また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1185048 全員に公開 ハイキング朝日・出羽三山

朝日ヒメサユリ散策(古寺⇒銀玉水上部雪渓で撤退)

日程 2017年07月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候小雨時折り曇り
アクセス
利用交通機関
電車
大井沢の民宿孝庵で前泊、翌朝、レンタカーで古寺鉱泉へ向かう15分程度
3時頃まで、雨が強く、中止覚悟で向かったが、小雨で行けるところまでという感覚でスタート。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間46分
休憩
1時間33分
合計
10時間19分
S古寺鉱泉下駐車場05:2705:31古寺鉱泉05:3206:56一服清水07:1207:17ハナヌキ峰分岐07:56三沢清水07:5708:21古寺山08:2209:06小朝日岳09:1910:27銀玉水11:0213:00古寺山13:0213:21三沢清水13:54ハナヌキ峰分岐13:59一服清水14:1715:37古寺鉱泉15:4215:45古寺鉱泉下駐車場15:4615:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小朝日までは虫が異様に多い、防虫ネットが有効だった。
小屋に至る銀玉水上部の雪渓の表面が前日の強い雨のせいかステップが不鮮明で、11時前ではカチカチで嫌な感じでした。軽アイゼン(4本)で50m程上がって、下りを試したら歯の刺さりが悪く、無難に撤退した。
同タイミングで登っている女性2人パーティーも居たので、装備・技術・経験+根性(笑)が伴えば踏破できたのでしょう。
復路、小朝日の巻き道を使ったが雪の影響はなし、往路は分岐が雪面になっていて、入口を見過した。
その他周辺情報30分程度車で走ったAsahi自然観でまったり。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 軽アイゼン(4本) ガス コッフェル 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

今朝がたの雨で少ない駐車場
2017年07月01日 05:26撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝がたの雨で少ない駐車場
一服清水は美味しい
2017年07月01日 06:59撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一服清水は美味しい
小朝日の手前、なかなかの雪渓が歓迎
2017年07月01日 08:26撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小朝日の手前、なかなかの雪渓が歓迎
シラネアオイも歓迎
2017年07月01日 08:49撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネアオイも歓迎
1
ヒメサユリも歓迎
2017年07月01日 09:49撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメサユリも歓迎
3
銀玉水は豊潤
2017年07月01日 10:30撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀玉水は豊潤
厳しい雪渓、左側が巻き道っぽく見えたが堕ちるとリスクもありここで撤退
2017年07月01日 11:07撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厳しい雪渓、左側が巻き道っぽく見えたが堕ちるとリスクもありここで撤退
1
ヒメサユリを愛で帰路へ
2017年07月01日 12:48撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメサユリを愛で帰路へ
1

感想/記録
by Ainge

今回遠征はGW明けに、残雪でヒメサユリの開花が遅れるだろうと想定して練りました。
大朝日山頂へは数年前登っていたので無理しませんでしたが、ヒメサユリ満開+快晴+(雪・滑落の心配なく)山頂登頂の同時達成はなかなか難しいですね!
訪問者数:270人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ