また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1191083 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

乾徳山〜西沢渓谷

日程 2017年07月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
乾徳山登山口バス停近くの駐車場を利用。帰路、西沢渓谷から乾徳山登山口までバス移動(山梨交通。700円。Suica使えてよかった)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間30分
休憩
43分
合計
8時間13分
S乾徳山登山口バス停04:1104:36乾徳山登山口(オソバ沢ルート)05:01銀晶水05:0405:41錦晶水05:49国師ヶ原05:5105:53高原ヒュッテ05:58役小角像06:15扇平06:44髭剃岩06:4607:06乾徳山07:1007:35水ノタル07:40乾徳山北峰08:10笠盛山08:1108:45大ダオ分岐08:4808:52黒金山09:1209:33牛首ノタル09:43牛首09:4410:40紅葉台10:4411:10西沢渓谷終点11:1111:32大展望台11:3311:40大久保橋12:10ねとりインフォメーション12:23西沢渓谷駐車場12:2412:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
乾徳山頂上直下の岩場はやや緊張しました。カミナリ岩の上部は足場の確保に苦労しました。鳳岩はクラックを使い足場を確保できたので、無事登頂できました。
コース状況/
危険箇所等
乾徳山山頂付近の岩場は要注意です。そのほかに危険箇所はありません。
その他周辺情報登山後、笛吹の湯を利用。市外510円。露天風呂が心地よくぬるい。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

空が白んできたので出発します。駐車場はバス停の先、右手にありました。
2017年07月09日 04:11撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が白んできたので出発します。駐車場はバス停の先、右手にありました。
岩ゴロゴロ
2017年07月09日 05:22撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩ゴロゴロ
乾徳山でしょうか。
2017年07月09日 05:46撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山でしょうか。
国師ヶ原まで来ました。
2017年07月09日 05:47撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国師ヶ原まで来ました。
扇平まで来ました。ここも甲武信ヶ岳も標識にキツネマークが。
2017年07月09日 06:15撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇平まで来ました。ここも甲武信ヶ岳も標識にキツネマークが。
クサリ場の始まり。
2017年07月09日 06:34撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場の始まり。
この一面、岩石地帯です。
2017年07月09日 06:44撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この一面、岩石地帯です。
ハシゴもあり。
2017年07月09日 06:46撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシゴもあり。
カミナリ岩。
2017年07月09日 06:46撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カミナリ岩。
途中までは足場も取りやすかったが、最上部でクサリが2本あって、左側がほぼ垂直、右側の方が足掛かりは多そうに見えました。左側を登りましたが、足場が乏しく、クサリ頼りに。。
2017年07月09日 06:47撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中までは足場も取りやすかったが、最上部でクサリが2本あって、左側がほぼ垂直、右側の方が足掛かりは多そうに見えました。左側を登りましたが、足場が乏しく、クサリ頼りに。。
これが有名な鳳岩ですか。
2017年07月09日 07:00撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが有名な鳳岩ですか。
1
皆さんのレコにある通り、クラックを使えばなんとか登れます。
2017年07月09日 07:00撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆さんのレコにある通り、クラックを使えばなんとか登れます。
1
岩を登り切ったところで見下ろしてみます。なかなかの高度感。
2017年07月09日 07:09撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩を登り切ったところで見下ろしてみます。なかなかの高度感。
乾徳山登頂!
2017年07月09日 07:06撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山登頂!
2
もやもや。でも富士。
2017年07月09日 07:11撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もやもや。でも富士。
1
大菩薩連嶺。
2017年07月09日 07:20撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩連嶺。
もや富士。
2017年07月09日 07:20撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もや富士。
国師が岳。中央左手にちょっとだけ金峰山の五丈岩見えてます。
2017年07月09日 07:21撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国師が岳。中央左手にちょっとだけ金峰山の五丈岩見えてます。
これから向かう黒金山。右手奥は甲武信ヶ岳(木賊山の方が立派に見えます。。)
2017年07月09日 07:23撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう黒金山。右手奥は甲武信ヶ岳(木賊山の方が立派に見えます。。)
乾徳山を北方から。
2017年07月09日 07:30撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山を北方から。
乾徳山北側の迂回路分岐。
2017年07月09日 07:33撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山北側の迂回路分岐。
乾徳山〜黒金山〜西沢渓谷はほぼ樹林帯に覆われてました。この日は気温も高く、考えようによっては木陰ウォークを楽しむことができました。(でも風は無く、暑い。。)
2017年07月09日 07:48撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山〜黒金山〜西沢渓谷はほぼ樹林帯に覆われてました。この日は気温も高く、考えようによっては木陰ウォークを楽しむことができました。(でも風は無く、暑い。。)
笠盛山に到着。あまり眺望はありません。
2017年07月09日 08:11撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠盛山に到着。あまり眺望はありません。
乾徳山を振り返ります。残念なことに虫が映り込んでます。この日は虫が多かった。。
2017年07月09日 08:35撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山を振り返ります。残念なことに虫が映り込んでます。この日は虫が多かった。。
乾徳山を北方からアップで。いい山です。
2017年07月09日 08:35撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山を北方からアップで。いい山です。
2
黒金山直下、大ダオ分岐。標識がたくさんあって黒金山の方向がまちまちになってますが、直進が正解。
2017年07月09日 08:45撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒金山直下、大ダオ分岐。標識がたくさんあって黒金山の方向がまちまちになってますが、直進が正解。
黒金山登頂!
2017年07月09日 08:52撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒金山登頂!
山頂奥にガレ場があって、眺望が広がります。国師が岳、雄大ですねえ。
2017年07月09日 08:52撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂奥にガレ場があって、眺望が広がります。国師が岳、雄大ですねえ。
2
左端に五丈岩がチラ見えしてます。
2017年07月09日 08:53撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左端に五丈岩がチラ見えしてます。
1
右手には甲武信ヶ岳が。
2017年07月09日 09:06撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手には甲武信ヶ岳が。
甲武信アップ。
2017年07月09日 09:07撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信アップ。
1
樹林帯を下ります。
2017年07月09日 09:27撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を下ります。
紅葉台まで下りました。秋なら良いかもしれません。。
2017年07月09日 10:40撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉台まで下りました。秋なら良いかもしれません。。
黒金山登山道入り口まで下りました。
2017年07月09日 11:10撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒金山登山道入り口まで下りました。
西沢渓谷に入り、トロッコの軌道跡を進みます。この辺りからハイカーの皆さんが多く、汗だくの登山者は若干浮き気味。。
2017年07月09日 11:14撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢渓谷に入り、トロッコの軌道跡を進みます。この辺りからハイカーの皆さんが多く、汗だくの登山者は若干浮き気味。。
左手の鶏冠尾根から木賊山。ここまで下りると甲武信ヶ岳は見えませんね。
2017年07月09日 11:32撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手の鶏冠尾根から木賊山。ここまで下りると甲武信ヶ岳は見えませんね。
秋なら。。
2017年07月09日 11:38撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋なら。。
秋は良いでしょう。
2017年07月09日 11:38撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋は良いでしょう。
トロッコ。こうやって木材を搬出してたんですね。
2017年07月09日 11:46撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トロッコ。こうやって木材を搬出してたんですね。
ギザギザの鶏冠尾根が。
2017年07月09日 12:08撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギザギザの鶏冠尾根が。
1

感想/記録

岩場の練習ということで、乾徳山を選択。過去のレコを見ると、西沢渓谷までのトレイルが良いとのコメントもあり、行って参りました。早朝出発ということもあり、乾徳山までの登りも、乾徳山から黒金山までも登山者は少なく、静かな山歩きを楽しむことができました。ただし、樹林帯に覆われて眺望は少な目でした。時節柄か雨上がりという気候のせいか、稜線上は虫に悩まされました。ハッカ油の代わりにシーブリーズを顔やウェアに振りかけてみましたが、効果は不明です。。
訪問者数:250人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

紅葉 ガレ 渓谷 ハッカ油 キツネ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ