また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1185572 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

妙見谷でビシャビシャになました。

日程 2017年07月02日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.6〜1.7(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間34分
休憩
1時間0分
合計
4時間34分
S金剛登山口バス停08:2408:58妙見滝09:0210:18九合目(千早本道)10:22山頂広場11:1811:30金剛山11:38岩屋文殊12:48金剛登山口バス停12:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

このゲートの乗り越えて、スタートです。
2017年07月02日 08:33撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このゲートの乗り越えて、スタートです。
一般車両は進入禁止です。
2017年07月02日 08:33撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般車両は進入禁止です。
妙見の滝ですよ。流量も十分あります。
2017年07月02日 08:57撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙見の滝ですよ。流量も十分あります。
1
ちょっとボケテンスがこんなところを通ります。
2017年07月02日 09:08撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとボケテンスがこんなところを通ります。
こんな滝も何か所ありました。滝は登れませんので、まいてサイドから攻め上がります。
2017年07月02日 09:15撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな滝も何か所ありました。滝は登れませんので、まいてサイドから攻め上がります。
滑らないように気を付けてね。
2017年07月02日 09:31撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑らないように気を付けてね。
これもぼけてますねえ。左側を行きました。
2017年07月02日 09:55撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもぼけてますねえ。左側を行きました。
千早本道の会談が見えてきました。
2017年07月02日 10:18撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千早本道の会談が見えてきました。
やっと着きました。20℃です、下界よりはすずしいですが、汗びっしょりです。
2017年07月02日 10:21撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと着きました。20℃です、下界よりはすずしいですが、汗びっしょりです。
PLの塔がはっきり見えます。
2017年07月02日 10:31撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
PLの塔がはっきり見えます。
毎度おなじみ。
2017年07月02日 10:32撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎度おなじみ。

感想/記録

今日は大学の後輩と妙見谷を登りました。梅雨の合間の、じめじめした時期に沢の爽やか、納涼差を求めて、妙見谷に行きましたが、ムシムシして、怠く、靴はビチャビチャで、足はガクガクでした。私たちを抜いていった登山者の人はザックも持たず軽装でスイスイ登って、私たちが最後の急登で苦労しているときにはもう軽やかに下山してきていました。帰りは、6月24日のmarseeさんのヤマレコの通りに、文殊尾根からババ谷方面へそこから妙見尾根を通って妙見谷の入り口付近の合流しました。合流付近が、藪の中で道がわかりにくく、とげとげの葉っぱ、茎がいっぱいで今回のコースの中で一番難儀しました。降りてきたところに工事の人たちが居て、「よくこんなんところから降りてくるなあ、初めて見たわ?」と言われてしまいました。
訪問者数:135人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザック 急登 テン 梅雨 下界
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ