また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1178560 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

釈迦ヶ岳 (尾高観音から東尾根を経由して周回)

日程 2017年06月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り 山頂・稜線まで登っても,遠くはほとんど見えませんでした。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾高観音の(というか「尾高高原の」ですかね)駐車場。
30台ぐらいは駐められると思います。
温水洗浄便座のついた,きれいなトイレもありました。
(156K)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間34分
休憩
25分
合計
4時間59分
S尾高観音駐車場05:2705:33尾高観音05:59尾高観音コース分岐06:0006:12尾高山展望台06:1506:17尾高山07:20東尾根07:58釈迦ヶ岳08:0408:10釈迦ヶ岳最高点08:2408:30釈迦の白毫08:36松尾尾根の頭09:07水無尾根の頭09:0810:26尾高観音駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■尾高観音から尾高山までは整備された登山道。
その先の釈迦ヶ岳東尾根はバリエーションルートです。
踏みあと・マーキングテープもあり,顕著な尾根道なので,迷うことはないと思います。
ただこの時期,春先に落葉したカシやシイの葉っぱが斜面に積もって,
急登では滑って登りづらいです。
■釈迦ヶ岳山頂〜釈迦白毫〜松尾尾根分岐〜水無尾根分岐は一般ルートですが,
その先,尾高高原・三重県民の森へのルートは荒れていて,不明瞭でした。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 La Sportiva TX4 GTX

写真

尾高高原の,尾高観音手前の駐車場。広い駐車場です。
2017年06月24日 05:27撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾高高原の,尾高観音手前の駐車場。広い駐車場です。
1
駐車場から,まずは尾高観音めざして出発です。
2017年06月24日 05:27撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から,まずは尾高観音めざして出発です。
1
尾高観音の参道に入る。
2017年06月24日 05:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾高観音の参道に入る。
1
お堂の裏手,左のほうに登山口。
2017年06月24日 05:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お堂の裏手,左のほうに登山口。
2
今日は「お天気は今イチ」と覚悟してやってきましたが,曇りのお天気です。
2017年06月24日 05:39撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は「お天気は今イチ」と覚悟してやってきましたが,曇りのお天気です。
1
尾高山への登山道。とてもしっかりしています。
2017年06月24日 05:50撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾高山への登山道。とてもしっかりしています。
1
見晴らしコースと合流。
2017年06月24日 06:02撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしコースと合流。
1
尾高山山頂の展望台。登ってみます。
2017年06月24日 06:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾高山山頂の展望台。登ってみます。
展望台からの釈迦ヶ岳。とりあえず見えてはいますね。
2017年06月24日 06:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの釈迦ヶ岳。とりあえず見えてはいますね。
1
尾高山山頂からの四日市方面。こちらはガスっていてよく見えないです。
2017年06月24日 06:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾高山山頂からの四日市方面。こちらはガスっていてよく見えないです。
1
尾高山から先はバリエーションルートですが,マーキングテープもありますし,こんな標識もありました。
2017年06月24日 06:27撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾高山から先はバリエーションルートですが,マーキングテープもありますし,こんな標識もありました。
1
はっきりした尾根道なので,ルートに迷うことはありません。でも,ずっと眺望のきかないコースです。
2017年06月24日 06:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はっきりした尾根道なので,ルートに迷うことはありません。でも,ずっと眺望のきかないコースです。
1
釈迦ヶ岳東尾根はけっこう長い。いくつもの小ピークを越えていく。前方に標高約900mのピーク。
2017年06月24日 07:21撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳東尾根はけっこう長い。いくつもの小ピークを越えていく。前方に標高約900mのピーク。
1
その約900mピークに到着。ケルンが積んでありました。
2017年06月24日 07:31撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その約900mピークに到着。ケルンが積んでありました。
3
やっと県境稜線が見えてきた。
2017年06月24日 07:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと県境稜線が見えてきた。
1
標高900mあたりから上は,背の低いササが生えています。
2017年06月24日 07:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高900mあたりから上は,背の低いササが生えています。
1
最後の急登を登り切って,県境稜線に合流です。「至ル 尾高山」のテープ標識。
2017年06月24日 07:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急登を登り切って,県境稜線に合流です。「至ル 尾高山」のテープ標識。
1
釈迦ヶ岳山頂はすぐそこでした。2ヶ月ぶりの山頂です。
2017年06月24日 07:58撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳山頂はすぐそこでした。2ヶ月ぶりの山頂です。
2
三池岳方面はまったく見えません。
2017年06月24日 07:58撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三池岳方面はまったく見えません。
1
最高点で休憩することにして,山頂をあとにします。
2017年06月24日 08:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高点で休憩することにして,山頂をあとにします。
1
ガスが下からどんどんわき上がって,登ってきた東尾根も見えませんでした。
2017年06月24日 08:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが下からどんどんわき上がって,登ってきた東尾根も見えませんでした。
1
釈迦ヶ岳最高点で休憩します。
2017年06月24日 08:11撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳最高点で休憩します。
2
お天気がぱっとしない日なのにわざわざ山に来たのは,最近購入したこの靴の試し履きのためでした。
2017年06月24日 08:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お天気がぱっとしない日なのにわざわざ山に来たのは,最近購入したこの靴の試し履きのためでした。
2
ところどころにベニドウダンが咲いていました。
2017年06月24日 08:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころにベニドウダンが咲いていました。
2
キレットを通過。
2017年06月24日 08:27撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレットを通過。
2
中尾根との分岐を通過。
2017年06月24日 08:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾根との分岐を通過。
1
松尾尾根との分岐を通過。
2017年06月24日 08:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松尾尾根との分岐を通過。
1
標高750m付近からふり返る。
2017年06月24日 09:02撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高750m付近からふり返る。
1
水無尾根との分岐。導標には「→県民の森 尾高高原」とあるけれど,ここから先は荒れていて,ルートも不明瞭でした。
2017年06月24日 09:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無尾根との分岐。導標には「→県民の森 尾高高原」とあるけれど,ここから先は荒れていて,ルートも不明瞭でした。
1
途中で大転倒しましたが,幸い軽傷。なんとか東海自然歩道に合流しました。でも,東海自然歩道もかなり荒れています。
2017年06月24日 10:13撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で大転倒しましたが,幸い軽傷。なんとか東海自然歩道に合流しました。でも,東海自然歩道もかなり荒れています。
2
尾高高原の駐車場に戻ってきました。あわよくば,ダブルヘッダーと考えていたけど,お天気もお天気だし,転倒して気持ちも萎えたので,もう今日は帰ることにしま〜す。
2017年06月24日 10:26撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾高高原の駐車場に戻ってきました。あわよくば,ダブルヘッダーと考えていたけど,お天気もお天気だし,転倒して気持ちも萎えたので,もう今日は帰ることにしま〜す。
2

感想/記録

ボクが鈴鹿山脈に向かうのは,ほぼ10月〜5月です。
6〜9月の鈴鹿は暑いし,場所によってはヤマビルにも警戒しないといけません。
それでも今回,新調した山靴の試し履きのために,
お天気もちょっと期待できなかったけど,雨は降りそうにないということで,
釈迦ヶ岳の東尾根を登りに行きました。

尾高観音から尾高山までは整備された登山道でしたが,
その先の東尾根はバリエーションルートです。
とくにこの時期,春先に生え替わったカシやシイの葉っぱが斜面に積もっていて,
踏ん張りがきかずにちょっと苦労する箇所もありましたし,
小ピークがいくつもあって,けっこう長い尾根でした。

この時期はほとんど花も咲いてませんでしたが,
それでも唯一,ベニドウダンの赤い花がところどころに咲いていてきれいでした。

ところで,今回の山行では下り道で,
下手したら命にも関わるような大転倒をしてしまいました。
場所は,水無尾根の頭から三重県民の森への下りルート。
地理院地図に点線で示してあるルートどおりに下って来ようとしましたが,
ほとんど登山道はなくなって荒れており,
標高550m付近から南東方向へ急斜面を下っているときのことでした。
たぶん足もとの落ち葉ですべってバランスを崩したときに,
木の根にでも足をひっかけたのでしょう,
もんどり打って前方に2回転して,岩にぶつかって止まりました。
そのときに側頭部を岩で強打して,自分でもその瞬間やばいと思いました。
でも幸いに,側頭部だったからよかったのか,岩が平らだったからよかったのか,
強い衝撃はあったけど,頭の打ったところを押すとちょっと痛いくらい,
傷は血がにじむ程度ですみました。
あとは,手やヒジ,ヒザに擦過傷と打撲。
少し休んで,無事に下って来られました。

よかった〜。頭は打ち所が悪ければ,命にも関わります。
運がよかったとしかいいようがありません。
これからは,普段からヘルメットをかぶって歩くことを考えたほうがいいかな。

そういえば,家に帰ってきてくつろいでいると,太もものあたりでモゾモゾ。
確かめてみると,なんとマダニが這っていました。
うわ〜,totokさんの6/13の日記を読んでビックリしたばかりですけど,
この時期,道のない藪なんかを歩いたあとは気をつけないといけないですね。
訪問者数:358人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/27
投稿数: 3952
2017/6/25 18:11
 無事下山、良かったです
こんにちは。
レコを拝見して、ビックリしました。
かなりのダメージのある転倒だったようですね。
側頭部強打とありますが、その後お加減はいかがですか?
私もクライミングで頭部強打して、緊急病院に行ったことがあります。
打ってから24時間は、特に気を付けるよう言われました。
hushiyamaさんも24時間は経過したようなので、一安心ではないでしょうか!?
と言っても、しばらくはご注意くださいね。

おまけにダニですか!?
やっぱり、予想外のルートこそチェックが必要ですね。
激しいヤブコギの時は、それなりに注意しますが、整備されたバリルートの時が、一番危ないように感じました。
整備されていても人が少なく獣の多い地域は、気を付けなければなりませんね。

何にせよ、お大事にしてくださいね。

このルートは私も狙っていますが、秋が良さそうです
登録日: 2012/9/8
投稿数: 111
2017/6/25 20:21
 Re: 無事下山、良かったです
totokさん,ありがとうございます。ご心配かけてすみません。

ボクも「大したことなくてホントによかった」と思って下山したあと,
「でも,もしかして脳内出血とかしていたら,これからだんだんおかしくなっちゃうかも…」
と思って,ドキドキしていました。

おかげさまで,その後も「側頭部にかさぶたができていて,押さえるとちょっと痛い」
程度で済んでいるので,大丈夫だと思いますが,
あんなひどい転び方をしたのは,今後の反省材料にしないといけないですね。
山登りは常にそれなりのリスクをともなうもの,
「ケガなく,無事に下山してなんぼ」ですものね。
登録日: 2013/3/24
投稿数: 1258
2017/6/28 7:49
 Re[2]: 無事下山、良かったです
hushiyamaさん、お早うございます。
gakukohと申します。
私も昨年頭を打ったことがあり、昔、転んで、場所柄滑落は無かったものの岩に足をぶつけたり、怪我の経験があり、危なかったですね。
元気で長く楽しみたいですね。注意・慎重一番ですね。(g)
登録日: 2012/9/8
投稿数: 111
2017/6/28 22:16
 Re[3]: 無事下山、良かったです
gakukohさん,ご心配いただいて恐縮です。
そうですね,本当に「注意・慎重が一番」ですね。
せっかくのたのしい山登りが,一瞬にして大事故になりかねないですもんね。
ちょっと今回の事故を肝に銘じて,これからも山登りを楽しみたいと思います。
ありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ