また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1192049 全員に公開 ハイキング甲信越

国上山〜弥彦山縦走

日程 2017年06月27日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
国上山の酒呑童子神社口近くに、道の駅国上があり駐車場には困らない。
今回、弥彦山から表参道を下山し、燕・弥彦広域循環バス「やひこ号」を使い、道の駅国上へ戻った。バス時刻については燕市のHPから検索していただきたい。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間18分
休憩
22分
合計
6時間40分
Sスタート地点09:4615:01妻戸山15:06弥彦山15:1515:25弥彦山九合目分岐点15:3315:53弥彦山五合目分岐15:5616:21弥彦神社16:2316:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストはなし。
トイレは道の駅国上にあり。また、国上山山頂までの途中にビジターサービスセンターにあるので、最後はそこで済ませたい。後は弥彦山9合目付近のレストランまでない。
登山口は酒呑童子神社のすぐ裏手にあるが、標識が見当たらず不安になる。よく探してみると神社から少し離れたところに標識が落ちていた。
国上山に関しては、広報つばめ平成29年7月1日号に特集されていたので興味があれば市HPから参照していただきたい。
剣ヶ峰分岐から剣が峰を降りるまでやぶっぽくなる。
また、搦手道を経由したがここもやぶ。
さらにスカイラインから雨乞山登り口は、5分ほど進むとやぶをかき分けなければ先に進めない状態だった。仕方なくスカイラインを裏参道のスカイライン出合いまで迂回した。
これらを考えると春先か、冬雪が降る前でないと難しい。
迷いやすい箇所としては、剣が峰を降りてきて縦走路標識のところ、最近では剣が峰降り口を背に左手に続くアスファルト舗装の林道を経由して雨乞山へ向かう。昔の縦走路は林道へ向かわず搦手道を通ると聞いた。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

標識が整備されているため剣が峰から雨乞山まで以外については迷うことはない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識が整備されているため剣が峰から雨乞山まで以外については迷うことはない。
山アジサイがきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山アジサイがきれい。
ホンアジサイと呼ばれている方も咲き誇っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホンアジサイと呼ばれている方も咲き誇っている。
ここにも雰囲気のあるお地蔵様。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも雰囲気のあるお地蔵様。
雑木林がとてもきれいな道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雑木林がとてもきれいな道です。
1
蛇崩手前にベンチがあり、休憩によい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇崩手前にベンチがあり、休憩によい。
蛇崩からこれからの道のりを確認。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇崩からこれからの道のりを確認。
剣ヶ峰分岐から先の道。蜘蛛の巣が顔にかかり、払いながらの前進。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰分岐から先の道。蜘蛛の巣が顔にかかり、払いながらの前進。
剣ヶ峰を降りてきたところで野ウサギに出会う。怖がる様子なく、周りを飛び跳ねていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰を降りてきたところで野ウサギに出会う。怖がる様子なく、周りを飛び跳ねていた。
1
剣ヶ峰を降りてきてから道がわからず、詳しい方に運良く出合い教えていただいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰を降りてきてから道がわからず、詳しい方に運良く出合い教えていただいた。
スカイライン出合いからの雨乞山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカイライン出合いからの雨乞山。
スカイラインからの雨乞山入り口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカイラインからの雨乞山入り口。
雨乞い山入り口から5分ほど進むと、やぶに行く手を阻まれた。
やむなくスカイライン〜裏参道を経由。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞い山入り口から5分ほど進むと、やぶに行く手を阻まれた。
やむなくスカイライン〜裏参道を経由。
1
裏参道途中の展望台にて遅めの昼食。
この日の献立は、トムヤムクンヌードル+追い飯雑炊。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏参道途中の展望台にて遅めの昼食。
この日の献立は、トムヤムクンヌードル+追い飯雑炊。
弥彦山山頂からこれまでの道のりを振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥彦山山頂からこれまでの道のりを振り返る。
下山すると弥彦神社にて茅の輪くぐりが行われていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山すると弥彦神社にて茅の輪くぐりが行われていた。
燕市役所付近からの眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕市役所付近からの眺め。

感想/記録

今回はちご道を経由したが、国上寺のあるためか趣のある仏像や、静けさの漂う雰囲気ある登山道で気持ちがよかった。あまり足が向かない山だったが、また行きたいと思わせるいい道だった。
今回はスカイライン迂回という歯切れの悪い結果になったが、下調べの必要性や、自然を相手にする不確定要素についてよい経験となった。
そういったことを踏まえるとリスクの少ない低山で、失敗から気づきを得られた意義のある登山になった。
訪問者数:131人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 出合 地蔵 登山ポスト
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ