けば、とても歩きやすい。
5
森林限界を迎え、ガスが無ければ…

少しずつ全身ずぶ濡れで、寒さを感じるように。風も少しずつ強く。
2017年06月23日 07:48撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界を迎え、ガスが無ければ…

少しずつ全身ずぶ濡れで、寒さを感じるように。風も少しずつ強く。
1
阿寒富士はアクセスルートが少ないので、登る機会が少ない。阿寒富士にターゲットを絞る。

ここから上は全く別世界。立ってるのがやっと。足のおく場所も持っていかれるくらい強風。

写真を撮る余裕無し。
2017年06月23日 07:57撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿寒富士はアクセスルートが少ないので、登る機会が少ない。阿寒富士にターゲットを絞る。

ここから上は全く別世界。立ってるのがやっと。足のおく場所も持っていかれるくらい強風。

写真を撮る余裕無し。
6
強風が少しおさまる時を待ち、山頂写真。

腰を落として待機。危険を感じた。
2017年06月23日 08:32撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風が少しおさまる時を待ち、山頂写真。

腰を落として待機。危険を感じた。
22
近くのケルンもなんとか撮影。

山頂は1分もいなかったかも。
2017年06月23日 08:32撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くのケルンもなんとか撮影。

山頂は1分もいなかったかも。
11
7合目まで一気に駆け下りる。

と!少し見えるようになって来ました。
2017年06月23日 08:50撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7合目まで一気に駆け下りる。

と!少し見えるようになって来ました。
5
山頂方面の全容もこれが最大視界でした。
2017年06月23日 08:54撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面の全容もこれが最大視界でした。
4
登山道崩壊箇所。ここは迂回路も、上方に作ってありましたが、崩壊箇所ギリギリ上で、迂回路も崩壊しないか、心配です。
2017年06月23日 09:42撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道崩壊箇所。ここは迂回路も、上方に作ってありましたが、崩壊箇所ギリギリ上で、迂回路も崩壊しないか、心配です。
3
下山後はエメラルドグリーンの、大好きオンネトーに。

左、雌阿寒岳。右、阿寒富士。少しずつ姿が見え始めてきたか?
2017年06月23日 11:05撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後はエメラルドグリーンの、大好きオンネトーに。

左、雌阿寒岳。右、阿寒富士。少しずつ姿が見え始めてきたか?
22
綺麗すぎます。
2017年06月23日 10:58撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗すぎます。
13
下りたら麓は晴れ。

今回2ピークスできなかったから野中温泉は入りません。

次回来る理由ができました。
2017年06月23日 11:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りたら麓は晴れ。

今回2ピークスできなかったから野中温泉は入りません。

次回来る理由ができました。
8

感想/記録

日帰りのお山も行ける範囲が限られてきます。

道内には、魅力的な行きたいお山がいっぱい!車中泊で前乗りですが、道東エリアのお山に初めて踏み入りました。

とにかく、雌阿寒岳と阿寒富士の迫力が大好きでかなり前から、恋い焦がれていました。

十勝山域マイスターのヤマレコユーザーのplusさんに事前にアドバイスを頂かせてもらいまして、
々眤料金節約方法
駐車場とトイレ
2ピークスの踏み方
ぅ競貍譟強風による目の保護。強風が多いので敗退覚悟
グ貳牝札僖肇ー多いよ!!!!!
Ε皀&チロル仲良し方法(笑)
美味しい食パン!!!!!

アドバイスの通り、強風でしたので、自分なりに考えアレンジ。

ゲ珊溝唸ICで強制的に下ろされて一般道。パトカー多いよ情報により、一般道60キロで走行。暗闇で隠れているパトカーに「おいでおいで」されずに済んだ。

残念ながらΝГ話成できず。

plusさんのアドバイスなしではこんなにうまくはいかなかったでしょう。感謝です!!!!!

次回までお預けにした野中温泉!楽しみでなりません!


訪問者数:363人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/14
投稿数: 215
2017/6/23 22:19
 初!山旅!
悪天候だったけど負けずにやっつけましたねえ!

初の山旅、楽しみましたねぇー。
山行を想像しながらの車中泊。美味しいお酒だったでしょうね!
登録日: 2015/2/16
投稿数: 241
2017/6/23 22:53
 Re: 初!山旅!
初の道東エリア、初の前乗り山旅、楽しすぎる〜〜!

悪天候で思うように登れなかったけど、ワクワクが止まらない、記念となる山旅ができました!

明日もまた行きたいくらい(笑)
登録日: 2015/4/1
投稿数: 116
2017/6/24 20:38
 祝!山旅!!
お疲れ様でした!
テントじゃない山旅も楽しいよね〜

なんか車中泊ってテントとは違う楽しい何かがあるような気がします
(何かって何かよくわかりませんが)

強風のようでしたが幻想的な風景にも
下界から切り離されて
現実逃避できる空間のような気がするのは私だけでしょうか(´∨`*ゞ
登録日: 2013/10/30
投稿数: 566
2017/6/24 23:01
 おつかれ山♪
遠征ご苦労様です!
あと言い忘れてましたがオンネトーコースで下山時に最後の川で
ポールやアイゼンを洗うと錆びますw
今度また晴れた日にチャレンジしてみてください!
冬は特に感動しますよ〜
登録日: 2015/2/16
投稿数: 241
2017/6/25 10:29
 Re: 祝!山旅!!
jujucaさん、激しく同感です!!!!!

もともと早朝霧に包まれる街とかも、そこだけが遮断されて、ひっそりと穏やかに、何かを秘めたあの感じが大好きの、自称《霧マニア》です。

山も好天で眺望良いには越したことはないのだが、今回のように、ひっそりと穏やかな山行も乙なものと、最近考えてます。

晴れの時とはまた違う角度や目線や感覚で、触れて考える事が出来ますから。

車中泊山旅!一気に射程距離が伸びて、行ける憧れの山々にも登れちゃう。
とても楽しい山旅でした〜〜😄
登録日: 2015/2/16
投稿数: 241
2017/6/25 10:59
 Re: おつかれ山♪
plusさんお世話になりました〜〜!

足寄湖から足寄の街に向かう所の峠?でパトいました(゚o゚;;赤灯回されずにすみましたです😆
高速も駐車場もトイレも、もちろん山行も全てが上手く行きました。またの機会に雌阿寒岳チャレンジしたいと思います。

本当に大変お世話なりました。

追伸:最後の小川でまんまとポール洗っちゃいました(^_^;)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ