また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1188353 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走石鎚山

雨の石鎚山 お山開き

日程 2017年07月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間57分
休憩
1時間26分
合計
4時間23分
S土小屋10:1811:12東稜分岐11:36二の鎖下11:5011:54二ノ森・面河渓方面分岐11:5912:03三ノ鎖(下)12:0812:18石鎚山・弥山13:0513:14三ノ鎖(下)13:2013:20二ノ森・面河渓方面分岐13:2713:34二の鎖下13:3613:54東稜分岐14:40土小屋14:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報古岩屋温泉
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

10時前到着
道路沿いの駐車場、はほぼ満杯。
写真一番向うの方が空いていて駐車します。
2017年07月08日 09:55撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時前到着
道路沿いの駐車場、はほぼ満杯。
写真一番向うの方が空いていて駐車します。
カッコいいです。
お山開きの雰囲気が盛り上がります。
雨の中、土小屋遙拝殿には参拝待ちの人が溢れています。
2017年07月08日 09:56撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッコいいです。
お山開きの雰囲気が盛り上がります。
雨の中、土小屋遙拝殿には参拝待ちの人が溢れています。
土小屋遙拝殿から振り返ると、岩黒山荘方面はガスがかかり、白石ロッジは見えません。
2017年07月08日 10:00撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土小屋遙拝殿から振り返ると、岩黒山荘方面はガスがかかり、白石ロッジは見えません。
お山開き期間中は、ここ土小屋遙拝殿で500円支払って、登山切符を貰います。
土小屋からの登山者は青いリボン、成就社からは赤いリボンです。
2017年07月08日 10:06撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お山開き期間中は、ここ土小屋遙拝殿で500円支払って、登山切符を貰います。
土小屋からの登山者は青いリボン、成就社からは赤いリボンです。
前方に登っている人が見えます。
2017年07月08日 10:45撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に登っている人が見えます。
お山開きの期間中は、登ってくる人には「お上りさん」下ってくる人には「お下りさん」と声を掛けます。
2017年07月08日 11:01撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お山開きの期間中は、登ってくる人には「お上りさん」下ってくる人には「お下りさん」と声を掛けます。
雪崩で流れた登山道がキレイに補修されています。
ご苦労様です。
2017年07月08日 11:26撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪崩で流れた登山道がキレイに補修されています。
ご苦労様です。
1
二の鎖小屋
土小屋ルート、成就社ルートの合流点とトイレがあるのでたくさんの人です。
2017年07月08日 11:47撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の鎖小屋
土小屋ルート、成就社ルートの合流点とトイレがあるのでたくさんの人です。
すぐ後ろを歩いていた人がほら貝を吹いています。
2017年07月08日 11:52撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ後ろを歩いていた人がほら貝を吹いています。
二の鎖、三の鎖の巻き道は大渋滞です。
なかなか前に進めません。(^_^;)
2017年07月08日 11:54撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の鎖、三の鎖の巻き道は大渋滞です。
なかなか前に進めません。(^_^;)
二の鎖を登って来た人との合流点。
ここでも渋滞です。
2017年07月08日 12:02撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の鎖を登って来た人との合流点。
ここでも渋滞です。
中央に面河ルートの標識があります。
次回はここから二の森へ行きます。
2017年07月08日 12:09撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央に面河ルートの標識があります。
次回はここから二の森へ行きます。
頂上はたくさんの人で賑わっています。
足の踏み場もないくらいです。
2017年07月08日 12:18撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上はたくさんの人で賑わっています。
足の踏み場もないくらいです。
人をかき分けて参拝を済ませます。
雨と風とガス、展望は全然ありません。
2017年07月08日 12:54撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人をかき分けて参拝を済ませます。
雨と風とガス、展望は全然ありません。
帰りも二の鎖小屋までは大渋滞。
雨もだんだん激しくなります。
2017年07月08日 13:19撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りも二の鎖小屋までは大渋滞。
雨もだんだん激しくなります。

感想/記録

3日(月)に大山から帰り、今週は石鎚山のお山開きに行こうと思っていましたが、天気予報は毎日傘マークです。
aoitoriさんに教えてもらった「てんくら」を昨夜見ると、午前中はA、午後からはCの予想です。
朝起きてからも悩んだ末、明日(9日)も雨の予報、最終日の10日は神様はお山から下りてしまいます。なので今日しか無いと、雨を覚悟で思い出かけてきました。
案の定、土小屋に着く前から雨が降り始め、上りはザックカバーをかけて傘をさして登りました。
頂上にいると雨がますますひどくなり風も出て来て寒いです。
下りはポンチョを着て下山しましたが、雨と汗でビショビショになりました。靴もドロドロです。

去年と今年で2回目のお山開きです。
お山開きの期間中は、全国から何万人の信者が集まると言われるだけあって、この雨の中でも多くの老若男女が白装束で参加されていました。
雨でびしょぬれになりましたが、参拝した後は清々しくて気持ちいいです。
普段の山登りと違い、あの独特な雰囲気を一度味わうとまた来年も行ってみようと思います。

帰りには古岩屋温泉で、雨と汗を流しさっぱりし暖まって帰りました。

訪問者数:224人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/30
投稿数: 601
2017/7/16 20:29
 いいですね(*^^*)
雨で大変だったことと思いますが、お山開きに登れて、今年もお山によろしくとお願いできて、うらやましく思います。
石鎚山のお山開きの神事は、女人禁制の日がありますよね。
私も来年は大山のお山開きに行きたいと思っていますが、人の多さに、どうなるかはわかりません。
sea1020さんは白衣をきてあがられたのですか?

コメントが遅くなりました<m(__)m>
登録日: 2015/12/21
投稿数: 181
2017/7/17 0:06
 Re: いいですね(*^^*)
こんばんは
レコ見るのを催促してしまいましたね。m(__)m
この1年安全に山登りが出来る事をお祈りしてきました。ヽ(^。^)ノ
女人禁制は初日の7/1だけです。
白衣、今年は買おうと思っていたのですがあいにくの雨とウエアが白なのでそれでごまかしました。(笑)
お遍路さんの白衣を着ている人も見かけました。
もしかして、お遍路の途中でお山開きに行かれたのかも知れませんね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ