また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1192033 全員に公開 ハイキング奥武蔵

伊豆ヶ岳-男坂

日程 2017年07月10日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
正丸駅前駐車場500円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間25分
休憩
25分
合計
2時間50分
S正丸駅10:5911:14伊豆ヶ岳登山口11:1612:02五輪山12:0712:31伊豆ヶ岳12:3712:54五輪山13:0413:32伊豆ヶ岳登山口13:3313:48正丸駅13:4913:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし
その他周辺情報今回は時間がなく寄れなかったけど・・
・食事:浅見茶屋(肉汁うどん)
・日帰り入浴:休暇村奥武蔵(620円)
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ナイフ ヘルメット

写真

満開のアジサイ^ - ^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のアジサイ^ - ^
2
幼稚園のお迎えがある為、正丸峠はパスしてここから入山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幼稚園のお迎えがある為、正丸峠はパスしてここから入山
沢沿いは少し涼しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いは少し涼しい
日差しを浴びて緑がきれい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しを浴びて緑がきれい
蜂はいないけど、ここから急登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蜂はいないけど、ここから急登
右手の眺望はなかなか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手の眺望はなかなか
1
五輪山到着。男坂に備えて休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五輪山到着。男坂に備えて休憩
1
今日は男坂の鎖場を目当てに来たので、右に中間道を分けて直進
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は男坂の鎖場を目当てに来たので、右に中間道を分けて直進
イメージ的には二段構えの鎖場です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イメージ的には二段構えの鎖場です
岩登りを終えて展望台に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩登りを終えて展望台に到着
山頂からの眺望は優れないので・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望は優れないので・・
4
ここから眺めます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから眺めます
2
コース外から中間道と合流
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コース外から中間道と合流
伊豆ヶ岳到着。2パーティーが山頂でランチ中でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳到着。2パーティーが山頂でランチ中でした。
1
下山も男坂で(`_´)ゞ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山も男坂で(`_´)ゞ
男坂下りを撮る私の手とスマホの影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男坂下りを撮る私の手とスマホの影
1
正丸駅到着、暑かった〜
お疲れ様でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正丸駅到着、暑かった〜
お疲れ様でした
3

感想/記録

次回山行のトレーニングで伊豆ヶ岳は男坂の鎖場・岩登りを思い出して、9時過ぎに娘を幼稚園に送った後、正丸駅へGo!
伊豆ヶ岳登山は4回目だけど、過去3回はいずれも子ノ権現に縦走している為、ピストンは初。その為、下りで男坂を通過するのが今回の楽しみ。下りの高度感を期待したけど・・(ー ー;)
時間があれば両神山八丁尾根に行きたかったけど、仕方ない。でも男坂を下り終えた後、平地の浮石に軽く足をとられたり、五輪山から正丸峠方面へ進んでしまったり(少し進んだ所で気付き引き返す)、油断禁物という教訓を得ました。炎天下の登山で汗びっしょりでしたけど、楽しい山行でした。
訪問者数:230人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 鎖場 山行 ピストン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ